※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ29】パチンコ会社の別業種立ち上げに関わった人

このページのタグ: ギャンブル 怪しいお仕事


423 :おさかなくわえた名無しさん:2007/10/15(月) 18:53:36 ID:TD8dhMQh
    パチ屋の話を。
   10年チョット前パチ屋の経営する別業種を立ち上げるとき働いた。
    いわゆる事務所には一般従業員みだりに入れなかったが、
   幹部扱いで出入りできたんで、中の人の生活が見られたし、従業員同士では
   話せない話など聞かせてもらった。
    ヒラルキーがあって 社長>息子連中>釘師(部長と呼ばれる)>主任等>社員>バイト
   主任以下は現金にさわれないなど決まりがあった。
    釘師は数人いて売り上げ出玉を管理しているが、ノウハウは各自秘密にしていた。
    データを操作し、辻褄を合わせ、大量の現金を抜く釘師。(色んな対策費にし、残りは多分ポケットに)
    フィリピン人の愛人に異常に出る台を毎日打たせてる釘師。(派手にやりすぎバレ何処かに連れて行かれた)
    パチスロの出し方を知っていて、昼間他所の店で毎月五十万以上小遣いを稼いでる釘師。
   
    社長の腹心の釘師から、社長はダンボールに現金を押し込んで、船に乗せて故郷の国に持っていくんだよ
   なんて聞かされたが、当時は、何バカな事言ってるんだ、コイツ ボーダーには税関やイミグレあるんだから
   そんな事ありえねえと思ってたよ。