NPC > バンホール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#shadowheader

ブライス

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_bryce.gif) 位置 ギルモアお爺さんがおせっかいをすることができる位の距離 職業 バンホール銀行の支店長(と言うけど、名前だけ)
バイト -- 好きな贈り物 ??
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
Bryce 「前に進む事だけが人生の全てじゃなかったと思いますね。」
メイキング 髪:? 目:神秘的な目 口:普通 肌:?
装備 リリナスーツ 薄い革シューズ

雑貨店の近くでバンホールの住民らしくない丁寧な態度で気品が溢れる男を見たことがありますか? 銀行関連の事務を見ているブライスさんです。埃だらけで汗臭いバンホールの男達とは違う雰囲気なので、ここに訪れる人々はみんな驚きます。ブライスさんは元々、イメンマハで銀行担当の業務をしていたのですが、ビジネス上の問題でここにイビーをつれて転勤してきたと噂されています。話すときに彼の顔を横切る憂鬱の影は、病弱な娘のせいなのか、死別した奥さんのせいなのか、それとも田舎に飛ばされた自分に対するあわれさなのか、正確なところはわかりません……。無駄のない仕事さばきで、町の人々の信用を得ているということだけは確かです。倉庫を利用しただけのバンホール支店で、銀行業務をこれほどまでにこなすのは簡単な事ではないでしょう。

時々、彼の悲しみを想うと銀行を利用するのに負担になるかもしれません。しかし、ブライスさんは公私の区別は徹底している人ですから、それほど気を遣わなくてもよさそうです。

  • ふきだし台詞

「そろそろ時間だ。」 「よし、がんばろう!」 「明日は今日よりましだろう…」 「ウム…どこまで計算したっけ?」 「最近は本を読む時間も無いな…」 「目が相当悪くなってしまったのか…」 「がんばって生きていくしかないよな…」 「今日はイビーに何を買ってあげよう…」 「イビーがもうすぐ帰ってくるころだが…」 「ケホッ、いくら何でも、ここは埃が多すぎる」 「それはそうと、イビーはどこにいったんだろう…?」 「ダンバートンからはいつ連絡が来る予定だったかな…」 「ショーンのやつ…イビーをいじめたらただじゃすまさないぞ」

カムガン

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_comgan.gif) 位置 町の入り口の東側 職業 司祭です。こう見えても……。
バイト 狩り (12時) 好きな贈り物 ゼボララム?
改造 -- 修理 --
販売アイテム 生命力ポーション スタミナポーション 包帯 フェニックスの羽根 クエストスクロ−ル(収集/パーティ)
Comgan 「バンホールに聖堂を建てたいです。少しだけお手伝い願えませんでしょうか。」
メイキング 髪:ナチュラル 目:純粋な目 口:微笑む 肌:?
装備 スリムインナーローブウェア コンバットシューズ

よく見れば分かると思いますが……、バンホールの町には聖堂がありません。昔はあったのですが、過去にとある事件のせいで燃えてしまったそうです。カムガンはそんなバンホールに単身で赴任してきた司祭です。……が、やっぱり司祭にしては幼すぎますよね? やっぱり、魂が乾いている人々に神の教えを伝える人なら、すくなくとも人々の人生の傷を理解できるほどの時間を生きてる人でなくてはならないでしょう。

しかし、カムガンをよく知る人々は、彼がバンホールに単身で来たのは、それなりの理由があるといいます。彼は幼い頃から深い信仰心で周囲の人々を感化させ、だれも行きたがらなかったバンホールに一人で行くと志願し、法皇庁の人々を感動させたからです。幼い子供が町の司祭として訪れたのを見て、バンホールの人々が浮かべた失笑さえ、神の祝福と思うほど彼の信心は人一倍深いのです。

もちろん、いつも感謝の気持ちで生きている少年司祭カムガンにも悩み事はあります。今、彼の一番大きな悩みは、ほかならぬ町に聖堂を建てること。ただでさえ神の存在を疑うバンホールの人々を相手にそんなことができるのかということは、遠くイメンマハの大聖堂でも多くの関心を集めています。

