屋根と道路を白く塗る条例で、15%のCo2削減 > コメントログ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 屋根と道路を白く塗る条例で、15%のCo2削減
    「地球温暖化を単純な手段で防止する方法がある。それは、世界の道路と建物を白くすることだ。」に大いに感銘を受けました。

    当方は、窓ガラスから入る日差しを、裏面は黒地、表面を白地下した自己粘着性パンチングシートにより遮光し、且つ室内から①パンチングを通して外観を透視できる素材の基本PAT.を保持し、現在、ブラインドステッカーとして、更に一定の印刷を加え、店舗ウインドのデコレーションや車後部ウインド用に販売しております。(当方url http://cgi3.osk.3web.ne.jp/~pitack/ 参照)
    従前より、素材そのままで、②日よけ用としての耐候性(屋外貼りでも8年、屋内貼りで10年以上持久力・保持力があり現在も進行中)をテストし、成果を挙げております。

    ③白地の為、外光を約75%遮光し室温を下げ、④穴以外のシート面はUVを99%カットし、⑤室内側は黒地の為、冬季は室温を逃がさず保温効果があり、しかも⑥ガラス飛散防止効果を持ち⑦、自己粘着性により、一切の溶剤系糊を使用せずに、水貼りで素人でも簡単に脱着できる一石七鳥のシートです。

    この画期的PAT.シートを如何に世の中に広め、地球温暖化防止のお役に立てる事ができるか、さらには大量生産し如何にコストを安価にできるのかに、現在苦慮しておりますので
    よき知恵をお貸し下さい。
    -- (ヒロ クリエイティヴ 代表者) 2009-09-26 11:04:14
  • 気温が上がって、水が蒸発して(気化熱)雲ができれば(白)何にもしなくても平衡しないのかの -- (名無しさん) 2012-01-04 11:46:44
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|