よんた藩国 知類の権利憲章


この文章は、よんた藩国内における全ての知類が持つ最低限の権利及び義務を記したものである。


1.知類の定義

よんた藩国における知類とは、以下にあげる条件に少なくとも一つは当てはまる存在のことを指す。
なお、身体の有無や構成物質の種類は一切問わない

  • 人の言葉を話す、または理解する
  • 他種族に対して意思を伝える手段を持つ


2.知類の持つ権利

知類は「よんた藩国 人の権利憲章」に書かれたすべての権利と義務を有する。
ただしこれは強制ではなく、それぞれの知類の総意であると判断される場合、慣習上の理由により権利の拒否は認められる。
#稲知類の生存する権利と食べられる権利のような事例を想定しています。