10 五番目物「鬼顧」



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=
|circle=凋叶棕
|vocal=めらみぽっぷ
|lyric=RD-Sounds
|arrange=RD-Sounds
|original=華狭間のバトルフィールド
 そのいでたちして
 人にも似ぬものもなく
 されどその髪の色はあかあかと
 人の肉の色にも似て


いつより生まれて
いつよりその身を落とした
それは何れも内より出でたもの
血の味を覚えて


深山は深く
大江山に
あれらが居所となり

わたるたづきも絶えてなお
この身よ 生きねばならぬ
何に替えようと


いかないかな兵とて
人の子なれば 皆 同じことよ
鬼の居ぬ間にその心
砕け
いずこへいざなわれるのか
にどとうきよにかえれぬか


あなかま
口を噤め
その腕のあって尚
人情あるものを失わず


 そのなりわいして
 けして人には似ぬこと
 ならばそのわざ照らすはあおあおと
 人の魂の色にも似て


その昔には
人に畏れられては
されどいつしか人の手にかかって
あああの鋼の音


あれなるは遠く
羅城門に
今宵の愚かしきもの


わたるたづきを得てもなお
この身は 生きねばいけぬ
何に替えねば


いかないかな理さえ
人の子なれば 皆 同じことよ
鬼の居ぬ間はこの心
力け
いずこへといざなうものぞ
ひとをくらうがさだめなり


あなかま
口を噤め
その腕の痛みして
人情あるものを失わず


人はみな そのこころのうちなる
鬼をみて 恐れおののく

鬼はみな そのこころのうちなる
人をみて されども人に戻れず


いかないかな物語も
鬼の子なれば 皆 同じことよ
人の居ぬ間に討たれなん
風け
いずこへといずこなれども
このあるところ天の道


あなかま
口を噤め
その腕を戻しても
人情あるものを失わぬよう

斃せ
鬼の声を
未だ続く鬼退治
人情あるものを失わぬよう
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。