福本 豊(ふくもと ゆたか)


       , イ777彡'''… _
     f升::::::::::::::::::::::;;;;;; ヽ
     {ミY⌒ヾツ´ ̄  `}ミ:ハ
     {{「 -     -  イ:::ミ
     {》≡=、{ {,,=≡= ヾリミ
       { rtッ、}  ::rtッ、シ  }j^}
     {{ " ::  、ヾ" ` :|rリ
       |   ,({_ _ ゙,、   .} トィ
      ', ( _,、_,、__゙y〉 ,' ,1
       ハ. `=== ''´   /「)、
   ̄ ̄ f人 ⌒  /, イ / \
       { {{`Tニ ニ   ,イ  / \
      レヘ|     /   /   \
.        |     /     /
  • 元阪急ブレーブスの盗塁王で阪神の元コーチ。とらせん的にはリレーナイターの居酒屋中継。湯浅アナ今日も翻訳お疲れさまです。
  • 愛称はふくもっさんとか
  • 現役時代も解説時代にも数多くの伝説を残す。
  • 上記の通り、現役時代は阪急の選手であり阪神に在籍したのはコーチ時代のみなのだが、阪神の選手のように思われてる感じがする。ある意味阪神と阪急の合併で一番得した人。
    • 阪神の選手で無かったせいもあるのか、サンテレビの解説者の中では普通に阪神の選手も批判する。迷解説ばかり取り出されるが、解説はあくまで中立。
    • 実際、鳴尾浜から上がってきたばかりの新人には結構厳しい。またヤニキが晩年肩を壊していた時は、度々ヤニキの守備に苦言を呈している。特に 『左本キ』 をやった時は静かに怒っていたことを覚えている人も多いだろう。
  • オリックスの監督に就任したどんでんに臨時コーチを頼まれるも、熱血タイガース党の党首なので断った猛虎魂溢れるお方である。OBなのにいいのかと思わなくも無いが、阪急阪神HDだからいいんだろう。ひょっとしたらブレーブスの名前も変わってるのでオリックスOBの実感が無いのかもしれない。
  • 実際、放送中、阪急の話題が出たときに「僕のチームはなくなってしもたんや」とポツリ。
  • 実は巨人に2回もコーチとして招聘されたことがある。一度目は長嶋茂雄の時。二度目は堀内恒夫に誘われた。(リンク先はソース元)
    • 一度目はよっさんからも呼ばれていた。巨人は守備走塁コーチだったがよっさんは打撃コーチとしての招聘だったので、先に声をかけた巨人を蹴って阪神のコーチを選んだと言う。
      これは福本は実は自分の盗塁数よりも小さい体でホームランを打ったことを自慢しており、そのバッティング技術をずっと若手に教えたいという夢があったそうだ。
      よくノムさん時代は守備走塁コーチなのにバッティングばかり教えていたからクビになったと言われるが、入団経緯が打撃コーチだったのでそれにこだわったというのが根底にあるのだろう。
    • 堀内の時は解説者であったが堀内の誘いは断った。堀内曰く「あいつ、実を選びやがった(笑)」
      • ちなみに堀内は唯一、福本が盗塁を苦手にしていた。クイックと牽制が凄く上手かったらしい。
    • また自身の著書において幼少のころは巨人ファンであることを明かしている。まあ今は熱血タイガース党の党首なので猛虎魂に目覚めているが。
  • 守備や走塁には厳しい。ヘッドスライディングに関して「到達時間が変わらないのに怪我をする確率が高くなる」、牽制球に対して手からの帰塁に関して「手から行かず、足から帰る。怪我をするだけ」の二つはよくきかれる。
    上にもあるように『左本キ』事件の時は、珍しく怒りを露わにした。
  • その福本自身の貴重なヘッドスライディング映像がこちら(10秒から)
  • 1983年6月に当時の世界記録となる通算939盗塁を達成。その際に国民栄誉賞の授与を打診されたが、 「そんなんもろたら立ちションもでけへんようになる」 と辞退する。
  • MLBにおいて王貞治の通算本塁打数は参考記録とされたのに対し、福本の盗塁記録はメジャーの正式な記録として登録されている。
  • 曰く、二盗より三盗の方が簡単(牽制しにくいため)。ゆえに三盗は邪道。あとその気になればシーズン100盗塁はもっと出来たと語っている。ただ面倒でしなかったらしい。それであの記録。何者なんだこの人は。
  • 通算1065盗塁(当時の世界記録)、シーズン106盗塁、13年連続盗塁王、他にもいくつか日本一の記録を保持している。福本対策の為に野村が開発したのがクイックモーションである。
    メジャーより日本の方がクイックモーションが発達していると言われているが、これは福本の存在があってからこそ。
