「祭りの中のエトセトラ」

side A-1~メード戦線異状無し~


避けられぬ運命ならば、享受し楽しむより他にない

そうは思わないかね、諸君?

               祭り当日のかくた



桜の開花宣言がなされ、祭りの準備が着々と進むよんた藩国。

国全体が祭り前特有の、どこか熱に浮かされたような活気に包まれる中
ただでさえ悪い目つきを、さらに険悪にして馴染みのバーで飲んだくれる裕樹。

ただ、目つきの悪さに加えて、何かを吹っ切ったような、それとも諦めたというべきか。

まぁ、そんな自嘲的というかヤケクソな感じで口元を歪ませて飲む姿は、
周囲のふわふわとした空気とは明らかに異質で
時折、発作的に空中の一点を凝視したまま低く笑う姿は、
哀愁を音速で通り越してもはや怪しくすらあった。

「ックックックッ、足が、寒ぃぜ・・・」

そう言い、両眼からルールーと涙を流す。

彼の両足を十数年守ってきた、掛け替えの無い大切なモノ達を失った事による
圧倒的な喪失感は、彼の心身を確実に蝕みつつあった。

余談だが臨床心理学によれば、何かしらの深いショックを受けた場合人の心は

宣告→絶望→拒絶→取引→受容→希望 というプロセスを辿ると言われる。

今の彼は受容の前段階に相当するだろう。


(カランカラ~ン

「いらっしゃいませ、槙様」

「こんばんわー、いやぁ外は凄い騒ぎですよね。
あれ?裕樹さん来てらっしゃったんですね」

その言葉に、ギギギッと音を立てて首だけを入り口に向ける裕樹。

尋常でない様子の裕樹を見て?マークを浮かべる槙。

(旅は道ずれ世は情け・・・たとえ行き先地獄でも)ボソリと呟く裕樹。

その眼が怪しく輝く。受容を飛び越え彼なりの希望を見つけたようだ。

それが正常かどうかはともかく。

嫌な予感に一歩下がる槙に破顔して、人のいい笑顔を向ける裕樹。

その夜、槙は裕樹の奢りで前後不覚になるまで飲むことになる。

その際、何かとんでもない約束をした気がするが
不幸にも、あるいは幸運にもと言うべきか
その内容は祭り当日、裕樹の口から語られるまで思い出される事は無かった。


/ * /


祭り当日、暖かな陽光に満たされ、どこまでも続く青空

その空の下、とある控え室の一室には正に今日の青空な気分の男がひとり

そして、今にも泣き出しそうな鉛色の空な気分の男がふたり。

「避けられぬ運命ならば、享受し楽しむより他にない、そうは思わないかね?諸君」

鉛色な2人に、鏡越しにメイクしながら聞くかくた。どうでもいいが、やけに手馴れてる。

「かっこいい台詞のはずなのに、なんでこんなに説得力ないんでしょうね?」
棒読みで言う槙(メード・縞ニーソ)

「せやな・・・外見って偉大やな・・・」
棒読みで返す裕樹(メード・黒ガーター)

「ハッハッハ、そんなに露骨に喜んでくれなくてもいいぞぅ」
嬉々として返すかくた(メード・白ニーソ)

「・・・この方って、かくたさんって何時もこんな感じなんですか?」

「いや、何でも以前の戦争が原因でこうなったらしぃで。
今でもメード服を着ると戦闘モードになって人格変わるそうや」

「コレも戦争後遺症なんでしょうかねぇ」

「なんか、元からな気もするけどな」しみじみと語るふたり。

メークを終え、振り返るかくた。違和感無いのが逆に怖い。

「さぁ、諸君。準備は完了だ。この服を着たからには、もうここは戦場だと思いたまえ。
今年のご主人様の数は約2万4千だそうだ。周辺各国からも観光客が来ているからな。
我:ご主人様の戦力比は1:8000、諸君らには一人頭8000を押さえてもらいたい」

そこで言葉を区切り、ニィと笑うかくた。

「と、言いたい所だが、半分の12000は桜娘部隊に任せる事になっている。
喜びたまえ、我々は三人一組で残りを押さえればいいのだ。
なお、本作戦は国としての重大任務。
メードとしての規則に反した者は即軍法会議だから気を付けろ」

「ねぇ、裕樹さん」

「なんや」

「この人埋めて逃げたら怒られますかね?」

「・・・銃殺されるやろうなぁ、一応史族やし」

「そこ、私語は慎め!いいか、先ずは基本からだ。
ご主人様を見つけたら笑顔でこう言うのだ
『よんた藩国へようこそ、ご主人様!』ハイ、復唱!」

「「よ、よんた藩国へようこそ、ご、ご主人様!」」

もうヤケクソなふたり。

「うむ、よろしい。大変によろしい。」満足そうに頷くかくた。

「ねぇ、裕樹さん」

「なんや」

「ホントに埋めちゃだめですかね?」

「・・・頼む。今聞くな、その誘惑に耐えられる自信が無い」

「何をコソコソ話している!まだまだこれからだぞ、次はこうだ
『お飲みものなどいかがでしょうか?』ハイ、復唱!」


桜祭り開始まであと2時間。

はたして、祭り開始まで二人の心は持つのか?

そして、それを影から見守る謎の影とは!?





                                    sideB-1へつづく


(文:槙 昌福)

※転載の際に、文章の改行位置を変更しています。