04 高天原 feat. y t r×司芭扶

アルバム:SOL
サークル:魂音泉
Vocal:ytr、司芭扶、たまちゃん
原曲:プレインエイジア

(ytr)
歴史と雲隠れ 欲を無くせば人の為
永い暗闇で爪先立ち いつからか向けた眼差しは疑いへ
書物や仕来り 嘘を断ち切り整理した真実が知識達
数ある中の手付かずの問題 月に一度のゲシュタルト崩壊
私の体、心の中の在り方がバラバラ 落ちていく意識はまっ逆さま
朝→晩→朝 あからさまに変わる様
ぼんやり浮かぶ朧げな月が照らしたのは物の怪か人か

(司芭扶)
森を照らす夜月の明かりが頭から体飲み込む
辺りは静まり返り 何もかも見えず 里や人々が史上から消える
動いていた秒針が止まり この世界の暦で異常な理
119季の秋 害無き者にはわからぬ災い
紺碧の闇混ざり合う0時は 永遠の価値を持たぬエイジア
人あやかし神か幻 禊の戦いは儚い
話は右から左に流れ 与えたまえ罪を 星の彼方へ
陰と陽が交錯する今夜のシンドロームが史実を変える


逆さの意味を持つ矛盾 判断基準は曖昧なまま
半々ならば分かつこの体 始まりの為の月夜
少しばかり堅苦しい 隠し隠され幻想の中へ
人影は消えて無くなりそうな闇に埋もれた
歴史の中に事実以外の回答が存在
人間 妖怪 幽霊 種別カテゴライズ 終わらなくなる月夜
不思議な闇に飲み込まれないように
感じる狂気は どこか寂しげで消えてなくなりそうな夢に思えた

(司芭扶)
欠けた月 暴かれる罪 必然的善悪は二の次
守る者の為賭ける全ての知恵・力 今向かう
深い闇が当たり覆う 遠のく事の無い虎口の夜
空想世界の天使か悪魔 この姿は私のひとつのカルマ
紅くなる眼光に秘めたる怒り 新緑の髪靡かせた神
くたくたな身体に鞭打ち 五月蝿くなる夜の影に打ち込む不意打ち
あくまで自分に忠実 浮き沈む事の無い月夜に祈り
真実ならば喰らい盾と成れ 静かな地と騒々しい有象無象

(ytr)
常にランダムに判断 見限る番狂わす晩
幾夜も素通り まず探したチュートリアル
何故だかふと気になった満ち欠けの仕掛け
もうきっかけなどとうに忘れ 流れ行く時に身を任せる陽炎
どうしようもなく浅はかな思考に
一人無意識に辿り着き打ちひしがれ
誰彼構わず雲隠れ 日が昇り日が暮れ広がりを増す影
願掛けすら神隠し 何だって一つの選択肢
対極にある類稀なる才扱い 今歴史の中流離い

※くり返し

謎めく夜に起きた出来事 溜息 独り言
刻一刻と迫り来る夜明け前も輝きを放つ満月の下
時の欠片を探し求めた 永遠の時間は一体何処から
一夜だけ空高く描かれた兎と人が紅く照らされた

※※
逆さの意味を持つ矛盾 判断基準は曖昧なまま
竹林か はたまた満月の真下 始まりの為の月夜
少しばかり堅苦しい 隠し隠され幻想の中へ
人影は消えて無くなりそうな夢に思えた
歴史の中に事実以外の回答が存在
人間 妖怪 幽霊 種別に意味はない 終わりが近付く月夜
不思議な闇に飲み込まれないように
感じる狂気は儚く散った いつか誰かの理想は闇に溺れた

※※くり返し
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。