07 Peaceful Distance



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=
|circle=凋叶棕
|vocal=めらみぽっぷ
|lyric=RD-Sounds
|arrange=RD-Sounds
|original=ヴワル魔法図書館;ブクレシュティの人形師
静かにたゆたう
言葉の要らない空間に二人寄り添いながら…


―そっと、ページをめくるおと。
遠く続く、空間の残響(ひびき)

そこは、けして壊されることのない、静謐が。
ずっと悠久を湛えている。

―そっと、紅茶を啜るおと。
遠く続く、空間の残響(ひびき)

そこは、けして崩されることのない、静寂が。
果てしなく続いている。

それぞれ思い思いの
時間を過ごしてゆく


静かにたゆたう
言葉の要らない空間に二人寄り添いながら…

広がる充たされた空間の最中に
得がたい安息を今、感じてる

本には書かれていない、この距離感
つかず離れずが心地よかった。


―そっと、ページをめくるおと。
どこか、規則的なその周期。

それは、もしかしたらその中身より、大切な
『何か』に気をとられている証拠?

―そっと、紅茶を啜るおと。
どこか、機械的なその間隔。

それは、もしかしたらその風味より、重要な。
『誰か』を気にしているから?


尊敬と羨望と
それよりも純粋な興味

互いに不可侵
だけど、どうしても意識をせずには、居られない。

不得手な意志の伝え方を図り合う
求め合う些細な偶然の果て

不意にぶつかり合う視線の交錯
また無限の意味が生まれてく


遠くは、乱さない程に。
近くは、感じられる程に。

心の在り様も
何もかもが(こころよ)いほどの距離…安息の距離。

広がる充たされた空間の最中に
得がたい安息を今、感じてる

本には書かれていない、この距離感
つかず離れずが心地よかった

もういっそずっとこのまま悠久を抱いて
いつまでも変わることのないままに

言葉の要らない空間に寄り添う
二人だけの静寂がここに

永遠の距離を保ちながら…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。