京都観光データベース@ wiki

声明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

声明(聲明)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ほか


概略
声明 (しょうみょう)は、日本の伝統音楽のひとつで、仏典に節をつけ儀礼に用いられる宗教音楽である。仏、菩薩、神々を賛美する歌曲として、僧侶によって詠われる。旧字体では 聲明 と書き、梵唄(ぼんばい)・梵匿(ぼんのく)とも呼ばれる。平安時代初期には最澄空海がそれぞれ声明を伝えて、天台?声明・真言?声明の基となった。声明を唱えることは修行として重視され、大原?で盛んに行われたため大原?が声明の聖地となった。なお声明は日本の歌曲の原点として、今様や平家琵琶、謡曲、浄瑠璃、小唄、長唄、民謡など他の分野に影響を与えた。

天台声明
天台?声明は最澄が伝えたものが基礎となり、独自の展開をした。最澄以後は円仁や安然が興隆させた。声明は比叡山において師資相承されてきたが、9代目寂源上人が長和元年(1012)に声明専門道場として大原?勝林院?を開いた。また良忍は天仁2年(1109)大原?来迎院?を建立し、山号を中国の声明発祥の地にちなみ魚山(ぎょざん)とした。やがて来迎院?勝林院?の2ヵ寺が大原?流の魚山声明の道場として知られるようになった。融通念仏宗?浄土宗?浄土真宗?の声明は、天台?声明の系統である。

真言声明
真言?声明は空海が伝えたものが基礎となり、現在に至っている。 声明が体系化されてきたのは真雅以降である。寛朝はなかでも中興の祖と呼ばれ、声明の作曲・整備につとめた。鎌倉時代までは多くの流派があったが、覚性法親王により四派(本相応院流・新相応院流・醍醐流・中川大進流)にまとめられた。しかし古義真言宗?の声明は江戸時代にかけて衰微・廃絶し、本相応院流・新相応院流・醍醐流は明治中期ごろまでには廃絶した。現在では、智山声明(智積院)、豊山声明(長谷寺)、南山進流(高野山と京都の古義真言宗?寺院)に分別される。


そうだ 京都、行こう。


更新履歴
取得中です。

@wiki