※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

シャリ「フフ。[女主人公]、君を迎えに来たよ。なにって、君のためのパーティさ!
さあ僕の贈り物。フフ、君の願いはわかっているよ。
愛する男に、犯されたいって!! それ、叶えてあげるよ!!
フフフ アハハハハハハ!!
首を振る[女主人公]。腕が、後退る娘の体を後ろから抱きとめた。
「兄様、セラ…。」
ロイ「心配するな。兄がついている。気持ち良くしてやる。わたしが嘘をついたことがあったか?」
セラ「お前は俺が認めた唯一の女だ。俺がしたい。それだけだ。貴様の意志は関係ない。」
横から腕が伸びてきて顎を掴まれ、唇を奪われる。
レムオン「俺はけして、お前を離さない。」
ゼネテス「よう、[女主人公]。ちょっくら、やろうぜ。なーに、心配するな。
イタいのは最初だけだ。そのイタみに正面から向きあえ、受けとめる事のできる奴が本当のイイ女だと思うぜ?」
チャカ「姉ちゃん!俺の姉ちゃん!」
たくさんの手が[女主人公]の体に群れ、殺到した。


強引に服を剥ぎとられ剥かれ、尻を乳房をねぶられ。乳首は吸われ噛まれ、フトモモをナメられる。
一度に、秘部と後ろと口を犯される。
強く鈍い痛みに悲鳴を上げるが、男のモノをくわえたままではくぐもった呻き声しかでない。
イヤイヤと涙を流して首を振るが、誰の耳にも届かないのか
愛撫する指も手も舌も唇も、ひとつとして止むことはない。
レルラ・ロントン「キレイだよ![女主人公]!とっても淫らで厭らしい!ぐちょぐちょだ!
ほら、ココもピンクでテラテラ光ってるよ。アソコもとてもキレイな色だよ!」
エスト「ああ、イイよ…。やっぱり君は、僕がこんな人だったらいいなって、思った通りの人だった。」
白面に不似合いな淫靡な赤い舌が、肌をナメクジのように這う。
痛みは既に麻痺し、かわりにじわじわと異様な刺激が襲ってくる。これが性の快楽というものなのか。
なおも次から次へと、差し入れられ体内に侵入してくる男根。それぞれのピストン、ストローク、その刺激に混濁する意識。


「あああああああっっっ…!!!」
頂点に気絶をしかける[女主人公]に、容赦なくナッジが水をぶっかけた。
ナッジ「ごめんね。綺麗にしたら、気持ち良くさせてあげるからね。
お爺ちゃんに教えてもらったんだ。コーンスは数が少ないから、たくさん子供をつくらなきゃいけないって。」
シャローム「さあ腰を振れ、余の忠実なる下僕。」
エルファス「僕は姉を失った。同じだけのモノを僕は手に入れていいはずだ。」
ツェラシェル「あんたにやるよ。俺の命の残り火、残り香。
他愛無いモノだが、受け取れ、[女主人公]。」
白濁した液体が体内でぶちまけられた。
ザハク「すべては徒労。汝の感じる快楽も痛みも、所詮は徒労…。」
もう何度イったのかも、わからない…。 なのに尻を振りねだる。アソコが新たなイチモツをくわえこむ。
オルファウス「ふふ。おねだりですか? [女主人公]、しょうがないですねぇ。残さず飲むんですよ?」
口の中のソレを、うっとりと嚥下する[女主人公]。

 

幾つもの男性器に貫かれ、這いつくばる娘を見下ろし、
ベルゼーヴァは服を着たままで彼女に向けて白濁する体液をぶちまけた。
ベルゼーヴァ「無限のソウル…受け取れ。お前が望んだ精液(もの)だ。」
ヴァン「おい!まだだ!まだやれるだろ! 俺達の熱い情熱はこんなもんじゃ終わらないだろう!なあ!」

ネメア「終わらせはせぬ。私に挑むまでは。」
レーグ「……(うなずく)。」


シャリ「どう? 108の煩悩。腐女子の妄想をその身に受けた感想は? 
あまりに一度にイっちゃったから壊れちゃったかな?
君の願いだったんだろ? 愛する男たちにぐちゃぐちゃに犯されたいって?
フフフ アハハハハハハハ! 満足でしょ?
アハハハハハハ…」
シャリは愉快気に、くるりと一回転。

まだ凌辱は終わらない。いや、[女主人公]は快楽に愉悦の表情を浮かべてすらいる。
果てしない快楽と、愛する男たちのモノと、精液の匂いに酔っている…。
終わらない、終わらない、終わらない、終わらない…。


シャリ「僕もほしいの? しょうがないなあ。それ、ヤっちゃお。じゃあねーん♪」

 

Fin