08 有閑なGravity


アルバム:Vivace -ヴィヴァーチェ-
サークル:C-CLAYS
Vocal:小峠 舞
原曲:暗闇の風穴

静かに翳る桜(たかどの)閉じ込めて背を向け
ピリオド迎えた筈が
気付かないうちに誘われ

最初に覗き込み昔の記憶
重なるオフレコ誰が行くの?

乗らない気持ち壊し探してきてと
笑顔で送り出しウラも隠し

どこまでもずっと Border The Underworld Night.
そのままでもいいじゃない 運を天に任せ

飛び込めスライダーのように流れ落ち目指して
アナグラムの言葉でけしかける幻聴(ノイズ)

誤魔化したままのエゴイスティック操り
落ち着かないテンションに
我にも無く巻き込まれそう

まだ掴みきれてないサブジェクトもない
連れて来られた意味あるのかしら

どこまでも続き Only The Experience Up.
カラクリを解かずに スキマを縫いながら

駆け込め約束破られた意味を教えて
今更ココまで来て這い上がれない

脳天痺れてくるほどに瞬(まばた)き
有耶無耶にされた真実
秘密にした訳じゃない

夢を忘れ 空は残して
新たな楽園辿り着け

終わり見えない奈落の底 拓かれ
曲がりもくねりもせずに滑り落ちてく

"Index Gravity" へ

ニセモノ寒空粉雪に見惚れて
遭難してる時間も忘れてしまい

ピリオド見えないまま堕ちて続くよ
ジオセントリックの謎解き
思い出して行くといいじゃない
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。