藤山的各人考察


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藤山的各人考察(09/10/03)


  • 下田
圧倒的なまでの援護能力で相方を空気にする程度の能力を持つ。
正確な着地取り、安定したクロス、ゲームをひっくり返す覚醒と3拍子揃った強者。
どのコストベルトにも持ち機体を持ち、常時安定した性能を引き出す。正直、下田宮崎ペアには勝てる気がしない。
ここだけのはなし。「カットー」と言って本当にカットしてくれる猛者NO1、「高コスト」は囮という単語
はここから生まれた。指揮官用ゲイツでストフリと指揮官用ディンの片追いから逃げ切るという天才的な
ブースト管理能力を持ち、「死なないモード」という新しい覚醒システム持っている。俺も欲しい。
下田が敵の場合、きっちり連携して勝負しないと勝利は遠い。「片追いすれば勝てる」ことを俺に教えてくれた人。
まとめると、「下田に死角なくない?」ということ。
余談ではあるが、彼だけが私の「後衛」を評価してくれているということだ。
いつもお金貸してくれてありがとーございますwww

  • 宮崎
全てにおいて第一人者。俺は彼に引きずり込まれたものが色々ある。
ガンダムにおいては最強の地位をゆるぎないものとする男、個人技、連携能力どちらもトップクラス。
前衛での突破力はダントツ、後衛での援護もアリとまさに死角なし。
ただし、事故多し、前ステにBRが引っ掛かったり、BDにBRが引っ掛かったり、というか主に前進することで
ダメをもらう、彼のブリッツのミラコロ事故はもはや愛嬌。
下田「宮崎ブリッツはマスコット」とまで言わせるほどのネタキャラ。
(最近、事故が少なくなって、ますます宮崎が強キャラになってしまった。)
しかし、先落ちした相手をつけ狙い、覚醒>攻め継続で事故で奪われたアドを取り返す猛者。
宮崎に取り付かれたら即死とまで思わせるほどの攻めっぷり。
典型的なまでに攻めに強く、守り(逃げ)に弱い人
むしろ、わざと被弾して覚醒と溜めているのかもしれない……。サロンとのW不知火は「ドラのターン」を
しまくれば勝てるパーティ、でも、はまらなければ瞬殺されるという。
「カットー」と言って本当にカットに来る猛者NO2。そしていろんな情報を持ってる人
とりあえず、宮崎に聞けば全部答えてくれるんじゃないかな^p^
片追い技術ではダントツのNO1、ガンダムは2on2のゲームであることを体現した立ち回りをする男。
Sストライクは君のものです
ここだけの話、実は宮崎の姉は美人であるということだ!
宮崎本人は「ねーよwww」と言ってるが身内フィルターが掛かっているのは言うまでもない。
要検証


  • さろん
生粋のニュータイプ、そしてRO厨。彼の情熱はとどまることを知らない。
個人技は圧倒的にトップ、連携能力は中堅、ストBZの時はよくクロスしてくれる。
でも、味方にも当たるBZ。俺の重要な被ダメ源です><
高3の夏休みにおける「ギガに種復活事変」による第二次成長期において、連携能力での成長が
あまり見られなかった人。不遇。でも個人技は健在。ドラグーンの使い方とサーチ変え格闘で華麗に
1on2をこなす猛者。それゆえに、相方には常に負担がかかる。クロスのやりにくさは群を抜いている。
カットは普通にしてくれる。
「ギガに種復活事変」前は、圧倒的なまでの個人技(主にシラヌイ)で我々を封殺してきたが、やはり、
「ガンダムは2on2」の通り、個人技<連携なのが現実である。よって、最近では不調に悩まされている。
お願いサロン、一緒に戦おうよ
しかし、その強力な個人技で敵の攻撃を巧みにかわすブースト管理能力を持ち、着地取りを耐え抜く力を持つ
故に事故は少ない。覚醒カットに来た敵僚機を逆に餌食にするニュータイプ能力に誰もが苦しめられる。
2009年10月に入り、サロンの不知火が覚醒したという報告を当局は受けた。
それを身をもって検証してきた結果(下D申し訳ない)「ゴリ押しN格闘」
という技術により、サロヌイが火を噴いた。ここに、新たな伝説が誕生した。

  • 山田
特殊能力のムラッ気と人気者を取得しているSSHの矢部一族。愛のあるイジリを受けるキャラとして定評がある。
ガンダムでは「ムラッ気」の通り、ハマれば強い、ハマらなくてもある程度。
ガンダムノートで勝率が20%切ったらやめるという抱負を持っている。
彼の立ち回りに関して言えることはまず、「ステ厨であること」
これが議題に上る。すでに我々の見解として山田=ステ厨はもはや定義に等しい。
ステ厨に関しては賛否両論あるが、
魔王「萎える」と提言なされたことにより、評価は悪いものとなっている。
ただ、ステップの終わり際にダメージを受けるなどの事故も起こることから、一概に悪いとは言えない。戦いが進みにくいのは確かだが^p^
調子や機体にもよるが、調子のいい状態だと高い連携能力を発揮する。
一時、「カットー」と言ってほぼ確実にカットに来ていた神、あのときの彼は、下田を越えていた。
さらに、空間認識能力の高さはサロン、宮崎に次いで高い。カオス使用時はポッドを巧みに使いこなし、
4on1を体現することも。しかし、負けるときはドツボにはまったかのように死んでいく。
ターンが作れないと切り返すことが難しい人。
勝利後に俺TUEEEEEEEE!になる山田モードを持っている。


  • 魔王梶原
世界の覇者。全ては彼の手のひらの中。現在はSSHのラスボス担当。
後衛としての信頼は高い。時たま、高コストを使うこともある。その時の能力は未知数、
基本的な個人技、連携能力の高さから、安定したプレーヤーの一人、(宮崎、山田は事故の多さゆえに)
使う機体が割と固定化されている。そのため、戦術が組み立てやすい。
しかし、戦闘中に何らかの要因で魔王に「萎え」が発生した時、
立ち回りがおざなりになり、ネタ行動、もしくは虐殺をおこなうことが多い。
この「萎え」モードが発動した状態で負けた時、非常に危険である。
一つの疑問があるのだが、我々、附属@ガンダムのおいて、彼は基本的に誰とでも安定した能力を発揮するのだが、
なぜか「下田と組むと勝利できない」ということがある。彼ら本人たちもその原因はよくわかっていないらしい。
これから先に研究が期待される。要検証



  • 笹口
下田、宮崎に次ぐクロス上位プレイヤー、そしてケツをふけ。
経験の少なさをものともしない援護能力で相方を助ける。
個人的なのは俺の愛機がフリーダムなのに対し、笹口はデュエルであるということ
「カットー」って言って本当にカットに来る猛者NO3ただ、経験の少なさゆえに個人技ではちょっと見劣りする。
これからに期待される人材。やっていなかったにも関わらず、能力が上がっている笹口


  • 山垣内初
附属@ガンダムのイケメン。なんでもできるひと。
一時期、引退していたが、「ギガに種復活事変」により復帰、しかし、まだ使用したコイン数は少ない。
実戦経験は圧倒的に少ないが、勝率は高い。短時間の間に会得した、着地取りとクロス技術は、
もはや我々と同じレベルの脅威である。
しかし、やはり経験の少なさ故か、回避能力、覚醒等の個人技では少し見劣りする。
笹口と同様に、これからに期待される。
センターまであと約100日というこの時期にAddressUpdaterに「うどんゲー」さんの名前が刻まれていることが多い。
彼はいつ勉強しているのだろう…、恐ろしくてかなわん…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。