※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウラ設定(?)

公式にある設定を見つけたらとりあえず書いちゃおうのページ。
何かの創作活動に使えるかも(笑)

多分永久未実装(ぇー

アコライト一次職クエスト その後の会話


「・・・様、ゲオルグの呪いについて何かご存知ではありませんか?」
「ゲオルグは、我等が国王、トリスタン3世の先祖だったかと。それ以上は知りません。」
「ゲオルグには、実は呪いがかけられていたらしいのです。」
「呪い?」
「はい。ルーン・ミッドガッツ王国の建国時に、どうしてかは知りませんが、ヨルムンガンドから呪いを受けたそうです。」
「ヨルムンガンド……ミッドガルドを一飲みにできるほど巨大な蛇ですね。いったい、どんな呪いを?」
「その呪いとは、王家の第1子は、必ず成人できずに死んでしまうということらしいのです。」
「!!!! そのような……それでは、今まで第1王子や王女が亡くなっていたのは、呪いのせいだと?」
「王家にそのような秘密があるとは、私も知りませんでした。確かにこれは一大事です。」
「まさか、王宮で…… 第1王子が亡くなられたのですか?」
「いいえ。亡くなられたのは第2王子だそうです。」
「何?!」
「声をお抑えください……」
「……事故ですか?」
「まだ正確な原因は判っておりません。王宮側では、私たちプロンテラ教区の力を借り、ヨルムンガンドの呪いを解く依頼をしたい意向だそうです。」
「ヨルムンガンドの呪い……果して、我等の力で可能なのでしょうか?」
「私にも判りません…… 今度の仕事は、あまりにも巨大で…… 最悪の場合、我等にもかなりの被害が出るかもしれません。」
「教区はどうするつもりなのでしょう?」
「老練な神父達は、もうかなりのお年です。現在活動中の聖職者を対象に調査を進めているようです。」
「そうですね……」
「王族および王国の維持にとって重要な事ゆえ、慎重に事を進めることになりそうです。 私はまた、王国側の監視を続けなければなりません。」
「他に何かわかり次第、お知らせいたします。ただし、事をもみ消す様子が見られましたので、少々時間が掛かるかもしれません。」
「……お願いいたします。」
「ああ、天よ。我等の神聖なるルーン・ミッドガッツの未来から邪悪な雲を取り除きたまえ……」

生体MOBバックストーリー

イグニゼム=セニア(MVP)

冒険者の間で誉れ高かった女性ソードマン。
レッケンベル社に関する秘密を暴露するべく直接研究所に踏み込んだが
結局戻ることはできず生体工学研究所に縛られた寃魂になってしまった

上位生体MOBバックストーリー

セイレン=ウィンザー

生前はルーンミッドガッツ王国の有名な騎士だったが他人をかばって
喧嘩をしたことから生体実験の被験体になった。
生きているときはいつも真っ向勝負を好んでいたためか、
現在の複製された彼の実験体も彼が生きていた頃の性格が反映されている。

セシル=ディモン

臆病で自然を愛する少女だったが、生体実験以後はその面影が残らず
冷酷なハンターとしての役目を忠実にこなすようになった実験体。
極稀に相手に弓を引くのを躊躇う姿が見られる時があるといわれるが、
事実かどうか確認する術はない。

カトリーヌ=ケイロン

魔法の才能が抜群だったため超短期間でウィザードとなったカトリーヌは
その才能ゆえにレゲンシュルムの生体研究の対象になったという。
才能はあるものの経験がなかったためか、他の実験体のように効率的に
戦うことがうまくできないようだ。


マーガリッタ=ソリン

布教と修行のためにリヒタルゼンに向けて旅立ったが、
その後に行方不明となったおてんばハイプリーストと名前が同じ実験体。
人間のマーガレッタ=ソリンはおもしろいことを好み、読書や家事などは
退屈に感じて疎かにしていたそうだ。

このキャラはアコライトの一次職クエストでも垣間見ることが出来る。

エレメス=ガイル

誰よりも速く攻撃できるようになりたかったアサシン。
より速い攻撃という誘惑に負けて生体実験の被験体になる。
生前は酒と博打に浸っていたといわれている。


ハワード=アルトアイゼン

伝説の武器を製造することができる体にしてくれるという
誘いに乗って生体実験の被験体になった鍛冶屋。
有名な鍛冶屋の弟子に入り、武器の製造と研究に人生の全てを捧げていたという。
武器の製造以外の事には興味を感じることができない
骨の髄まで鍛冶屋な人生だったと伝えられている。


その他

堕ちた大神官ヒバム

興味本位でヴェルゼブブを召喚し堕ち果てた「名もなき島」の修道院の大神官。
トリスタン3世を拿捕、監督する為に隔離地として名もなき島の修道院に派遣された。
地下書庫にあった血に塗れた魔術書を解読するうちにのめり込み結果ヴェルゼブブを召喚した。
ちなみにこの召喚書を解読したのは余りにも暇だからその暇つぶしだという。研究記録参照。
本体はもちろん人型だが後ろの幽霊はヴェルゼブブの瘴気が呼んだ邪念体らしい。
修道院2F、右下の自室付近に出現するがよくテレポして外出している。


小ネタ

エリザ

名前の由来は、最初期の会話ボット(人工無脳)の「ELIZA」からだと思われる。
参考: ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ELIZA


ドッペルゲンガー

実装当初は表示のバグで「ドッフルギャンガフフフフフフフフ」という悲惨な名前だった。


ヴェルゼブブ

大昔にアブラカタブラで召喚でき、その時のヴェルゼブブは今のヴェルゼブブよりさらに強かった
がしかし、数多くのバグを孕んでた為、結果として未実装となりアブラカタブラのボス召喚が削除された。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|