※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

「皆様、本日はお忙しい中ようこそいらっしゃいました。
ただいまより、ロストール復興団主催のパーティーを始めさせていただきます」
ロストール貴族街の一画に位置する旧レムオン邸。
現在はロストール復興団の拠点となっているそこで、復興団主催によるパーティーが行われようとしていた。
無論、慢性的な資金難にある現状ではパーティーなど開けないと反対する者も少なくなかったが、
少しでも復興団と市民とのふれ合いの場を作りたいという
復興団リーダーのアトレイアの説得にあっては彼らも受け入れざるを得なかった。
参加者は貴族のみならず、様々な階層の人々。
これも市民皆でロストールを復興させていこうという彼女の方針を示すためのものであった。
「式典に先立ちまして、私アトレイアより皆様へご報告がございます」
ざわついていた会場がその一言で静まり返る。
「現在の我がロストールは相次ぐ戦乱や魔物の跳梁により、
国力は疲弊しており、皆様の生活にも大変な影響が出ていることと思います。
その現状を打破するため私アトレイアはロストール復興団の長に就任することとなりました。
大変微力ではありますが、私もロストール復興に向け全身全霊で取り組んでいきますので、
皆様の温かいご支援をお願いいたします」
そう言ってアトレイアが居並ぶ参列者に頭を下げると、参列者からは万雷の拍手が送られる。
「アトレイア様万歳!」
「ロストール王国万歳!」
そういった声があちこちで上がる。
「皆様、ありがとうございます。
しかし、大変お恥ずかしい話なのですが、現在の私たちロストール復興団には活動資金が不足しています。
そこで本日は皆様にお願いがあるのです」
頬を軽く上気させたアトレイアは少しうつむきがちにそう語ると、言葉を切った。
先ほどまで盛り上がっていた参列者たちも、心なしかうつむき加減である。
何せ皆一様に現在の生活すら厳しい状態である。
復興団への寄付を求められても軽々しく頷くことはできないというのが参列者たちの本意でもあった。
「もちろん私としましても皆様方の事情が厳しいことも存じております。
ですから私共も無償で寄付を、というわけにはいかないと思っています。
そこで…」
いったん言葉を切る。
そして何か思い切ったような表情を見せた後、ロストールの王女はこう言った。
「寄付を頂く代わりに……私たちの体を…皆様にお使いいただきたいと、思います…」
そういい終えるや否や、アトレイアは自らのドレスをたくし上げる。
「どうぞ…ご覧ください…」


予想外の出来事に、というよりも王女が大勢の人々の前で
自らのドレスをたくし上げるという目の前のまさに異常な事態に、
会場の参列者たちは誰一人声を上げることができなかった。
いや、それ以上に、この美貌の姫がたくし上げたドレスの下には下着ははかれておらず、
むき出しの秘所が晒されていていたばかりか、
彼女の女としての秘所、そして菊門はそれぞれ太さにして10cmはあろうかという
極太の張り型を根本までずっぽりとくわえ込んでいたのである。
その光景の異様さに、そしてあまりの淫靡さに誰もが息を呑んだ。
「わ、私たち復興団は……国民の皆様のためにこの身を捧げて働くことが責務です。
ですから私アトレイアは皆様の肉便器として…この身を、このおまんこを、
一生に渡って捧げて生きることを、誓います」
アトレイアはそう壇上で語ると、いまだ呆然としている聴衆を尻目に、
自らの性器を自身の手でもってくぱぁっと広げて示した。
「み、皆様、アトレイアのおまんこを…
お願いします、肉便器のおまんこを、使ってください…
私……もう疼いて我慢できません……」
その言葉が最後の一押しになった。
目の前の異常な事態に面食らっていた参列者であったが、
事ここに及んでは他に取るべき選択肢などあろうはずもなかった。
先ほどまで称え崇めていた姫に、獣欲に目を血走らせた男たちが我先にと群がっていく。
その様子はさながら、獲物に群がる獣のようであった。
「うふふ…あわてなくても、これから先アトレイアは死ぬまで肉便器として
ご奉仕いたしますから…」
「しゃべってないでこっちも、こっちも頼みますよ!」
自慢の長髪を引っ張られ、強引に肉棒を口に含まされる。
「ふぐっっ! んっ…、んちゅ、ちゅぱ…んぢゅゅぅぅ♪」
前後の穴や口では男たちの肉棒を根本までずっぽりと飲み込み、
余った肉棒は美しいその両の手でしごき上げる。
だがそれだけで捌ききれるはずもなく、行き場を失ってはちきれんばかりに膨らんだ数え切れぬほどの怒張が
アトレイアの決して大きいというわけではないが均整の取れた乳房を、
さらさらと流れるような長い髪を、誰もが憧れた透き通るような肌を犯していく。
それは恋人たちの愛を確かめるためのセックスとは程遠い、自身の肉欲のみを追及する暴力的な陵辱劇。
だがその中心にいるアトレイアはそうした男たちの陵辱を嬉々として受け入れ、
むしろアトレイア自身もさらなる快感を求めるかのように激しく腰を振っていた。


周りを見回すと、復興団の他のメンバーたちも同様に、参列者の嬲りものとなっていた。
もっとも、こうなることを知らなかった彼女たちにとってこの状況は地獄絵図以外の何物でもなかった。


「てめえ、ずっと前から滅茶苦茶に犯したかったんだよ! この裏切り者が!」
「いやぁ! 抜いて! 抜いてぇ!
え、ちょ……何する気…!? ま、前に2本なんて無理っ…
ひぎいぃぃっ!! あが……はっ…、い、痛いっ、痛いぃぃ!」
ロストール出身ながら敵の副将としてロストールを攻めたアイリーンは
その恨みをぶつけるかのような苛烈な責めにその身を晒されていた。
「やめて、お願い、動かないでぇ! 裂けちゃう……っ!」
だが、獣欲と復讐心にとりつかれた男たちにその言葉が届くはずもない。
「女の癖に騎士になろうだなんて生意気なんだよ!
てめえみたいな雌豚は尻振って男でも誘ってりゃいいんだよ!」
「くぅぅ……っ…」
かつて自分が命を懸けて守ってきたロストールの平民たちに犯されながら容赦ない罵声を浴びせられ、
屈辱感と絶望にアイリーンの目にじわりと涙が浮かぶ。
しかしこのような状況にあってさえ、体は少しでも痛みを和らげようと盛んに愛液を分泌する。
それが、この上なく惨めで、悔しかった。
「くっ、さすがにきついぜ。
そろそろ中に出してやるからたっぷり味わいな!」
「っっ! いやぁ、中はやめて、お願いそれだけは許して!」
「くおおっ、また締まりがよくなりやがった。くっ、出すぞっ!」
「あぁ……―――、う…嘘でしょ……い、いや…いやぁあああ!」
必死の哀願も抵抗も空しく二人分の精液が膣内に注ぎ込まれ、アイリーンの綺麗なピンク色の秘所を汚していく。
だがアイリーンに悲しみにくれる暇などありはしない。
「うっ…えぐっ……いやぁ……」
「おら、大好きな精液くれてやるからしっかり飲み干せよ」
「んんんんんっ!? んぐっ……んぐんんっ……ごくんっ、ごくんっ…」
いやいやと頭を振るが、屈強な男たちの手で頭を押さえつけられては身動き一つとれない。
濃縮したような精液の臭いに吐きそうになりながらも、涙を流して懸命に白濁液を飲み下していく。
そんなアイリーンに欲情した男たちから精液シャワーが降り注ぎ、
アイリーンの顔といわず体といわず真っ白に染め上げていった。
「嫌…もう許して……助けて……」
今は亡き幼馴染の名前を口にしながら、アイリーンの意識は彼方へと飛んでいった。


「おい、姉ちゃんよぉ。
リルビーの妹が犯されたくなけりゃぁどうすりゃいいかわかるよなぁ」
「うっ…ぐすっ、お姉ちゃぁあん」
竜字将軍、そして大陸最高の剣士でもあるミネルヴァも、
妹であり旅の相棒でもあるルルアンタを人質に取られては為す術ない。
「お願い、私は何でもするから! ルルにだけは手を出さないで!」
「おいおい、それが人に物を頼む態度かぁ?
そっちがそういう態度ならまぁしょうがねえよなぁ」
「…くっ」
唇を噛むと吐き出すように屈辱の言葉を紡ぐ。
「わ、私は…皆様の、肉便器です…
そ、そんな子供じゃなくて…ど、どうか私で…私のア、アソコで
性欲処理…して…く、ください…。お、お願いします…」
そういって自ら四つん這いの体勢になると、扇情的に桃尻を高く突き上げる。
「早く…し、して…」
「あん? 聞こえねえなぁ」
「…っ!」
普段であれば竜さえも威圧するミネルヴァの眼光も、雌犬ポーズを取りながらでは滑稽でしかない。
憎憎しげに睨み付けるミネルヴァの姿を男たちはニヤニヤと笑いながら眺めていた。
「こんなクソ女放っておいてさっさとあのガキヤっちまおうぜ」
「ま、待って! わかった! わかったから!
……お願い、私の……お、おまんこ、犯して…
おまんこも、おっぱいも、ケツの…穴も、全部滅茶苦茶にして!
雌犬ミネルヴァのおまんこに太いちんぽぶち込んで、私をぐちゃぐちゃにして下さい!!」
羞恥心も忘れて思いつく限りの卑猥な言葉を叫び、少しでも男たちの欲情を自分に向けようと腰を振り股を開く。
「そこまで誘われちゃしょうがねえなあ」
「お前冒険者なんかより売女でもやったらいいんじゃねえか?」
男たちは聞こえよがしにそう言うと、愛撫もなしに彼女の柔肉を蹂躙してくる。
「く…うあぁっ…」
「おっと、油断してるうちに刃向かわれちゃ困るからな、こいつを着けさせてもらうぜ?」
そう言って男が取り出したのは通常のものより二回りは大きな脱力の腕輪。身体機能を極端に低下させる代物だ。
「こいつをお前さんの首に巻けば晴れて本物の雌犬になれるってわけだ。嬉しいだろ?」
「くっ…」
男たちの卑猥な言葉を受けて屈辱にふるふると身を震わせるものの、
ルルアンタを人質に取られては刃向かうことなど出来るはずもなく無抵抗なままのミネルヴァに首輪が巻きつけられていく。
かすかな反撃の芽さえ摘み取られたミネルヴァの顔に、遂に完全なる絶望の色が浮かんだ。
「あははは! 聡き風のミネルヴァもこうなりゃただの雌犬だな!」
「くぅっ…」
ルルアンタを人質に取られ、逆転のチャンスをも奪われ、
もはやミネルヴァには文字通り身も心も抵抗する力は残されていなかった。
「いや…お願い、もう許して…」
普段は気丈なこの娘の口から吐かれた許しを乞う言葉は、だがもちろん聞き入れられることはなく、
かえって男たちの獣欲を駆り立てるだけでしかなかった。


「いっ、いやぁ、こんなのぉぉ」
こちらでは赤い首輪をつけられ、三角木馬に乗せられた女がその長い黒髪を振り乱して喘いでいる。
木馬にあてられた彼女の蜜壷からはもはや隠すことのできぬ程の大量の白濁液が滴り落ちていた。
「おい見ろよ、こいつ感じてるぜ」
「違えねえ、こんなによだれ垂らして乳首もギンギンにおったててよぉ!」
「帝国の玄武将軍様が嬲られて喜ぶ変態マゾだったとは驚きだなあ、おい!」
男たちは手近にいるアトレイアの侍従たちを犯しながら黒髪の女――かつての帝国将軍ザギヴの痴態を嘲笑う。
「ったく、とんでもねえ変態将軍だぜ」
「いやぁぁ、言わないで、見ないで、見ないでぇ!」
ぷしゃぁぁぁぁ。
「あ、あぁ……おしっこ出ちゃった、おしっこ出ちゃった……」
「うお、こいつ小便出しやがった」
「しょうがねえな、このスカトロ女は。
おい、自分で出したもんくらい自分で掃除しろよ」
男たちはいまだ呆然としているザギヴを引きずりおろすと、愛液と小便で汚れた木馬に顔を押し付ける。
「きゃぁっ、やっ、やぁぁっ!」
「ほら! 早く掃除しろよこのエロ年増!」
「んああっ、くっ、んっ……れろ…んちゅっ、んっ」
涙を流しながら舌を伸ばし、自らの体から出た液体を再び体内へ取り込んでいく。
その惨めさと嫌悪感の前に吐き気すら催すが、それすら許されず舐め続ける。
「んっ、くちゅっ、ずりゅりゅるるぅぅ……」
「おいおい…ほんとに飲んでるよ…」
「こんな変態が敵の将軍だったとは笑っちまうぜ」
男たちの呆れた様な、汚いものでも見るかの様な蔑みの視線が全身に突き刺さる。
だがザギヴは、その視線を浴びるごとに、より体が欲情していくのを確かに感じていた。
「あぁ…私、もう…」
誇り高き帝国玄武将軍ザギヴ。
だが尽きることない陵辱の前にその誇りももはや地に堕ち、精神は深淵に沈んでいった。


一時はミネルヴァのおかげで助かったかに見えたルルアンタも、部屋の隅に追い詰められていた。
もっともミネルヴァがどうしようと男たちはルルアンタを解放する気などさらさらなかったのだが。
「うっ…ぐすっ、うぅっ…いやぁ、来ないでぇ……」
「へへっ、泣いたって助けはこないよ、お嬢ちゃん?
なんせ今お姉ちゃんは大好きなちんぽを食べるのに夢中だからねえ」
「俺はあんたみたいなリルビーの娘を無理矢理犯すのが大の好みでね。
ひぃひぃ言わせてやるから覚悟しな!」
「きゃぁぁぁああ!」
そして何も知らぬうら若きこの妹がその純潔を汚されるその向かいで、
四つん這いのミネルヴァが泣きながら前後の穴を男たちの肉棒に蹂躙されていた。
「ううっ…ルル、ごめんね……ルル…許して」
「へっ、ほら、お前の可愛い妹が犯されるのをこの目でよーく見てな」
無理やり目を開けられ、妹でもあり、旅の相棒でもあった
ルルアンタが見知らぬ男たちに犯されていく様をまざまざと見せ付けられる。
「いや…ルル、父さん…」
普段なら絶対負けないのに、そう思うと、親友と信じたアトレイアに裏切られ
最愛の妹が、そして自分自身が見知らぬ男たちに嬲り者にされているという状況に涙が止まらなかった。


