03 パーフェクトワールド



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=星降る夜のユートピア
|circle=TUMENECO
|vocal=紫咲ほたる
|lyric=aoma
|arrange=tomoya
|original=イザナギオブジェクト
世界の終わりを
きみが想うとしたら
ドアのない箱庭だ、と

「神様、夢ならどうか醒めないで」
と言う無邪気な笑顔に()(そら)していた

完璧な世界でぼくらは欠けた穴を探す

何もない街に明かりを灯す
きみが怯えず眠れるように
ぼくは明日もきみの隣を歩く
きっと最初から決まっていた


ぐらぐら泡立つ
決して冷めないスープ
口のない太った猫

豊かに実った
無人島に()る果実
花瓶に挿された満開の花

満ち足りた世界で
ぼくらはどこへ行くのかな

何もない街のふたりを照らす
空の欠けた穴を塞ぐように
きみとふたり全部塗り潰したら
きっとこのまま終われるのだろう


作られた世界で確かなつながりを探す

何もない街のふたりを照らす
空の欠けた穴を増やすように
きみとふたり全部見つけ出せたら
きっと世界は目覚めだすのだろう


絡まった糸 失ったもの
間違えたのは誰?
重なった鼓動 はにかんだ頬
遠くに感じていた
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。