04 れてぃれてぃれてぃ



【注意】
現在、このページはJavaScriptの利用が一時制限されています。この表示状態ではトラック情報が正しく表示されません。
この問題は、以下のいずれかが原因となっています。
  • ページがAMP表示となっている
  • ウィキ内検索からページを表示している
これを解決するには、こちらクリックし、ページを通常表示にしてください。

|album=サクラツナギ
|circle=TaNaBaTa
|vocal=あにー
|original=クリスタライズシルバー;無何有の郷 ~ Deep Mountain
木立の間、空を見上げたら
突き抜けるように晴れた冬の色

バラバラに舞い踊る粉雪が
私の気持ちによく似てて、つい笑った

素直になれないときはいつも
つららにさかさま映りこんだ
君の笑顔を思い出してみる

この季節が終わっても
溶けないものをひとつだけ
そっと伝えられたなら・・・
春はもうすぐそこまで

頬撫でる冷たさはいつまでも
大人になれない二人包みこむ

春を告げる妖精の歌う声
聞こえない振りをして、その手つい掴んだ

真冬の魔法が解ける前に
さよなら以外の言葉が欲しい
胸の奥でひとりつぶやいてる

この季節が終わっても
溶けないものをひとつだけ
そっと伝えられたなら・・・
春はもうすぐそこまで

真冬の魔法が解ける前に
さよなら以外の言葉が欲しい
胸の奥でひとりつぶやいてる

この季節が終わっても
溶けないものをひとつだけ
そっと伝えられたなら・・・
春はもうすぐそこまで
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。