//*//

よんた :で、

よんた :キャンプっていうか

らい :了解ですー。>ねーさん

支那実@沙倉 霞 :いってらっしゃい

よんた :仮設住宅

小野青空 :いってらっしゃい

ヒロキ :いってらっしゃいませ

槙 昌福 :なんだとー!?>ヒロキサン可愛い(錯乱

よんた :入国したあとは

よんた :難民じゃなく

かくた@よんた藩国 :いってらっしゃいませー

よんた :国民と同等なので

言 成@よんた藩国 :いってらっしゃいませ

ヒロキ :了解です>ノットキャンプ

らい :ええ、それはもちろんですね。<同等

支那実@沙倉 霞 :りょーかいですー

ヒロキ :(22歳男子には嬉しくもねえだろ…>槙さん

よんた :で、それも一時しのぎで

よんた :藩国で住宅地建築でもやって

よんた :そこにいづれ移ってもらうと

よんた :と、そっちの土建作業もでますわな

槙 昌福 :そうでもないよ>ひろたん

支那実@沙倉 霞 :(そうか。まきまきはかわいいと言ってもらいたいのね

槙 昌福 :(一瞬、素になり対応できない

ヒロキ :(そうかなあ…)そして適宜まとめ修正中(らいさん、書記こっちでやろうかー?)

らい :材料や費用など国庫から出すとしても大丈夫ですか?

よんた :ああ~

よんた :設定上なので

らい :(うん、ではよろしく>ひろたん

支那実@沙倉 霞 :(自分でふっといてそれはなんすかw>まきまき

よんた :冷静に考えて

小野青空 :(ヒロキさんと槙さん、二人が可愛い反応を

よんた :最低単位が1億ですぜ

よんた :お金

よんた :これリアル換算すると10倍だそうで

よんた :つまり10億ですな

ヒロキ :プレハブなら数十ダース単位どころでなく立ちますね。

よんた :でまあ

よんた :もしはらえっていわれるなら

よんた :払いましょう、できる範囲は

よんた :それでいいかと

槙 昌福 :(それ考えると、どんだけ給料もらってたんだと>前ゲーム

らい :了解ですー

よんた :まあ政策は

よんた :キノウツンさんのありがたく全項目つかわせてもらって

よんた :先の3つ全部の全項目

支那実@沙倉 霞 :www

よんた :読んで見てどうしてもあわないところはいじっていく、と

らい :はいさー

らい :もう一回熟読しよう。

よんた :あわないところの例あげると

よんた :【第6条】(警察機関支援部隊の組織・行動規範)

戦闘行動・監督行動に適性を持つ軍属の者は、警察機関支援部隊(以下、警察部隊)に配属され、

国内の巡回警備、食糧配給所等人が多く集まる場所の定点警備、

暴徒の鎮圧、犯罪者の逮捕等を行う。

警察部隊の最小単位は班長1名、班員3名からなる班で構成され、

1つの班には必ず3名以上の猫柔術家を必要とし、班単位未満での活動は禁止される。

また、鎮圧や逮捕行為の際には必ず非殺傷武器、

もしくは猫柔術家の特殊である非殺害行為を用いなければならない。

特別の事情なく藩国民、難民に対し危害を加えた者は、厳しく罰せられる。

犯罪者に対する警察部隊による私刑については、固くこれを禁ずる。

警察部隊の識別には、青色の腕章を用いる。



よんた :これ

よんた :うち、猫柔術家いないので

らい :猫柔術家かー(いいよねぇ、見た目w

よんた :医者もいませんな

よんた :整備士は・・・いるけど評価が・・・

よんた :まあ、柔術家は犬の神様で代用でいいかな、と

よんた :白兵できるので

らい :あとは、追跡者による逮捕とかも入れておきましょうか。

らい :(逃がさないぞと。

支那実@沙倉 霞 :犯罪犯しても確実につかまるよ、と

ヒロキ :(頭にパトライトくくり付けて歩く犬神を連想した。かわいいかも知れん)

