TBSのコンプライアンスを問うWiki お詫びのつもり?

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007/04/18 番組内での弁解

2007年4月18日、朝ズバにてお詫びのようなコメントがありました。
謝罪なのでしょうか、言い訳なのでしょうか、居直り強盗なのでしょうか。
検証しましょう。

  • 朝ズバッ! 謝罪というより弁解 捏造は否定 [2007/04/18]

6月8日21時31分配信 時事通信TBSの不二家めぐる報道、「放送倫理検証委」が『朝ズバッ!』の審理入り決定~NHKニュースと資料映像  4月18日分もあり(05:27あたりから)
洒落:(TV)(TBS捏造疑惑)(不二家) みのもんたの朝ズバッ! 20070418 [0638-0644] (TBS) みのもんた「厳しい事言ったが頑張って」TBS「捏造はない」.flv 15,161,709 8441c460f8b981b298c1a34f21800a2b746f53bb
}


以下、便所の落書きより転載の怒れる有志によるテキスト化です。



「おことわり」採録

ではここで、おことわりです。

1月22日に、「賞味期限切れのチョコレートを再利用していた」という元従業員の証言をお伝えしましたが、その中で3点、「誤解をまねきかねない」表現がありました。

まず「工場から出荷されたチョコレートが、小売店から再び工場にもどる」と放送した点 については、証言者が伝え聞いた話を引用したものであり、事実であるという確証を得たものではありませんでした。

また証言者が不二家に勤務していたのは、10年以上前のことでしたが、最近のことと誤解されかねないような表現でした。

さらに「チョコレートと牛乳を混ぜ合わせた」という表現で、牛乳と断定した点は正確性を欠いていました。

この3点についてお詫びいたします。
ただTBSでは、証言者について法律家が面談するなどの調査を致しましたが、やらせや 捏造に類する疑いはないとの報告を受けております。

これに加えて一月の一連の不二家の報道で、行き過ぎた表現またコメントがいくつかあった点もあわせてお詫び申し上げます。



動画前半 以下すべてみの発言

もー愛着もありまして、まーそういう気持ちの現れのひとつもあって大変厳しいことを言ったんですが、起死回生、こんどは新生(?)になって、やっとですね、え、お店に並ぶようになったと…。
頑張って下さいよぉ〜、私だってペコちゃんポコちゃん世代ですから応援したいよね。
洋菓子がぁ3月23日に販売再開しました。工場も心機一転キレイになって、工場の人も言ってましたよね。
もう掃除徹底的にやってキレイにあsjh(?) 今度はコレです、昨日から、ね、昨日大手のコンビニで販売再開ということで、ね〜従業員の方なんか僕ぅ家族の方の気持ちを思うとね、私が厳しいこと言われてがっくりしてる方がいるんじゃないかと思いますけど、これからはね、新生になった不二家ということで、
私もどんどん応援させて頂きますから、ね!、頑張ってもらいたいとおもいます、ま〜月並みな言葉ですけど雨降って地固まるなんて言いますけどもね、コレを機にやっぱり戦後日本のね、子供たちを支えてきて
ペコちゃん、ね、頑張ってもらいたいと思います。

(不二家社長のVTR、コンビニ風景、インタビューなど)


(スタジオ、みのミルキーを頬張りながら)だってほんとペコちゃんポコちゃんって僕らが言ってね、ミルキーだってこのおなじみのコレを食べながら育ったんすよ、戦後。ま、頑張って下さいよー。
ね。しかしアレですね、あの〜〜、不祥事が起きた、私なんか言いたいことガンガン言いますけれども、やっぱこうして生まれ変わってくれると嬉しいですよ、僕ぁ。


動画中盤、コメンテーター発言(誰か名前追加よろ)

まあ不二家としてもね、もう二度とね疑いを持たれるような製品を作らないでね、信頼再生をしてほしいなと、そういう感じがしますね。
それからメディアもね、えー、こういう問題が起きると、ま、イッパントン、一般論とするとね、
こう一方的に、こぅ〜、言うところがあるんですけども、僕らもね、やっぱりその、新聞のときに、僕らも岸井さんと一緒ですけども、ある情報があったときには必ず二つ三つ取って、そして確認するだとかね、そういうことを習いましたけども、
そういうことも我々、授戒(?)しなきゃいけないなと、やはりねテレビとかなんかで、
ほらモザイクなんかで顔とかを出さないってほら、あれなんかなんとなく、無くしていくとかね、
そういう努力も必要という気がしますよ。


みの

僕なんかずいぶんね、ああ言い過ぎだなとか思うくらい厳しいこと言ってきたもんですから、余計ね、ほんと今度の再生はね、期待してますよ。ね。
だから不二家に勤めてる方のご家族なんてのは、心中辛かったんだと思います。その点私もヒジョ〜〜に分かります。ね。
え〜〜〜、スタジオのお菓子は全部不二家にしますから(笑)
ぜひ頑張ってもらいたいなと、思いますよね〜。


コメンテーター

キバを持たないジャーナリズムはね、権力に立ち向かえないと、
しかしね、キバがあまり強すぎると、ね、人を傷ちゃうことがあると僕はね、よく言われたんですよ。ま、これはやっぱり今後ね、報道する時考えたほうがいいかなと、いう「気」がしますよね。


動画後半、みの発言

だけどホント戦後60数年、ね〜、ペコちゃんてのは本当に子供の中に溶け込んでましたからね。
うん〜〜〜。ま、従業員の皆さんも頑張って下さいよ(ニヤニヤ)
ね、え〜〜〜〜、さて、柴田さん、ま、ここでちょっと…


アナウンサー(柴田)

ではここで、お断りです。

(フリップを写しつつ)
1月22日に、賞味期限切れのチョコレートを再利用していたという元従業員の証言をお伝えしましたが、その中で3点、誤解を招きかねない表現がありました。

まず、工場から出荷されたチョコレートが小売店から再び工場に戻ると、放送した点については、証言者が伝え聞いた話を引用したものであり、事実であると言う確証を得たものではありませんでした。

また証言者が不二家に勤務していたのは、10年以上前のことでしたが、最近のことと誤解されかねないような表現でした。

さらにチョコレートと牛乳を混ぜ合わせたという表現で、牛乳と断定した点は正確性を欠いていました。

この3点についてお詫びいたします。


(キラキラした海面の爽やかなイメージ画像に切り替わり)
ただTBSでは、証言者について法律家が面談するなどの調査を致しましたが、ヤラセや捏造に類する疑いは無いとの報告を受けております。

(スタジオ、アナウンサー)
これに加えて1月の一連の不二家の放送で、行き過ぎた表現、またコメントがいくつかあった点も、併せてお詫び申しあげます。