03 Spring Snow



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=妖 Blossoms
|circle=あ~るの~と
|vocal=藤宮ゆき
|lyric=芳葉
|arrange=芳葉
|original=東方妖々夢 ~ Ancient Temple
悴む日々に 深々と雪が積もりだして
一人佇み 春を夢と描いてた
吐いた息は どこまでも白く伸びるから
握る拳 ポケットから出せずいて

守るべきもの 弱さは見せないように
いつまでも 足元に隠していた

雪が降るから 空を見上げていた
白い誇りを 長く(なび)かせて
まるで葉を散らした木々のように 凍えた心で

時間の流れが 付いた足跡と残るから
次を踏み出すことができずにいるんだよ
それでも 空は今日も廻り続けてるから
科学じゃ語れない 暖かな想い抱え

暗く 冷たい大地に眠る 息吹を
踏んでしまわぬように また歩き出したら

いつか終わりは 必ず来るから
それと等しく 春は訪れる
頑なな蕾も いつか花を咲かすと信じてる

蒲公英は 簡単に 風に揺れ飛んで行く
他人が笑う でもいつか一緒に笑えればいい

雪が止むなら 少し悲しいと
いつか想える 春が来るならば
そのくらい 明日も今日も 生きていい

雪が降るから 空を見上げていた
白い誇りを 長く(なび)かせて
まるで葉を散らした木々も花を咲かすと信じてる
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。