  • ふきだし台詞

「…」 「ライミラク様…」 「…私はどうしたら…」 「早く聖堂を建てないと…」 「私に何ができるのでしょうが…」 「人々はなぜ私の話を聞かないのだろう…」 「やはり私の話は同年代にしか通じないのかな…」 「…ライミラク様…私に力をお貸し下さい…あの日のように…」 「やはりプレゼントを売って聖堂を建てるのは…無理だろうなぁ」 「…世の中には目に見えるもの以上に重要なものがたくさんあるのに…」

アイデルン

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_edern.gif) 位置 バンホールの鍛冶屋 職業 鍛冶屋(50年一筋人生)
バイト -- 好きな贈り物 各鉱石、Gold
改造 刀剣 鈍器 遠距離 重鎧 修理 武器 防具 (成功率:98%)
販売アイテム 特殊武器(エンチャント付き)
Edern 「鉄を扱う魂は、本なんかで得られないものじゃ。」
メイキング 髪:? 目:真剣な目 口:? 肌:?
装備 トーク鍛冶屋スーツ ラウンドポリンプレートブーツ 鍛冶屋の金槌

幼い頃から一つの夢を追い続け、自分だけの道を歩み続けた人を見たことがありますか? まだ、そんな人にあったことが無いというなら、そして、そんな人に一回ぐらい会ってみたいと思うなら、バンホールで鍛冶屋をしているアイデルンお爺さんと話をしてみてください。

アイデルンお爺さんは、幼い頃、鉄に魅了され、鍛冶屋の道を歩むことを決心したそうです。長い間鉄を扱ってきたおかげで、新しく作るのはもちろん、修理の腕前も完璧と言えるアイデルンお爺さんは、バンホールだけではなく、他の町でも有名です。遠い町の人々もアイデルンお爺さんの噂を聞いて、バンホールを訪ねてくるほどです。エイリフ王国の多くの鍛冶屋に技術を教えたという話も有名です。しかし……、それだけに自信に満ちプライドが高い人ですから、話すときには注意してください。アイデルンおじいさんと話の途中にほかの事を考え、上の空になると大目玉をくらいます。

  • ふきだし台詞

「フフフ…」 「今日も村は活気があるな」 「何か食べてからやるとするか」 「よし…これが本当の鉄のにおいだ」 「鍛冶屋の仕事をなめてるやつが多いな…」 「おい!そこ!のぞいてないで入って来い!」 「エイレン、母さんはいつ来ると言っていた…?」 「ぶらぶらしてる若いやつが多すぎる…まったく…」 「おい!気が散るから、聞きたいことがあるなら早く聞け!」 「エイレンには早く俺の技術を全て身に付けてもらわないとな…」 「最近の若いやつはつらい仕事はやろうとしないからな…チッ…」 「俺の仕事を助けてくれるまじめな若いやつが一人でもるといいのだが…」

エイレン

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_elen.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/女性衣装/トーク鍛冶屋スーツ/ei.jpg)
位置 バンホールの鍛冶屋 職業 見習い鍛冶屋(とは言うけど、お爺ちゃんに教わったんですよ)
バイト 製錬 (12時) 好きな贈り物 金鎚 各鉱石
改造 刀剣 軽鎧 修理 武器 防具 (成功率:90%)
販売アイテム 武器 防具
Elen 「いらっしゃいませ。ここはバンホール最高の鍛冶屋。」
メイキング 髪:ボリュームポニーテール/ブロンド 目:純粋な目/グリーン 口:微笑む 肌:茶色
装備 バンダナ トーク鍛冶屋スーツ 鍛冶屋の靴 鍛冶屋の金槌

