※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ30】工学部の男子学生

このページのタグ: 学校・学生時代


734 :おさかなくわえた名無しさん:2007/12/01(土) 20:12:52 ID:77xd/RSG
   >717

   地方の三流国立(いわゆる県名=大学名)の、卒業生の話でよければ。
   校内試験=大学の定期試験という解釈で、いいですかね。

   大学の定期試験は、夏と年度末の2回でした。教授・講義によっては、
   他に小試験みたいな事をやる場合もありましたが。
   基本的に1〜2年生の間は一般教養科目中心で、2年後半以降に専門
   科目の講義・試験が多くなります。
   ただし基礎的な専門科目は1年生から始まる学校が多いですし、この
   時期に勉強しておかないと、後で泣きをみます。
   生物系学科だから、物理・数学はそんなに必要ない。そういって基礎科目
   を疎かにしていた後輩がいましたが、3年以降は苦労していました。
   そういう意味で数学・物理・英語は、受験科目でなくても高校段階からしっ
   かりやっておいた方が、後々楽です。

   女子学生数の傾向は、機械・電子・応用物理・金属系 ≪ 情報・化学・生物系でした。
   機械工学科なんて、女子学生は数年に1人でしたね。

   授業の厳しさは、講義する教官や講義内容によって随分バラつきます。大体、教育
   熱心な教授ほど授業内容が高度で、厳しかったですね。その分、講義で身に付く事も
   多かったですし。そういう教授の研究室は、就職も大抵良かったです。
   あと工学系では実験授業が必修ですが、大学・科目によっては大分キツイみたいです。
   私の大学・学科では、あまり辛くなかったですが。

   上で書いた様に、教官・講義内容によって厳しさはバラバラです。だから実験の様な
   必修科目は別ですが、それ以外の選択科目ですと。単位を取りやすい科目を選ぶ
   学生が、多いです。
   けど「○○を研究したい」というような意思を持っている学生ですと、難易度を無視して、
   役にたつ・たたないで講義を選んだりしていました。
   そういう学生は大抵成績が良かったですし、そのまま大学院に進学していたりしましたね。