ウィリディナン


登録日 :2010/04/13 Tue 20:40
投稿先ウルトラ宇宙人ズスレNo.1
更新日 : 2014/01/02 Thu 01:03:20




種族名 ウィリディナン
所属銀河 アトラス銀河系
所属星間連合
主活動惑星 惑星ウィリドーネ
所属大系統種 ザイオス大系統人属
所属中系統種 ザイゴル系統人麟族
知性水準 開発者
平均体格 身長1.5m
平均寿命 280年
平均出力 Gex2.4
その他特殊
メインページリンク こちら

種族画像(G-ma氏描画)


種族の特色


 アトラス銀河系、惑星ウィリドーネ出身。
 惑星ウィリドーネは陸地は森林が優勢ながら大きな海洋を擁する惑星で、全長70mほどの長大な海蛇(海中でとぐろを巻いていることが多い)、ナペンドラがその海洋生態系の頂点に君臨する。陸上は茶色っぽく、自然生態系は残っていない訳ではないもののかなり荒廃気味で、海洋生態系が生態系の最後の砦となっている。

 ウィリディナンは猿のような外見で全身をアフロ状の毛でおおわれる。
 男性の場合、頭部に角状の二本の突起が出ているが、これといった機能はなくただの飾りである。
 身体能力・精神出力ともさほど高くはないが、探究意欲が旺盛で文明水準はかなり高く、汎用性の高い宇宙船ナペスを開発している。
 ナペスは全長350mほどのヘビ型の長大な船だが、高速移動時は直径60mほどの円盤となって移動する船で、防衛用のレーザーも備えており汎用性は高い。

 また、技術者はもちろん、その探求意欲からかマスコミ関係者などとして活躍する例も少なくない。
 基本的に「争い自体は好まない」のではあるが、一方で他種族に対する配慮に欠けがちな部分が強く(だからマスコミができると言う嫌味すら言われているのだ)、そのためか、惑星も根強い公害に悩まされている。
 ナペンドラすら、公害によって巨大化した海蛇なのだ(原種自体、30mを越える巨大海蛇ではあったが、さらに巨大化してしまった)。

 また、その探求意欲が高すぎるあまり、開発者になって以降、若手の個体のほとんどがテクトラクタなどの宇宙都市に出てしまい、惑星単位の過疎化に悩んでいる。

個体設定


個体名 性別 プロフィール
シトロウス・エクターヤ サドシェロア地区(アトラス・テクトラクタ)(AT)在住。口は悪いがしっかり者で一生懸命。かなりの映像オタクで、ATの動画共有システムから神業のように映像を見つけ出す。
ネタ元:「ハヤテのごとく」橘ワタル
シトロウス・ファップリング エクターヤの姉で捜査官見習い。現在コーボナル・ミーナの部下。弟同様情報処理能力に恐ろしく優れるが弟の方がしっかり者。いつも頭に花飾りをしている。
ネタ元:「とある魔術」初春飾利

デザイン・プロフィール :元ネタはウルトラセブンに登場した宇宙人、ワイルド星人であり、宇宙船ナベスはもちろんワイルド星人の宇宙竜ナースである。
作中でカメラを使っていたのと、惑星が過疎に陥っていると言う原作の設定を生かし、「探求意欲が高過ぎるあまりに」惑星レベルで過疎に陥ったと言う設定を採用してみたもの。
スペックも控えめなのでATモブとして使いやすく、今後個体数増加も期待していたりする。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント:

添付ファイル