07 生きる

生きる


アルバム:怨言神楽謌
サークル:豚乙女
Vocal:ランコ
原曲:夜のデンデラ野を逝く


薄暗い山にあった
やけに高い場所にあった
行けなくはない距離だった
行く気にはなれなかった

陽が昇り沈み「おやすみ」で眠る
目が覚めて 笑顔一つ消える

(※)
でも生きる まだ生きる 終わるまで
そしてまた陽は昇り沈み
眠る様に逝く

かじかんだ手で蒔いた
種は今 芽を出した
秋が来て金に染まった
その手 触れられなかった

陽が沈み昇り「おはよう」で起きる
あの山にもまた朝日が差す

また生きる まだ生きる 終わるまで
輝いたあの日だけ抱いて
人知れず逝く

(repeat※)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。