ネフヤルギョク


登録日 :2011/01/21 Fri 21:55
投稿先GDW新設定草稿(ケンタウルス座銀河群編)No.24
更新日 : 2013/09/22 Sun 00:05:47




種族名 ネフヤルギョク
所属銀河 ハドケウリ銀河系
所属星間連合 バリクラット条約機構(先代盟主格、現在半追放状態)
主活動惑星 惑星ネフヤローグ
所属大系統種 メイフェロン大系統晶属
所属中系統種 ハドローヤ系統晶繊族
知性水準 監視者
平均体格 身長1.7m
平均寿命 20000年
平均出力 Gex6.1
その他特殊
メインページリンク こちら

種族の特色


 ハドケウリ銀河系の先代守護者にあたる監視者種族。
 ハドケウリ銀河系、イローヤ腕付け根部分にある惑星ネフヤローグ出身。
 レイラモンディス同様、メタロイドのような体躯だが、薄い緑色をしており、鼻にあたる器官がない。
 かつてはセンダンロウ等と並び称されたバリクラット条約機構の先代の盟主格であったが、開発者勢力の信望を失って失脚し、№2であったレイラモンディスが現在のトップとなっている。

 出力は相応にあるが、 戦神系ではなく癒し系 の能力を持ち、その意味ではレイラモンディスとよく似ている。
 ただし、レイラモンディスと違って透過率操作などは苦手。


 ネフヤルギョクは達観主義であり、バリクラット条約機構の傘下惑星がナグロスファ友邦軍の勃興、侵略行為に苦しむさなかにも軍事的対策を全く打とうとしなかった。
 それは無理に対処するよりもナグロスファ友邦軍が自壊するか自分から辞めるかするだろうという読みからのことであったが、このためにネフヤルギョクは開発者勢力からの信望を一気に失い、結局完全に失脚することとなってバリクラット条約機構においてはネフヤルギョクは公職追放されており、その活躍は個人の民間レベルの行動にとどまっている。
 しかしながら、このいさかいはバリクラット条約機構の求心力を更に落とし、特にナグロスファ友邦軍の脱皮後にはさらなる求心力低下を招いてしまった。

 種族としてのネフヤルギョクは今なお全く健在で退潮にも至っていないが、惑星は監視下に置かれている。しかし、ここでも達観主義なネフヤルギョクは「自分たちが必要なら出番は来る、来なければそれまで」とのんびり構えているため、ネフヤルギョク自体が戦乱を起こす事態には至っていない。


個体設定


個体名 性別 プロフィール
ライアット・ビルシャフナ エラシュモック道教団のバリクラット支部の法正でブリガンディゲードの秘密団員。普段はオープンで親しみやすいキャラを振りまいているが、実際はかなり腹黒くて計算高い。装備するアストラルアームズはカツラ型のクルチェッカーベロンド。
(ネタ元:「とある禁書」ローラ・スチュアート

デザイン・プロフィール :イメージモチーフは、 最も頑丈な宝石(叩いても割れないと言う意味で)の翡翠である。 常々私がGDW世界で「達観主義が過ぎればどれだけ高次な神様が相手でも開発者勢力がついてこない」と言うことを指摘していたため、その実例として追い出されたある意味かわいそうな種族である(爆)。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: