※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 


 音をたてながら廊下を走ってきたユーリスが、レイルースが寝ている部屋に飛び込んできた。
彼女はにやっと笑い、後ろ手で鍵をかけると、おもむろに寝台に近寄っていった。
「レイルース!起きて。良い物ごちそうしてあげるから。」
「…なんだよ、まだ陽も出てねぇぞ…。」
「これ飲んで、お願い!」
ねぼけまなこをこすりながら、コップにそそがれた無色の液体を、ぐいっとやる。
水のようだが、喉越しになんともいえない生臭さがあった。
「ごちそう…って、これがか?」
「そう。私が考案した新しい魔法薬。」
「なに~~~~~~~~~~~~~~~っ!俺を殺す気かっ。」
「えっ?えっと…た、たぶん、大丈夫。
そんなに細かいことにこだわってちゃダメよ。
ほら、とりあえず即効性の毒はないとわかったわけだし。」
「な~にが『たぶん、大丈夫』だ!」
レイルースは芥子をなめたような強面で、頭を抱えた。
かぜをひいた友人にマヒ薬を飲ましたり、新しい魔法の実験で魔道アカデミーの校舎を半壊させた、
ユーリス印の新薬をうっかり飲むなど、自殺行為もいいところだ。
だが、ユーリスとつるみながらも、出来る限り身辺を平和に保つには、
一歩ゆずる事が重要なため、とっさにそのクセが出てしまったのだ!
ああ、なんという無情!
この一歩ゆずる精神が、彼をむりやり人生の墓場にひったてていこうとは。――
「これはね。ハヤスの葉とかヤンバイ草とかを煮込んで作ってみた、安価で強力な魔力回復薬なの。
これを売り出して、儲けて、アカデミーに復帰しよっかなー、なんて。」
「馬鹿になる葉っぱと、幻覚をみる草と、最凶の女魔道士ユーリスか、ドリームコラボレーションだな。勘弁しろ。」
ユーリスの話を聞いているうちに、薬が体全体に染み渡ってくるのをレイルースは感じた。
それとともに徐々に頭の中が白い光で満たされていく。
すると突然視界がまっくらになり、レイルースの意識はそこで完全にトンでしまった。


 薬を熱心に自画自賛していたユーリスは、
ふと胸や腰、そして太腿にからみつくような視線に気がついた。
演説をやめて、視線を辿ってみると、金槌頭で普段ニコリともしないレイルースの顔が、
狐つきが落ちたように、キョトンとなっていたのである。
そればかりか、ユーリスと目が合うと、にたぁと好色そうに笑ったのだ。
目じりをさげて、よだれをながさんばかり、といったほうが正確な表情であった。
「ああ、また大失敗しちゃった…?ひょっとしてばっくれた方がいいかも。」
「ユーリス。お前さぁ。淡雪みたいに白くて、みずみずしくて、細いけど出るトコは出てて…よく見れば、なんつーかさ、スキそうな身体をしてるよなぁ。」
「……………。」
「……………。」
沈黙。明らかにヤバい。
「レイルース様……さようなら!」
「まぁ、待て。」
扉めがけて逃げ出そうとしたユーリスが、足首をひっつかまれて床にひっくり返った。
そのユーリスをゆっくりと寝台の上へ引きずりこみながら、
「いただきます!」
「あぁぁ~ん。私かなりカッコわるいかも~!」
全身に妖気をまとわせ、レイルースは舌なめずりしながらユーリスのおとがいに指をかけ、
乱暴に唇を重ねて唾液を流しこんだ。
唾液には例の薬が多分に混ざっているようで、生臭いものにユーリスの口腔が犯されていく。