よんた :とまあ

よんた :設定的にくいちがうところだけ個別にアレンジして

よんた :基本流用で

らい :了解しました。がんばりますー

よんた :(だからいっそコピペでもいいと

支那実@沙倉 霞 :まるコピでは、マイルがっつり減りそうな気がしますー

よんた :まあ

よんた :これで稼ぐっていうか

よんた :難民無事ならそれでよし

支那実@沙倉 霞 :おー さすが藩王

よんた :マイルなんぞ別でかせぎゃいいのです

らい :ですねー。(今回ほぼタダ働き覚悟

よんた :あとは・・・

よんた :難民も大事ですけど

らい :(だからお願い、全滅とかしないでー・・・<難民

よんた :自国民も大事にしてね。と

らい :あ、もちろんです。

よんた :そっち肩入れしまくって国内不和おきてもなんなので

らい :ただ、何してもらったらうれしいかなぁ、と考え中。<自国民

よんた :まず就業保護

よんた :新規入国した人にお仕事もってかれたらご飯くえませんので

よんた :(それがあるからリアル日本でもなかなか難民はうけいれやってませんし、他にも要因ありますけど

らい :はい、了解です

らい :あ、出来たら、藩王・摂政・執政 のお三方には少しコメント出していただきたいのですが。(今じゃなくて構いませんのでー

よんた :【第14条】(既存産業の保護)

非常事態に伴う混乱により、継続が困難となった事業については、

国は補償金を支払うことでこれを保護する。

また、国内市場が回復次第、産業にかかる税を引き下げ、市場の活性化を図る。







#キノウツン藩国の主要産業であった人材派遣業(メイドさんですね)は、

他国の情勢の悪化により、現在停滞しています。

このように、混乱が原因で損害を受けている産業については、混乱が回復するまでの間、

国が補償金を支払うことで産業の保護を行います。

また、公定歩合の引き下げ等の金利政策により、企業の負担を減らします。

らい :ふむふむ・・・

槙 昌福 :(今後、設定国民から所得税とか取る方向になるのかなぁ

よんた :多分とれないかと

よんた :あくまで設定

らい :補償金の支払い。減税などですか。

よんた :そのへんですかねえ

よんた :打撃いきそうなとこっていうと

よんた :農家かなあ

小野青空 :新しい産業は興せないのですか?

らい :農作物買い上げは一応含めています。(減税は後にしようと。

よんた :いけますよ

よんた :<産業

らい :興せなくはないけど、現状だとちとつらい、ってとこですかねぇ(今だからこそ、っていうのもありそうですが

小野青空 :うーん、バイオエタノールみたいな燃料を作れないかなーと、思っていたんですがね

よんた :バイオ燃料はねえ・・・

よんた :いいんですけど・・・

よんた :リアル考えると怖いという

よんた :たとえば、イモから燃料つくれるとしますわな

槙 昌福 :かもします。

よんた :で、国の主食がおコメとします

よんた :バイオ燃料につかえるってことでイモの価値が上がります

ヒロキ :もやしもんファンとみた。さておき、はい>コメ

よんた :すると農家さんもできればもうかるほうがいいですから

よんた :イモ増産しだすと・・・

ヒロキ :「コメ食えねえー!」みたいな?

よんた :コメ作るよりワリいいですから

らい :今、リアルで起きてることですからねぇ・・・

槙 昌福 :副産物というか、廃棄物(脱穀後の屑それこそ鶏糞とかも含めてですね)からの生産は無理でしょうか?

よんた :まあそんなわけで

小野青空 :それなんですが、買取制限を行うと言う手は駄目ですか?

