※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あなたは、創造性がこの男性からふんだんに文字通り溢れているのを見る事ができます。彼は関心をもってあなたを見ます。

はい、はい?【レイモンド】は鋭く言います。あなたは何が欲しいですか? 私は忙しいです!

名前
私は、【レイモンド】

仕事
まぁ、私はこの国では有名人です! あなたは、私について聞いた事ありませんか?

私はそう言ったでしょ!

本当に!? 私は、驚いています! しかし決して気にしないで下さい・・・

私はここ、【ブリティン】の王立劇場のディレクターです。また、私は住居の劇作家です。 時折、歌曲を作曲もします。 時々、演技もしますが、指示もしながら演技するのは、賢明ではありません。~
私たちは現在、劇に取り組んでいます。
私達の劇のためにのリハーサルを見に 1日の劇場に来てください。


それは、「アバタールの試み」と題して私が書いたものです。 【ブリタニア史】の伝説的人物に関するものです。芸術家は、あなたをくまなく見ます。
ふ~む。あなたには、品位・気質があります。 あなたは、今までに舞台で演じた事がありますか?

y
私は、そのように思いました!
n
まぁ、それは大して苦にはなりません。 私は、あなたが直ぐに上手く演技できると思っています。

公式に、オーディションは終了しました、劇は既にキャストされています。 しかしながら、私達は、誰かが【アバタール】の役を演じる必要があります。 あなたは、オーディションを受けたいと思いますか?

y
素晴らしい! オーディションまでにする必要のある事は、【ゲイの洋服小売専門店】を訪問して、「アバタールの衣装」を購入する事です。 一度ちゃんとした身なりで、声をかけて貰うと、あなたにオーディションを受けさせる事ができます。 今すぐに、走ってしてきて下さい、私は、忙しい人です。*
n
いいえ? あなたは、ステージの上で演じる事を一度も夢に見た事はありませんか? 松明で自分の名前を見て? 古風なドーランやかつらを身に着けますか? 割れるような拍手喝采の中お辞儀をしたくありませんか? わかりました、ではお帰り下さい。 私は、一般市民と話す時間はありません。*

王立劇場
あなたは、これが素晴らしい空間だと思ってはいませんか? 私達の大都市にいる数人の裕福な市民による、昨年分のスポンサーシップのお陰で開館する事ができました。

スポンサーシップ
実際の劇場の建物の建設は、王立造幣局によって代価を支払われました。 しかし、劇場会社は唯一自分みたいな、個人の援助に依存しています。 あなたは、私達の劇場会社に例えば、10ゴールド程の控え目な援助をしたいと思いますか?
ありがとう。 あなた自身が真の芸術の支持者で洗練された文化人である事が示されました。
あなたの説得力のないパフォーマンスを離れてからかいを与えた!あなたは10枚の金貨がありません!
1斤のパンを男性に与えて下さい。そうすれば、あなたは1日間、彼に与えています。 劇を男性に与えて下さい。そうすれば、恐らく、あなたは一生彼に魂を与えています! 一度私達の創作劇の一つをご覧になると、私は、あなたが考え直すだろうと思っています。

オーディション
私は、あなたが準備できたのを分かりますか? わかりました。 ステージの中央に立ってくれますか?

a(アバタールの衣装が無い場合)
あなたの衣装はどこにありますか? 衣装無しでは、オーディションを受ける事ができません!*

b(時間外の場合)
リハーサル時間に劇場に来てくれますか?*

c(衣装を持ってる場合)
【レイモンド】はあなたに台本を手渡します、そして、あなたはステージの中央に立ちます。 ライトが照り付けるので、少し熱く感じます。 少し神経質になって咳払いをし、ページの台詞を朗読し始めます。
1.私は -【アバタール】-! 2.私が- - 【アバタール】! 3.私 -は- 【アバタール】! 4.-私- は【アバタール】!

(初回どれを選んでも)
違う!違う!違う! 全部間違っています! あなたは【アバタール】なのですよ! 【アバタール】が欲しくなるようにしなければいけません! 【アバタール】が言っているように聞こえなければなりません! 【アバタール】になりきらなければなりません! もう一度お願いします。
1.私は -【アバタール】-! 2.私が- - 【アバタール】! 3.私 -は- 【アバタール】! 4.-私- は【アバタール】!

(2回目どれを選択しても)
さっきより良い・・・良い・・・ しかし、私は、あなたは小道具が必要だと、恐らく思います。

【ジェシー】私達の友人にスタッフを手渡して下さい。*

(主人公が女性の場合)
はいどうぞ、夫人。*

(主人公が男性の場合)
はいどうぞ、だんな。*

【レイモンド】はあなたにスタッフを手渡します。

スタッフを掲げて、もう一度、台詞の朗読を始めます。 今回、あなたは本当に俳優になった気持です。 まるで、【アバタール】が本当にそれらを言ってるかのように台詞が、口から流れ出します。 あなたは、今までに感じた事のない興奮を覚えます。 演技が好きになりそうです。 続けてみたいと切望します! 【レイモンド】が下す評価を心待にしています・・・。
【レイモンド】にスタッフ返すと、【レイモンド】は言い始めます。ふむむ・・ えぇ、それは素晴らしかった。 ありがとう。 みごとでした。 私達は、合否の連絡をするでしょう、はい? 演じて下さってありがとうございます。 履歴書がありましたら、ドアの側にそれを置いて帰って頂いても結構ですよ、 はぃ? ありがとうございました。*

【ミランダ】
【レイモンド】は、深呼吸して微笑みます。
あぁ、なんて素敵な女性なんだ。 彼女がステージより政治に興味を持つ事が残念です。 しかし、私達は大いに意気投合していると言わなければなりません!

【マックス】
かなり面白い子じゃありませんか? 【レイモンド】の顔は誇らしさでいっぱいです。
彼の祖父に似ていると言わなければなりません。 彼は、偉大な俳優になると思います。 もしくは、作家か、ディレクター、プロデューサーのどれかになると思います。

市民
まぁ、本当に私達の支持者の名前を自由に明かせません。 しかし、彼らの大多数は、【フェローシップ】に属しています。

支持者
彼らは、私達の劇場に貢献する人々です。 彼らは素晴らしい劇場の愛以外に少ししか共通点のない、ありとあらゆる職業から来ています。

【フェローシップ】
非芸術家の為に彼らは劇場へ惜しみない貢献をした人達でした。 私の意見では、彼らは -素晴らしい- 人々です。彼は、大喜びで手もみをします。
最も、私は信者ではありません。

さようなら
帰られますか? すみません、私はサインを受け付けていません。*

@もっと大きい声で! 私にはあなたの声が 聞こえて来ません!@

@ステージの右に進んで下さい。@

@もう一度 あのシーンを演じて下さい。@

@最初からお願いします。@

テキスト準備してあります。

添付ファイル