04 Oceanic blue



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=封 -FUU-
|circle=SOUND HOLIC
|vocal=Nana Takahashi
|lyric=隣人
|arrange=隣人
|original=ヒロシゲ36号 ~ Neo Super-Express;53ミニッツの青い海
いつまでも 君を乗せて 数センチ先で 揺れる景色
まるで 乱れていく 果ての旅路
それなら 僕の青に 君の青を 落としてみて
透明な音を さあ 奏でに行こう


窓に映る景色全てが輝いてる (瞬いた夢に焼きついていく 53の偽りの風花)
だから映る景色全てが輝いてる (囁いた声に優しく香る 53の偽りの風花)

青く 響いた egoistic lies for you

 どこまでも 君を乗せて何センチ先で 触れたくても
 まるで 壊れていく 果ての記憶
 それなら 僕の青に 君の青を 溶かし込んで
 透明な嘘を さあ 探しに行こう


揺れる事の無い水面にそっと落ちていく (瞬いた夢に沈んで落ちる 53の偽りの風花)
なのに映る景色全てが輝いてる (消えかけた声に今でも香る 53の偽りの風花)

青く 砕けた altruistic lies for you

いつまでも 君を乗せて 数センチ先で 揺れる景色
まるで 乱れていく 果ての旅路
それなら 僕の青に 君の青を 落としてみて
透明な音を さあ 奏でに行こう


僕ら 旅人 彷徨い目指す先は
偽りの 美しさの向こうへと

 どこまでも 迷い続けて旅路の()は 揺れ続けて
 やがて 気づいていく 真実へと
 それなら 僕の青に 君の青は もういらない
 透明な楽園は すぐそばにある
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。