08 嘘と慟哭


アルバム:
サークル:凋叶棕
原曲:御伽の国の鬼が島 ~ Missing Power
Lyric:RD-Sounds
Vocal:ランコ


語る者さえもはや
途絶えるほどには
悠か遠くに掻き消えた
記憶は疎なりて幾星霜

並んで寄り添う人と鬼の姿
疑うことを知らぬほど小さな小さなその姿

信頼のその証
ゆびきりげんまんひとつ

誓ったは嘘を吐かぬこと
ずっと傍にいるよ
幼稚な約束ひとつ


御伽の国の恋物語
並び立つ影二つ異形象る

まだ見ぬ行く末
語るが如く

何処と行く先わからぬ
風が哭く


語る者さえもはや
途絶えたほどには
悠か遠くそこにあった
密なる絆は変わらずに

並んで寄り添う人と鬼の姿
信ずることに飽かぬほど愛しい愛しいその姿

約束を交し合う
対する人の望みは

けして涙は見せぬこと
鬼の泣き顔なんぞは
見たくはないのだと


御伽の国の恋物語
幾夜の果てに二人は契りを交わす

ならば笑おうと
未来を語る

それはどこまでも
幸せな姿


幾年が過ぎ去って
はたと帰らない彼は

行方を探されるまま
変わり果てたその姿
哀れな鬼に晒した


御伽の国の悲恋物語
夜盗かそれともはては妖怪の仕業か

二度と動かぬ
その姿から

もはや約束など
破られたのだと知った


咆哮 慟哭 大地揺らす
もはや物言わぬ骸の前で

「嘘吐きめ!! 裏切り者め!
約束一つ守れぬ軟弱者め…!」

糾弾の声も遂には虚しく響くのみ


叫びはて、

 疲れはて、

  立ち尽くす、

   鬼の目には、

    ―涙。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。