※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

toto Quiz


KQKの例会において2009年度に計7回行われたクイズの形式。
まず、出題者は事前に各会員に3つのテーマを提示し(「赤」や「黒」など)会員はそのテーマが答えか問題文に入るように問題を作ってくる。
当日はその問題をランダムに出題し、そして

①早押しで正解した場合は正解者が1ポイント獲得。
 なお誤答は2問休みになる。
②その後、解答者全員が「誰がこの問題が作ったか」を予想し紙に書く。
③予想が当たった場合は、早押しも正解している場合⇒早押しと合計で3ポイント、予想が当たったのみは1ポイント。予想は外れても誤答罰はなし。
④他の解答者を欺くために「1回だけ自分の問題でボタンを押して正解しても」良い事とする。しかしその場合もポイントは入らないので注意。

このクイズでは、各人の問題に見られる問題のクセ(長さや振り方、テーマ選択など)を見極める力が重要となる。また、問題作成の負担が少ない、また問題作成の訓練にもなる等の長所があり、企画者を選ばず行うことができる企画でもある。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|