鈴仙


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

vs優曇華

  • 中の人性能が高い傾向にある。ワンパでは通用しないことがよくわかる相手。
  • 何気に近Aが発生7Fと同じなので注意。低空めくりJ2Aは慣れるまで我慢しよう。弦月斬で反撃も出来るがリスクを考えて決める。
  • DAとJAの判定はなかなかのもの。できれば空中では上をとりたい
  • DAは対空などにも使える程の判定なので肘特攻はほどほどに
  • 前回避結界で後ろに回られることもある

(基本的な優曇華対策)
対優曇華で気を付ける事は
①立ち回りにおけるDA
②固め時の安定結界ポイント
③Sうどんパンチによる起き攻め
この3つに気をつけるだけで、対策をしていなかった時と比べて信じられないくらい楽になる

まず①に関して
優曇華の基本行動であるDAは空中ガード不可で、優曇華の耳程度まで攻撃判定があるため、
優曇華に近い状態で迂闊にジャンプはしないように。DAで狩られてしまう。
次に、DA>エクスが優曇華の基本行動となっているが、連ガ構成ではないためエクスのモーションを
見てからグレイズをして反撃が出来る。
ただし、相手も対策されていることがわかるとDA>A連としてグレイズを狩ろうとしてくる、ここからは
読み合いのレベル。
他にはしゃがみガードをすると、ガードミスで相手との距離が離れるため一方的に拒否ることが出来る
ver1.02の時は、DAされたら即回避結界という方法も有効だったが、割れた霊球が回復しにくくなった
ことから、あまり良い選択肢とは言えないかも知れない。

次に②に関して
優曇華は結界狩りに使える打撃必殺技を持っていない。
これから6A、3A、DA、(J2A)が安定結界ポイントとなる。
これを固め時に振られたら即回避結界をしよう。
J2Aに括弧をつけたのは、低空で当たった場合、着地からのAで結界を狩られることが多いためである。
なので、J2Aを振られた場合は当たった高度に意識して、妖夢の頭辺りに当たったときのみ結界をしよう。
※Bも安定結界ポイントと言われてるが、自分は確認してないので誰か確認後修正よろしく

最後に③に関して
一番簡単な対策は「画面端で移動起き上がりをしないこと」
これをするだけでSうどんパンチは封殺出来る。
相手に画面端の固めを許すことになるが、②の固めに関する対策を取ってる人にとっては優曇華の固めなど
恐れるに値しない。
積極的にSうどんパンチを打ち破りたい人は、移動起き上がり後4方向(自キャラ左側の場合)のガードで防げる。
ガードをした後はA連で反撃出来ることが多いので、フルコンのチャンスである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。