 徐々にユーリスの目がトロンとなって、力が抜けてきたのを見ると、
レイルースはその両腕を寝台の脚に縛り付けて、磔にしてしまった。
そして仰向けのユーリスの着衣を下着ごとびりびりと引き裂いた。
スカートまで破り捨てると、小振りだが形のいい乳房がこぼれ、
かわいらしいドロワーズも、レイルースの前にあらわになった。
レイルースは弛緩しきった笑みを浮かべ、馬乗りになると、まずは縛られた腕を握り、揉んだ。細い手首から肘、二の腕、脇と、たっぷりと少女の柔肌を蹂躙しながら下っていく。
肩を撫であげ、うなじをさする。小さな刺激を与えながら乳房へ目標を移していった。
ユーリスの身をくねせながらの切なげな吐息に、レイルースは喉をごくりと鳴らしながら、
すぐに乳首をいじるような真似はせず、じっくりとその乳暈に指をやった。
かすかにこね、堪能する。
きれいな突起はみるみる固くなってきた、指の間から飛び出した小さな乳首を音を立ててついばむ。
男の指が蠢くたび、手のひらの下でふくらみが刻一刻と形を変えていく。
ユーリスが目がうるませ、喘ぎを漏らしながら顔を上向いた。
雪白の裸形はさくら色に染まり、火のように熱くなっていた。
しばらく乳房を揉みしだき弄んで遊んでいたが、ユーリスの身体に火がついたのを見計らって、
白いかぼちゃパンツに手をかけ、力任せに膝までひきおろした。
無駄な贅肉のない下腹部を撫で回すと、そこは充分に潤っていた。
ほっそりとした白い肉の谷間に、一輪の淫花が花開いている。
ぬめらかな花びらが収斂するところでは、膣口が物欲しげにひくついていた。
レイルースはユーリスの太腿を抱えて、秘裂の眺めを愉しみながら、
全身をまさぐり至る所にキスの雨を降らせ、さらなる愛撫を加えていった。


 つけねと下着の間に体を入れ足首を肩に担いだ。
腿のあたりにかぼちゃが絡まり、白いオーバーニーソックスに包まれたユーリスの両足も、
軽く拘束されているような感じだ。
ユーリスは消えいるように言った。
「私をごちそうするなんて…言ってなかったのに…。」
「じゃあ、ここでやめていいか?」
「…してください…
(訳:もしかして、玉のこし成功かも☆)」
滑る花芯に、男根を何度か擦りつけて焦らすと、挿入を開始した。
折り曲げられたユーリスへ、ほぼ垂直にレイルースの劣情が突き刺さる。
殆ど抵抗もなく、レイルースの剛直はユーリスの中に埋没していく。
ユーリスの中はねっとりとしていて、柔らかく包み込みながらも、強い締め付けを感じさせている。
引き抜こうとすると、絞り上げてくる。
たまらずレイルースは、奥へ奥へと杭を打ちつけるかのように、激しく剛直をねじりこんだ。
「ああ、凄い。こ、壊れちゃう。もう、だめっだめっ!壊されちゃう…だめ。だめ…!
(訳:ある意味大成功かも!ぜったい売れるわ。私だめになっちゃう♪)」
腰を大きく動かされるたびに、ユーリスは大きな喘ぎ声をあげ、泣きながら面を左右に降りだした。
自らも腰を振って、更なる快感を得ようとする。
息も絶え絶えに許しを乞うが、レイルースは逆に動きの激しさを強めた。
レイルースに限界が訪れた。
解き放たれると、熱い白濁液はいっぺんに、ユーリスの中へ注がれて行った。
同時に肉襞で野太い男根を喰いしめながら、
ひときわ大きな絶叫に近い声を部屋いっぱい響かせ、ユーリスも恥も外聞も無くなまめいた。
「あん、あぁっ、あぁぁぁぁぁっ!
(訳:あ~~っ、もう、ウハウハですっ!)」

 ――朝。
爽やかな光が、窓から差し込んでいる。
その気持ちいい光を受けながら、唖然、暗然、慄然たるレイルースが外を眺めていた。
レイルースは、風に漂う柔らかい雲の上にフワフワのっているのような、
甘美な心地がして目を覚ました。
だが、いざ意識を取り戻せば、既に快楽に溺れきって寝息をたてているユーリスの、
乳房に顔をうめながら腰をカクカク浮動させ、交わっていたのである!
その驚愕たるや、歴戦の勇であるレイルースが、我を忘れる程だった。
そして、ばっと飛びのいてあたりを見れば、
鍵がしまった扉、縛られたユーリスと散らかるびりびりに破かれた服やら下着である。
「一歩をゆずることは百歩をゆずることだと、ボンガさんが言ってたけど、ほんとなんだなぁ。」
人事のように呟きながら、呆けたように窓から外を眺める無限のソウルの背には、
深い深い人生の憂愁が漂っていた。