    クイック投法により南海ホークスが優勝したことで、これまで盗塁されたら捕手の責任となっていたのが、盗塁は捕手と投手の共同責任とされるようになった。
    よって日本の野球を大幅に進化させたと言っても過言ではない人物ではあるが、解説を聞いている限りそんな感じは微塵も感じさせない。
    • 通算盗塁数は2位の広瀬叔功の2倍近い差をつけている。しかしその広瀬の走塁技術にはかなわないと言ったとか。
    • 野球選手としては小柄なため、本人は盗塁の数よりも本塁打の数を自慢している。
    • パワプロにおいて王の通算本塁打数は手動ならばなんとか抜くことができるが、この福本の通算盗塁数は手動操作でも抜くのは難しい。如何に凄い記録であることが分かって頂けるだろう。
      • こんな偉大な記録を有しているのにもかかわらず、本人は記録に鼻をかけない。記録のことを聞かれても「昔はレベルが低かったからや」とこともなげに言う。
      • 昔の方がレベルが高かったという老害もいる中、福本は今の日本の野球の方がレベルが高い、盗塁も昔ほど出来ないだろうと言っている。またメジャーに行けば通用したかという質問に対しても、自分は体が小さいから無理だろうと発言しており、昔を美化しない人物である。
    • 盗塁ばかり目が行きがちだが、打撃も通算2543安打(歴代5位)、通算449二塁打(歴代2位)、通算115三塁打(歴代1位)、通算猛打賞178回(歴代5位)、通算初回先頭打者本塁打43本(歴代1位)と優秀である。
    • 世界の盗塁王になった時特例で名球会入りを打診されたがこれを固辞し、きちんと2000本安打して名球会入りした。かっこいい。
    • 通算二塁打は中日の立浪和義に抜かれるまで1位だった。立浪が1位を更新したとき「福本さんの足があと少し遅ければ、この記録更新はなかった」と語る。つまり福本なら二塁打を三塁打に出来る足があるという意味である。
  • 2014年、プロ野球誕生80周年を記念してNPB8周年ベストナインに選出されあの王、長嶋とともに選ばれているのだからすごい。しかも選出された中では唯一の60代と一番若い。こうみるとやはり伝説の選手である。
    • 後日「実は福本さんって凄い人だったんですね」と言ったサンテレビのアナウンサーがいたとか。アナウンサーぐらいなら選手時代も知っておけよと思うのと同時に、やはりそんな感じを微塵も感じさせないのも福本の魅力なのであろう。
  • 自身が解説している試合が長引くと遠方(特に加古川以西)から甲子園に来ている観客の帰りの足まで心配してくださる心暖かい御仁。
  • おもしろエピソードが多くある。詳しくは検索してもらうとして一部を紹介すると松下電器時代、ドラフトで指名されたことは本人は全く知らなかった。翌日会社の先輩がスポーツ新聞を読んでいたので「なんかおもろいことのってまっか?」と聞いたら 「おもろいことって、お前指名されとるがな」 と言われて初めてドラフトに選ばれたことを知った。
  • 現在では名(迷)解説でおなじみである。虎ファンならご存知のとおり。
  • 社会人野球の試合を観戦しているのをたびたび目撃されている。
  • 現役時代からボランティアには積極的であった。現在は日本身体障害者野球連盟の名誉理事長である。
    • 「障害がルールに合わんかったら、ルールを障害に合わせたらええねん」 と言ってのけた。これが嫌味に聞こえないのが福本豊という男なのであろう。
    • 選手からも「あの人は上から目線がない」「自分達を健常者と同じ扱いでビシビシと指導してくれる」という証言が物語っている。
  • 神宮球場でABCラジオの解説中に雷雨となり、中断中に「うわあああああああああああああああ」と叫んだ。

  • しんぐうは寒かった
  • 嫌な流れの際に、「気持ち悪いね」「ちょっと気持ち悪い」などと(気持ち悪い)と表現するのが特徴的。


語録

  • 実況:「阪神が4点リードされていますが、ここからどう攻めたらいいでしょうか!?」
  • 福本:「先ず4点取り返さなアカン」
  • 実況:「福本さん。今のピッチャーの心理は!?」
  • 福本:「わからん」
  • 実況:「今のエバンスのバッティングどうですか?福本さん」
  • 福本:「見ての通りや」
  • 実況:「いや~今のプレーはいただけませんね。福本さん」
  • 福本:「ん?ごめん。見てなかった」
  • (0行進の続くスコアボードを見て)たこ焼きみたいやな
  • (その後、ようやく1点入って)たこ焼きに爪楊枝が付いたな
  • 実況:「今、近くでドリカムがコンサートをしていまして綺麗な花火が上がってます」
  • 福本:「ドリカム?知らん」
  • 実況:「今日も甲子園は超満員、当日券もすべて売切れです」
  • 福本:「笑いが止まらんね」