薄黒い皮膚に、流れるようで綺麗な金髪が魅力的な思春期の少女エイレン。バンホールの町の鍛冶屋の近くに行くと、お爺さんを手伝いながら鍛冶屋の見習いとして働いている彼女に会えます。右手に持ったかなづちが彼女のすらっとした体にはちょっと似合わないけど、鍛冶屋としての実力は彼女の歳から考えると結構良く、さらにはどんどん成長しているそうです。

思春期の可愛い女の子たちのほとんどがそうですが、彼女もあれこれいろんな事に興味があります。しかし、アイデルンお爺さんの孫娘らしく町の人々の生活を便利にする道具を作る熱情がその他の事を上回るようです。そのせいでしょうか? おいしい食事や綺麗なアクセサリーに関することより、良い鉄を作るための条件と、綺麗に修理する方法について話すときの彼女の眼は、きらきら輝いて見えるそうです。

今日も光る金髪をなびかながら鉄を叩く彼女を見かけたら、一度くらいはこう声を掛けてあげて下さい。鍛冶屋の仕事をしているときが一番光って見えると。

  • ふきだし台詞

「何かいい事ないかなぁ〜」 「わたしに惚れたのかナ?」 「鍛冶屋の仕事に興味があるの?」 「まだ仕事が残ってるんだよネ〜」 「オジイさんは心配ばかりして…」 「修理より作るほうが楽なんだよネ」 「今日は、ちょっと静かな方かナ…」 「この世にタダなんてアリエナイ!」 「なんかいい感じの男の子がいる…」 「お母さんは娘を完全に放置してるし…」 「オジイさんにだって負けないんだから!」

ギルモア

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_gilmore.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/男性衣装/ベストとズボン/gil.jpg)
位置 バンホール村の雑貨店 職業 雑貨店の主人であり、建物の主
バイト -- 好きな贈り物 Gold、苦い人参
改造 -- 修理 --
販売アイテム 図面 衣装 本
Gilmore 「まったく近頃の若者は……コッホン!」
メイキング 髪:聖職者 目:やさしい目 口:? 肌:?
装備 折りたたみ式メガネ ベストとズボン 薄い革シューズ

鉄鉱で有名な町、バンホール。ここにある一番大きな施設は断然雑貨店! ……しかし、正直ここの雑貨店はおんぼろです。物は少ないし、価格は高いし、買う人への配慮が足りない物の配置だし……。やっぱり、そこにはいつも周囲を回りながら不満が混じった声でブツブツ言っているお爺さんが一人います。しかし、彼に雑貨店に関する不満を言うのはやめた方がよさそうです。彼が雑貨店の主人のギルモアさんですから。

ギルモアさんはバンホールで、長い間雑貨店を経営している方です。なぜか周囲への不満が多く、雑貨店に訪ねてくるお客にも不愉快な顔をそのまま見せるこのおじいさんと話すのは、ちょっと戸惑う経験になるかもしれません。周囲の人もギルモアお爺さんの偏屈さと気まぐれさのせいか、ギルモアお爺さんと話をするのを避けることも多いようです。

ただ一人……ショーンを除いて。 ギルモアお爺さんもなぜかショーンに対しては、態度が和らぐそうです。

  • ふきだし台詞

「買わないんならどけ!」 「安い物ほど使えないもんだ」 「…こっちも必死だからな…」 「他で買えると思うか!?」(普) 「見てろよ…万引きしたやつら…」 「最近はまともな客がいなくて困る…」 「品物はいくらでもある。金さえあれば…」 「俺が気に入らなければ他で買えばいいさ…」 「儲けも少ないってのに…家賃でも値上げするか…」 「買わないやつらに文句は言わせない。誰だそいつは?」(普)

イビー

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_ibbie.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/女性衣装/ロングネックワンピース/ibi.jpg)
位置 バンホールの町の入り口 職業 私……働かなきゃだめなの?
バイト -- 好きな贈り物 ??
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
Ibbie 「イビー……あれが欲しい。」
メイキング 髪:横わけロング 目:澄んだ目 口:普通 肌:?
装備 モンゴ帽子 ロングネックワンピース コレスヒーラーグローブ 革シューズ(女性用)

