山脇 光治(やまわき こうじ)

  • 1980年ドラフト外で阪神に入団、阪神一筋14年の現役を終えその後もタイガースを裏方として支える
    • 浪商高(現・大体大浪商)出身で牛島和彦(元中日・ロッテ、元横浜監督)や香川伸行(故人、元南海・ダイエー)の一年後輩
  • 非力で本塁打は望めないが内外野どこでも守れ足も平均以上、タイガースが好んで育てる典型的バイプレーヤータイプの選手
  • 応援歌が楽しい。
    • やーまわっきー やーまわっきー ♪
  • 1992年の八木裕の幻のサヨナラホームランの試合では最後の打者になってしまった。
  • 2008年より1軍の守備走塁コーチに就任。ノックに定評があるらしいと報道されているか外野守備は酷かった(元から福留を除いて)
  • 2015年オフにコーチ解任、スコアラー転身
  • 2017年から関川浩一 高橋光信]、風岡尚幸、八木裕、吉田康夫といった無能コーチ(この無能5人よりは実績のあった中西清起と山口高志も解任されているが)と共に解任されたが[[金本知憲の要請で動作解析スコアラーを務める
  • 2017年の記事で投手がけん制球を送るタイミングなどをチェックし、盗塁、走塁に生かす山脇のテクニックは球界では定評があると書かれる。現在のところ2017年の盗塁成功率は悪くないがそもそも阪神は盗塁企画数が少ないので(連覇中の広島に比べて盗塁数は大きく差をつけられている)山脇のテクニック(テクニックなどはないと思うが)がどれだけ貢献してるのか不明。同じ投手に負けたり、策もロクに講じておらず早く辞めろ消えろと酷評されているが相変わらず居座っている
  • 吉田康夫共々現役時代の実績がさほどではなくまた何も実績がないのにコーチとして在籍し続けられたのかと言われることも。ゴマをすって居座っているなどと言われることも。関川浩一高橋光信解任後はとらせん民の評価は一番最低である。その二人がいたころはこの3人や毎日のように酷評されていた。
  • アーロム・バルディリスのあだ名「ひろし」の名付け親でもある