※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

外回り営業マンが注目すべきインターネットFaxのポイント

営業マンが注目すべきインターネットFax

外回りの多い営業マンは、外出先でFaxを確認しなければならない場面が多くあります。
今までは毎回会社へ電話しFaxを確認してもらっていましたが、インターネットFaxがあればそんな必要もなくなります。
今回は営業マンの顧客対応スピードをアップするインターネットFaxのポイント4つご紹介いたします。

スマホでFaxが使えること

スマホでFax

外回りの多い営業マンに最も重要なポイントは、スマートフォンでFaxが使えることです。
インターネットFaxを使っていればメールを確認するのと同じ感覚で、電車やタクシーの中で急な用件のFaxを確認し返信することができるようになります。

Fax確認のために会社へ電話をかける手間も無くなり、迅速なお客様対応が可能になります。
スマートフォンでFaxを使う方法

Fax料金が安いこと

Fax料金

外出中にコンビニからFaxを送り、領収書が面倒で自腹で支払った経験はありませんか?少額だから気にせずに支払う方がほとんどだと思いますが、こういう事が積もりに積もると結構な金額になってしまいます。
その点、インターネットFaxは月に1回領収書を出すだけなのでとっても簡単。
コンビニのFax送信は1枚50円程度なので、20枚で1000円になってしまいます。
もし毎月20枚以上のFaxをコンビニから送っている方は、自腹でもインターネットFaxを始めた方がお得ですよ!
インターネットFax料金ランキング

市外局番のあるFax番号が使えること

Fax番号

ビジネスにおいて、Fax番号が自社所在地の市外局番と同じかどうかは非常に大切です。もし大阪の会社なのに東京03のFaxを使っていたらおかしいですよね?

インターネットFaxによっては全国各都市の市外局番を利用できるサービスもありますので、自社に合ったFax番号を取引先へお知らせする事ができます。
裏技として、現在の会社のFax番号をインターネットFaxで利用することも可能です。
今のFAX番号をそのまま使う

Faxの同報送信ができること

Fax同報送信

営業マンはセミナーの案内や製品のお知らせを一斉に送信する時があります。
複合機から一斉送信しようとすると大変時間がかかりますし、誤送信のミスも起こりやすいです。
そんな時、インターネットFaxならば簡単に複数の宛先へFax同報送信が行えます。
パソコンで作ったチラシデータをそのままFaxできるのも本当に便利です。

最も営業マンに適しているインターネットFaxは?

今回ご紹介したポイントについて、各インターネットFaxサービスの対応状況をまとめました。
最もポイントを満たしているサービスは『eFax』、または都内近郊限定で『jFax』でした。
eFaxは月150枚の無料の送信枚数と全国57都市の市外局番に対応している点が、jFaxは月額料金の安さと月50枚の無料送信枚数が好評です。

表をご参考に、自分に合ったサービスを探してみてください。

サービス名 eFax
eFax

eFaxサイト
jFax
jFax

jFaxサイト
MOVFAX
MOVFAX

movfaxサイト
Message+
Message+

Message+サイト
スマホアプリ iPhone
Android
X X iPhone
Android
月額料金
送信料金
1500円
月150枚無料
990円
月50枚無料
980円
10円/枚
950円
15円/枚
Fax番号 03,06など
57都市の
市外局番
03 050 050
同報送信 50宛先 50宛先 10宛先 50宛先

 →インターネットFAXサービス&価格比較Wikiトップページ