バンホールに入る町の入り口の一画で、木にもたれている少女。触れると崩れ落ちそうな弱々しい小さな少女。それがイビーです。銀行の仕事をしているブライスさんの一人娘です。イメンマハからお父さんと共に、ここ、バンホールに引っ越してきたそうです。幼い頃にお母さんが亡くなった彼女は、体が弱く貧血になったり、せきをしたりする時があるのですが、その姿があまりにも可憐で弱々しいため、人々に庇護本能を呼び起こさせます。まだ何も知らない子なので、多くの人々を困らせることもありますが、ショーンだけはイビーの味方だそうです。

自分へのショーンの気持ちを知りながらも、知らない振りをしているイビー。でも、それを小さな女の子の悪戯だと思わないでください。イビーは誰かを愛しその人に頼るのは後に悲しい事になるかもしれないということを、ちょっと早くしってしまった子ですから。

  • ふきだし台詞

「……」 「フゥ…」 「…さびしい…」 「…ケホッ、ケホッ」 「…病気だけはイヤ…」 「…友達がいたらな…」 「…太れる人は羨ましい…」 「…あの世ってどんなんだろう…?」 「…ショーンはどこにいるのかな…?」 「面白いものを持ってる人、結構いるのね…」

「・・・ママ・・・」 「・・・パパ・・・」

ジェニファー

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_jenifer.gif) 位置 酒屋 職業 酒屋の主人です。あれ、なんかおかしい?
バイト -- 好きな贈り物 ??
改造 -- 修理 アクセサリー (成功率:98%)
販売アイテム 食べ物 プレゼント クエストスクロール(収集)
Jenifer 「女は男より簡単に泣けるのよ。
それに……自分を泣かせたという事実を、男よりもっと長い間記憶するのよ。」
メイキング 髪:フロントシャギー 目:悲しい目 口:微笑む 肌:?
装備 コレスヒーラードレス 厚底サンダル

岩のなかで鉄鉱と戦う辛い日々の中でも、仕事の後を考えてにっこり笑えるのは、町の酒屋のおかげです。ここは冷えたビールだけじゃなく、美人の女将が町の人々に有名です。女将の名前はジェニファーと言い、他の土地から来た人の中には彼女の着ている服がヒーラーたちの着るドレスだという事に疑問を持つ人もいますが、お酒で人々の心を癒すのが自分の仕事だと、笑いながら話す彼女の前では、そんな指摘も意味がないのを悟ります。さっぱりした外見に魅力的な声で人々の視線を集める彼女は、南の港湾都市の出身だそうです。ある日、この町にふらっと一人でやってきて酒屋を開いたそうです。見ず知らずの土地へ女一人で来て酒屋をしているという事を侮蔑の目で見る人も居るようですが、彼女は気にしていないようです。

  • ふきだし台詞

「あ〜暇だ〜」 「そういえば…」 「ああ…疲れた…」 「リカド〜ちょっと〜?」 「飲みすぎると酔うのに…」 「今日の運勢は…大凶?」(悲) 「なにか仕事があったような…」 「いくら掃除をしてもすぐ汚れる…」 「リカドが酒でも飲めたら良いのに…」 「ああ…信じられないくらい良い天気…」 「雨が降ったら、今日一日休めるのに…」 「リカド?お願いした仕事は終わったの?」 「ダイエットしなきゃいけないのかしら…?」

リカド

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_riocard.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/男性衣装/コレスシーフスーツ/ri.jpg)
位置 ジェニファーのとなり 職業 まぁ……、酒屋のボーイですよ。
バイト -- 好きな贈り物 ??
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
Riocard 「たまには視線をちょっと遠いところにおいて見ない?」
メイキング 髪:優等生 目:暖かい目 口:微笑む 肌:?
装備 ポポキャップ コレスシーフスーツ コレスブーツ

