02 アノコの心

アノコの心


アルバム:ひかり
サークル:豚乙女
編曲:コンプ
作詞:ランコ
Vocal:ランコ
原曲:魔法少女達の百年祭、ハルトマンの妖怪少女

無意識の黄色 意識の赤色
混ぜこぜにしたら 暗闇の光
怖がらないでね ここに居るだけよ
あのこはわらって 遊ぼうって言った

繋ぐものはないの
カラカラの心模様
笑顔だけが胸に焼きついてる

私とワタシの隙間
あのことアノコの心
埋め方がわからなくて
ぼんやり空を見る
進まず戻らず変わらず ふたり

どこか似てるよ。って 悪魔の右手で
真っ赤なウサギを 愛しみ撫でるの
泣いたように見えて 見たくなんてなくて
抱きしめたくなって わからなくなって

この瞳が開いてもあのこの心は知れず
私はただきっと俯くだけ

無様な私は嗤う
形は様々だけど
愛なのかも知れないと
やっぱり瞳をつむる
意識と意識の間で ひとり

この瞳を君の右手が 握り潰す日を想う
「貴女が泣くのは嫌」って 君は泣いて言った
帳を上げてもう一度 再び世界が開く
悪魔はもういないよって 気持ちと手を繋ぐ
一人と独りはようやく ふたり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。