「はぁんっ…はぁああっ! ちんぽ、きもちひっ、きもちいいぃっっ!!
おちんぽ、久しぶりのおちんぽいいぃぃっ!」
しかしやはりこのパーティーの主役、そしてメインディッシュはアトレイアだった。
その美貌は最も多くの男たちを引き付け、その蜜壷は最も多くの精液を搾り取っていく。
「んあああっ、イクっ! アトレイアまたイキますっ! アトレイアイキますぅぅっっ!!」
欲望が吐き出されると同時にアトレイアもこの日5度目となる絶頂を迎え、
股間からは愛液とも精液ともつかぬ白濁液がどろりと流れ出る。
力を失ったアトレイアの体はその白濁の水溜りの中にぐったりと倒れこんだ。
「はぁ、はぁ…気持ち…良かったです…」
「おや、アトレイア様はもう満足なさったんですか? まだまだこれからですよ?」
「あぁ、おちんぽ…おちんぽがいっぱい……
もっと、もっとぉ…アトレイアのおまんこぉ、いっぱいえぐってくださいませ…」
もはやそこには王国の姫としての威厳や美しさは欠片もなく、
理性を失い、ただ性欲に衝き動かされるだけの雌が一匹いるだけ。
「ハハッ、アトレイア様はとんだちんぽ狂いですね」
「んうぅ……ふぁい、最近はお仕事に追われて…
おちんぽを恵んでいただけることがなかったので体が疼いて…」
そういっている間にも、休む間もなく入れ替わり立ち代わり男たちがアトレイアに侵入していく。
「んっ、あっ、アトレイア様…」
「あはっ♪ 便器の使い心地はいかがですか?」
「気っ、気持ちいいです…」
「あはぁん…感じていらっしゃるのですね。
私ような肉便器の薄汚いおまんこで感じていただけるなんて…アトレイアも嬉しいです…きゃはっ!?」
肉棒を受け入れて快楽にトロけきった表情のアトレイアが突如嬌声を上げる。
「ふふふ、変態姫様はこちらの穴もばっちりですね…」
「あひゃんっ、ケツ穴ほじられてるぅ……♪」
「うっ、さすがに…きついっ…くっ、イク……っ!」
「どうぞっ、精液ください、変態奴隷のアトレイアのおまんこに精液たくさんぶっかけてください!!」
「うおおぉっ……搾り取られるっ……」
「こっちもっ、たっぷり精液ぶち込んであげますよっ…!」
「あぁぁ……精液がいっぱい私のなかにぃ…ふぁぁ…♪」
二穴刺しで締まりが一段と良くなったのか、姫を犯しているという異常な状況に興奮したのか、
早くも限界に達した二本の肉棒から精液が体内に放たれた。
同時に周囲から精液がアトレイアめがけて飛び散り、全身を白く染め上げていく。
「うふぅ…精液の臭いがいっぱい……♪
もっと精液かけてぇ、アトレイアを精液の臭いのする雌にしてください…
ああ、精液こぼれちゃう。もったいない…」
すっかり快楽の虜となった顔で誰にともなくつぶやくと、
蜜壷からどろりと床にこぼれ落ちた精液を愛おしそうにその舌で舐め取っていく。
「んぷっ、んぢゅうぅ…じゅりゅうるるるぅ、はぁ…精液…おいひぃれす…うふふ…」
美貌の姫が多くの男たちの肉棒をその身に自ら導き入れ、床に這いつくばって精液を求めるその様は、
この世のものとは思えぬほどに倒錯的であり、淫靡であった。


男たちがその欲望を吐き出し、狂乱の宴も一段落ついたとき、
アトレイアを中心に一堂に集められた女たちが壇上に上げられた。
泣き崩れる者、呆然と虚空を見つめる者、更なる快楽を求めて身をよじる者、快楽の虜となり自慰にふけり出す者、
皆一様に顔も髪も精液で汚され、蜜壷からとめどなく流れ出る白濁液は瞬く間に床に水溜りを作っていく。
その様相に再び男たちが尽きることなき獣欲を再びたぎらせ始めた時、アトレイアが口を開いた。
「皆様…本日は私共肉便器をご利用いただきありがとうございました。
明日からも皆様の性欲処理のための公衆便所として精一杯働かせていただきますので、
どうか、ロストール復興団をよろしくお願いいたします」


「クスクス、僕の調教がこんなところで役に立つとはね」
町外れのスラムで、妖しげな雰囲気をもった少年がクスりと笑う。
「まったく、お主の悪趣味には付き合いきれぬわ」
「ちょっと待ってよ。
僕は町の人たちの望みを叶えてあげただけさ。
毎日悶々と性欲を持て余すなんて可哀相だろう?」
「フン、僕には関係のないことだ」
「ま、そう言うなって。
これであのお方の復活への障害が減ったわけだし。
それにその時までの暇つぶしくらいには楽しめそうじゃないか」
口の端をにやりとゆがめてそう言ったダークエルフの言葉に応えるように、
貴族街からは終わることのない狂宴の歌が聞こえてきていた…