マウロ・ゴメス(Mauro Alexis Gómez)


  • 前シーズンの深刻な得点力不足を解消する為に獲得した外国人選手。
    • 2012年シーズンにも獲得することを検討していた。
    • シーツ先生がスカウトした。スカウトする際、西武ライオンズ所属のエルネスト・メヒアと天秤にかけて、阪神がゴメスを選んだことは有名な話。
      このメヒアはパリーグで本塁打王に輝いており、どちらを選んでも成功だった。
    • ただメヒアは得点圏打率が低く、広い甲子園ではHRの数は伸ばせるのかという疑問があるので、ゴメスで良かっただろう。
  • 夫人の出産・長女の体調不良が原因で、キャンプには11日遅れで合流。
  • その後も、オープン戦にも右足の張りを理由に出場しないなど、大幅な調整不足で外れガイジンと思われた。
    • そのせいでマスコミには散々叩かれていた。早くもバースの再来の再来などとも揶揄された。
    • 中日は同時期アレクシス・ゴメスという選手を獲得しており挙句の果てに「阪神はマウロの方のゴメスに手を焼くだろう」とか言った。その後の中日ゴメスの結果はお察しの通り。
    • 解説者からも散々で濱中治矢野輝弘は打てないと評価。しかし真弓明信はやっていけると評価。
  • しかし、4番で迎えた開幕戦でいきなり打点を上げ、あの人の成績をわずか2打席で上回る結果となった。
    • しかしファールフライを落球し、実況掲示板のサーバーが落ちる事態に。
  • 開幕後、しばらく「ホームランは出ないが、打率は良い」状態が続いた。
  • 2014年は最終的にシーズン109打点、なんと打点王に輝いた。多くの阪神ファンが手のひらを返したことであろう。
    • 実際、濱中と矢野はゴメス本人に直接誤りに行った。真弓の開幕前のゴメス評価は予言ではないかというぐらい的中していた。
  • 開幕前のキャンプインが遅れたことやその怖い見た目とは違い、非常に真面目な性格である。
    • マートン・ノートを見せて貰ったり、ミーティングの時は必ずマートンの横に座って彼のアドバイスを聞くようにするなど、日本の野球に馴染もうとしているのがよくわかる。
    • インタビューでもとにかく何か疑問が生まれると、マートンやオマリーを捕まえて質問責めにしていると答えていた。
    • ゴメスの父は軍隊出身であったので、中南米では珍しく規律を非常に重んじる性格だったという。その影響も大きいだろう。
  • 見た目とは違い、激高するようなことはない。むしろマートンの方が審判団に目を付けられている。
  • 実は来日前から日本の野球や文化に触れる機会があった。2013年は米ブルージェイズ傘下の3Aバッファローでホモリンこと 川崎宗則 とチームメートであった。
    ひた向きな性格、そしてコミュ力の化け物と言われる川崎が積極的に溶け込もうとする姿に大変感銘を受けたことにより、自分も日本では積極的にチームに溶け込もうと決心したという。
    • いろいろあってキャンプインが遅れてしまって肩身が狭いゴメスに初めて話しかけたのは、あのファックさんである。実は福留とも3A時代に既に出会っていたのである。
      福留から「What's up?(元気かい?)」と声をかけてもらい、緊張をほぐしてもらったと語っている。
    • その後はマートンと仲良くなり、マートンに指導を仰ぐようになる。マートンもブラゼルといるよりも明らかに楽しそうにしているのが度々写されている。
    • 日本人の選手と仲良くなるのもそう時間はかからなかった。上本博紀今成亮太坂克彦と仲良く談笑しているのを見た人も多いだろう。特に今成とは大親友と言い切るまでに仲が良い。
      言葉がまだ分からないのでいずれは日本語でコミュニケーションを取るのが目標と答えている。
    • 日曜の番組、サンデーモニングのご意見番にてホモリンがゲスト出演した際に、自分がゴメスに日本語を教えたこと、よくご飯を一緒に食べに行ったことをを明かした。
  • 開幕前、巨人はゴメスを取った阪神をあんな外人取って何がしたいんだ?とバカにしていたらしい。
    だがそのゴメスにクライマックスシリーズではボコボコに打たれた。結果リーグ優勝したにも関わらず、日シリに出場できないという屈辱を味わうことになる。
    ねぇねぇ、バカにしてたゴメスに打たれてどんな気持ち?NDK?NDK?が出来てスカッとした虎ファンも多いことだろう。
    • 3番鳥谷からのGM砲(ゴメス・マートン砲)+ダメ押しの福留は多くの巨人ファンにトラウマを植え付けた。
  • 2016年まで在籍するものの年々チャンスに弱くなっていったことや一塁守備の拙さが祟ってオフに戦力外となった
  • 2017年、低迷に喘ぐ千葉ロッテがゴメス獲得を狙うも居場所が掴めなかった。それもそのはずでもう野球自体をやっていないとか。