ジェニファーがいくら仕事が上手くても、一人で酒屋の全ての仕事をするのは不可能なことです。そう、ジェニファーもそのことはよく知っています。だからリカドが雇われているのです。

顔に余裕の笑いを浮かべている少年、リカドは酒屋でジェニファーを手伝う仕事をしています。高めに見ても10代後半に見えるリカドが、酒屋で働くことについてあれこれ言う人もいますが、マイペースなリカドは全然気にしてないようです。彼はお酒より、お酒を飲みに来る人々に関心があるからです。特に旅人たちが聞かせてくれる冒険談や、隣町の噂などには時間が過ぎるのも忘れて聞き入るため、ジェニファーに文句を言われることも多いようです。リカドを初めて見る人は、リカドの表情に緊張感がないので気が抜けてるのではないかと言いますが、全く違います。同年代に比べると落ち着きがあり、細かいところによく気が付くのが本当の彼です。そうは見えませんか? でも、ジェニファーがうっかり忘れた勘定、リカドが全部受け取ってるんです。

そんなリカドも、時にはぼんやりとあの空のどこかを見つめていることがあります。もしリカドが遠いところを見ている時には声をかけてください。その視線の向こうに何があるのか……そして、何を考えているのか。

  • ふきだし台詞

「暇なのかな…」 「仕事だからな…」 「これからは何しよう…」 「面白いお話が聞きたい…」 「フゥ…すぐ埃っぽくなるな…」 「ぼーっとするのもたまには良いか…」 「ここで仕事を始めてから結構経つな…」 「汚す人もいれば…片付ける人もいる…」

ショーン

#ref error : ファイルが見つかりません (./npc_sion.gif)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/男性衣装/大工用作業服/syo.jpg)
位置 バンホール鉄鉱、バリダンジョン入り口の水車 職業 バリダンジョン入り口の水車
バイト 採掘 (11時) 好きな贈り物 大きな肉
改造 ツルハシ 修理 --
販売アイテム --
Sion 「へへ…イビー、少しだけ待っててね。」
メイキング 髪:右わけウェーブ 目:暖かい目 口:あきれる 肌:?
装備 バンダナ 大工用作業服 レザーグローブ 革シューズ(兼用) ツルハシ

そう、それは運命的な出会いでした。白い顔の少女、イビーが長い髪を揺らしながらこの町に着いた瞬間、この小さな少年は心を奪われたのです。いたずらっ子だった少年が、虫に相撲をさせていた日常は、女の子と共に過ごす時間に変わり、時折見せる彼女の笑顔を見ると、自分の見つめる世界さえ変わったように感じられたそうです。

イビーが好きなものをプレゼントするには自分の財布はあまりにも軽かったので、ショーンは遊ぶ時間を削り、水車の建物の前で仕事を始めました。その姿を見たギルモアお爺さんには頭を殴れたりもしましたが、彼の心の中ではいつでもイビーが笑う姿を見たいという想いでいっぱいです。

鉄鉱の入り口にある巨大な水車の建物の近くに行くと、バンホールの町のいたずらっ子、ショーンに会えます。へへと笑いながらイビーに対する恋心を燃やすこの少年は、時々周りが見えなくなりますが、どうしようもないですね。だって恋に落ちた男女は、歳も関係なくみんなそうなりますから……。たとえそれが片思いであったとしても。

  • ふきだし台詞

「さぁ…元気出そう…」 「イビー…会いたい…」 「早く大人になりたい。」 「お父さんが来る頃だな…」 「炉の動力源は水車だよ!」 「水車が回るのは本当に不思議だ…」 「水車を動かせるのは僕だけだよ!」 「今日の夕飯はなんだろう…ゴクッ…」 「水車を動かしたいならお金が必要さ!」 「ギルモアじいさんのお話は難しすぎ…」 「水車が回るのはいくら見ても飽きない…」 「鉄鋼石を製錬したければ、僕に声を掛けて!」 「ブライスおじさんはなぜ僕を嫌うんだろうか…」

