メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


トヨタ・クラウンセダン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トヨタ自動車が製造する自動車。

外面的特徴として、意匠が極めて保守的でなおかつ極めて古典的であり、ロイヤルシリーズなどの量販を意図したものと比べ単調である。そして、フェンダーミラーの装着が標準として想定されている。また、サスペンションは、若干固めとなっており、走りにおいて快適性よりも確実性を重視しているといえる。
助手席の背もたれの部分が開き、後席に乗る人の足置きになる。価格帯は大きく異なるものの、同社のトヨタ・センチュリーと用途、機能性、外見的特徴の点で類似する点が多い。
先代の150型までは、クラウンのセダン型であり、ロイヤルサルーンやパトカー仕様などが存在し、正式な車種名は、クラウンセダン型(セダンケイ)であった。 2001年に登場した現行型では本来のクラウン(車両型式名が'S'で「クラウン」を名称とするもの。現在の、ロイヤルサルーン/アスリートシリーズ/クラウンハイブリット/クラウンマジェスタ等がこれに該当する)との結びつきは弱く、ベースがX80型マークIIセダンであるクラウンコンフォートの装備及び内外装を充実化したモデルという位置づけで、3ナンバー車の設定があることや、アルミホイールを装備するオプションがあることが主な相違点であり、社会的にも先代以前との違いは認識されている。
主として公用車・社用車、ハイヤー、個人/法人タクシーといったビジネスユース向けのモデルだが、一般ユーザーも購入可能である。贅沢さはほとんど訴求されず信頼性の高さからくる業務執行能力の高さが訴求される。


シベリア特殊部隊には司令官専用車、来客専用車の2両が配備されている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|