03 ヤタガラスカイダイバー



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=
|circle=凋叶棕
|vocal=めらみぽっぷ
|lyric=RD-Sounds
|arrange=RD-Sounds
|original=死体旅行 ~ Be of good cheer!;霊知の太陽信仰 ~ Nuclear Fusion
―どうして、この世界には
私よりも光を放つものが居ないのだろう?

つねに果て無きトイカケの先に
見出した答えはただひとつだけ。

―いったい、この厚い天蓋の
向こう側に閉じ込められているものは何なのだろう?

ときに真理をつくテツガクの先に
見出した道はただひとつだけ。

「空」とは、飽くなき空想の先を
目指すその前に忘れてしまう幻

それでも…高まるアコガレ。

確かめたいその世界
強い希望を胸に
私は飛び出した!


遍く
“融合”(フュージョン)から“対比”(コントラスト)へと
翼は今、その姿を変えてゆく。

“狭隘”(サブタレニア)から“無限”(インフィニティ)へと
世界も今、その姿を変えてゆく。

「空」とはなんなのでしょう
尽きぬトイカケをはらむ
ヤタガラスの歌声は人知れず…


私以外誰もいない
この世界の住人は

いったいどこに
いるのでしょうか

この「空」に私は一人ぼっち…?


見上げる天高く降り注ぐ光
どこか懐かしいその力の先

私よりも…大きな太陽。

出会えたんだこの「空」で
同じ光を放つ
もう一人の私に!


そしてまた
“限界”(オーバードライブ)から“臨界”(エクスカーション)へと
力は今、その姿を変えてゆく。

“公転”(レボリューション)から“自立”(アイデンティティ)へと
私も今、その姿を変えてゆく。

輝く私と同じあなたへと
尽きる事のない歓びの歌声を捧ぐ

誰よりも高い場所で
ヤタガラスの歌声を響かせて…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。