よんた :ん~

よんた :メタン使うってのもありますけど

よんた :で、買取制限したらしたで

よんた :作ったイモすてるだけになるんで

よんた :リアル牛乳のごとく

よんた :あまりよろしくない

らい :廃棄物は、原料の定量確保難しいんでお勧めしない。(いつぞやの再生紙はがき騒動みたいなの

小野青空 :農作物生産の指導も必要ですか…

小野青空 :農作物の価格安定になるかと思ったんです

よんた :それやるくらいなら

かくた@よんた藩国 :難しい問題ですね>農業政策

よんた :食品そのものに付加価値つけたほうがいいかと

らい :社会主義なら問題なさそうなんだけどね<指定

ヒロキ :(保守)

よんた :いま喫茶店できたりしてますけど

ヒロキ :無農薬有機栽培とかですか?>付加価値


らい :姐さんと話してたんですが、うちで作る食料で付加価値つけるなら「安くてうまい」なんじゃないの? と。

よんた :帝國の食料自体が安いので

槙 昌福 :定食屋のような

よんた :(共和国の外食産業は帝國の食料でなりたってます

よんた :外食産業”だけ”なら共和国を侵食できているのですよ

らい :外食産業ー

ヒロキ :と、24時こえた。ごめんなさい、僕はこの辺りで失礼します(仕事ががが)

支那実@沙倉 霞 :お疲れ様ですー

小野青空 :おつかれさまですー

らい :あ、お疲れ様ですー(思ったより長引いてごめんね~

ヒロキ :http://rimorobo.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/cbbs4/cbbs.cgi?mode=one&namber=2669&type=2634&space=15&no=0 (とりあえずここまでまとめ。あと誰かお願いします)

かくた@よんた藩国 :はい、おつかっれさまでございました>ヒロキさん

支那実@沙倉 霞 :お仕事がんばってー

よんた :おつかれさまでした~

ヒロキ :(あ、そうだ。最後に真砂さんとのツーショット絵の掲載許可ください)>かくたさん

言 成@よんた藩国 :おつかれさまでした。



小野青空 :私もよく槙さんと話し合わなければならないことがあったんですが、

小野青空 :そろそろ限界が

槙 昌福 :んじゃ。あしたー

らい :遅くまですみません、お疲れ様です。>青空さんん

かくた@よんた藩国 :ええ、OKですよ、もちろん(w>ヒロキさん どうぞー

小野青空 :いえ、ここで話したかった内容は残しておきます。

ヒロキ :わあい、ありがとうございます>OK  許可も出たのでこの辺りでー(皆様お疲れ様です)

小野青空 :林檎と苺と、赤いものばかりは何故に?>槙さん



 ヒロキ が会話から退席しました。



槙 昌福 :イチゴは僕の範囲外だよぅ(よそみする

槙 昌福 :りんごは赤いよね(うえをみる

らい :というか、大体の方針はこれで大丈夫そうかな。

槙 昌福 :スイカが夏出ることを期待

らい :つ 【トマト ニンジン テングダケ】

小野青空 :……追加でBBSにアップしたURLに画像がありますので、チェック宜しくお願いします

margo :(ただいまー

槙 昌福 :ソーマってテングタケから出来てるらしいぜ

らい :おかえりなさいー

支那実@沙倉 霞 :おかえりなさい

小野青空 :おかえりなさい、入れ替わりでお休みなさい



 小野青空 が会話から退席しました。



かくた@よんた藩国 :おかえりなさい>margoさん

槙 昌福 :ぐっない

槙 昌福 :お帰りなさいまし(膝を付く

言 成@よんた藩国 :おかえりなさいませ。

すいませんが、僕も限界ですので、おちます。お疲れ様でした。おやすみなさいませ

支那実@沙倉 霞 :お疲れ様でしたー

らい :では、今日の話とキノウツンさんの政策をもとに、政策関係は進めます。

らい :おつかれさまでしたー

margo :おつかれさまでしたー



 言 成@よんた藩国 が会話から退席しました。



槙 昌福 :おつかれさまでさうす

らい :何かあれば、報告入れます。

で、もし妙案なんかありましたらBBSとか直接とかで連絡をください。