[ ] 作業者

#ref error : ファイルが見つかりません (./laborer_banho.jpg)
#ref error : ファイルが見つかりません (装備/衣装/男性衣装/大工用作業服/laborer_00.jpg)
位置 バンホール南、モルバアイル入り口 職業 労働者
バイト -- 好きな贈り物 --
改造 -- 修理 --
販売アイテム --
Laborer
メイキング 髪:? 目:? 口:普通 肌:?
装備 ブロードバンドフード 大工用作業服 プレートガントレット レザーコートシューズ ツルハシ

2006.04月上旬時点でモルバアイルへの通路に立っていたNPC。 (※モルバアイルはC2実装、G3時点では未開通) ちなみに過去には彼のいた辺りに「木の人形」が立っていましたが、2006.02.23のパッチで撤去されました。

2006.04.27にC2が実装され、モルバアイルへの通路が開放されると同時に姿を消しました。

  • ふきだし台詞

「工事に付き通行できません。」 「この先通行できません。大変ご迷惑をおかけしております。」 「この先工事中に付き通行できません。」

コメントフォーム

  • カムガンにラッキータイトルつけて「聖堂」について聞くといつもと違うセリフを言う -- 2005-04-19 09:38:02 (火)
  • ブライスの好きなプレゼントはワインです -- 2005-04-26 20:01:45 (火)
  • ギルモアの好きなプレゼントは苦い人参の模様……それでも「腹黒いプレゼント」とは言われますが -- 御剣鏡花(*‘ω‘ *) 2005-04-29 06:44:32 (金)
  • ギルモアには何をあげても腹黒いと言われます。 -- 2005-05-04 17:06:48 (水)
  • エイレンに下着セットをプレゼントしても喜ばれます -- 2005-05-10 16:06:39 (火)
  • ショーンには食べ物関係が喜ばれる模様、大きな肉だけですが良い反応でした、アイデルンのおっさんにも -- 2005-05-13 18:13:26 (金)
  • カムガンにお金をプレゼントすると喜ばれます。なかよくなりたければ1Gずつ渡し続けましょう。 -- 2005-05-13 20:58:59 (金)
  • アイデルンも銭あげるとよろこばれます -- 2005-06-10 22:52:20 (金)
  • アイデルンの高級武器はエリン時間0時に店頭に並びます。チャンネルごとに品物は違い、品数も0〜2と変動する模様。修理費用は通常よりも高い。 -- 2005-11-16 16:30:00 (水)
  • イビーはポーションの類を与えると親しくなれました -- 2005-11-27 17:26:21 (日)
  • G2とG3(正確にはルエリRPだが)に何故か貴重な通行証を売るギルモアは何者なんだろう -- 2006-03-11 (土) 01:32:02
  • 仕様が変更されたのでしょうか、アイデルンに金や鉱石やインゴットをプレゼントしても特別な反応は見られません(大きな肉でも同じ)。プレゼント用の各種の品物、パン、チーズ、肉、金槌、短剣、何をgiveしても同じ反応です。それとも台詞が同じだけで内部のデータは違うのでしょうか? むきー!! -- 2006-03-15 (水) 22:58:48
  • アイデルンに「クラゲ」をあげたら何故か喜ばれましたw --
  • ショーンにツルハシをあげると「大事に使うよ」って喜んでもらえた --
  • エイレンの目の色ってどれなんだろう…… --
  • イビーに下着をプレゼントしたら、ちょっと変わった台詞が聞けました。 --
  • エイレンの肌色は「茶色」、目の色はグリーン かも (OO;  SS取りながらキャラメイキングしてそっくりさんになった --
  • (^_- --
  • エレインにイチゴをあげたら鍛冶屋の金槌と同じコメントが出ました --
名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

合計: -
今日: - /昨日: -







中の人たち~
アイテムについて~
分類名考察中
&recent10
javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。 javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。