メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


F-15E


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要


F-15Eは、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発した戦闘爆撃機である。
非公式ではあるが、愛称として「ストライクイーグル」と呼ばれている。
アフガニスタンに派遣されたアメリカ空軍のF-15Eマクドネル・ダグラス社(当時)がF-111 アードバーグの後継機として開発した、F-15制空戦闘機の改良・派生型で、第4.5世代ジェット戦闘機に分類される直列複座の戦闘爆撃機である。

開発


一機当たりのコストは約3,110万ドル。コンフォーマルタンクと呼ばれる増槽を標準装備し、機体構造の強化と長寿命化、アビオニクスの充実に改良の重点が置かれており、中身はほぼ別機となっている。その搭載量の大きさも特徴として挙げられる
マクドネル・ダグラス社は、F-15は大型の機体と強力なエンジンによりミサイル8発を装備してもパイロン搭載量の余裕があるため、本格的な対地攻撃能力の付与が可能と見て戦闘攻撃機型の研究を続けていた。

1981年3月にアメリカ空軍はF-111の後継機として、敵領空の奥深くに侵入する能力を持つ機体を求める複合任務戦闘機計画「DRFプロジェクト」を発表した。マクドネル・ダグラス社は空軍より借用したF-15Bをベースにプロトタイプとして爆装可能なF-15を開発した。これに対してジェネラル・ダイナミクス社はF-16を改造して、胴体の延長やクランクトアローデルタ翼への変更を行いペイロードを増やしたF-16XLを製作した。

比較審査の結果、「被弾時生存率、兵装搭載量、将来の拡張性、生産コストの総額」で優位となったF-15プロトタイプを選択し、F-15Eを開発することとした。1986年12月11日に初飛行を行い、1988年4月に正式に部隊配備された。

制式化にあたり航空迷彩をF-15のグレー塗装からプロトタイプの暗緑色を経て暗色塗装へ変更している。

基本設計


もともとF-15はハードポイント(兵装を搭載する部分)に爆弾などを搭載してもなお、それとは関係無く8発のミサイルを装備可能であり、戦闘爆撃機としても高い潜在能力を有していた。とはいえ、F-111の後継となる戦闘爆撃機としては、それよりさらに高い性能を求められた。チタニウム比率をF-15より増加しつつ、機体構造の60%を再設計して強化することにより、最大離陸重量を6tも増強し、さらには機体寿命を16,000時間に引き上げた。これによる機体フレームの重量増は在来型のF-15に対し60lb(約30kg)である。
外見上でわかる変化はF-15よりも側面部が丸くなっている事である。これは、胴体横の部分にコンフォーマルタンク(密着型増加燃料タンク)を標準装備(着脱は可能)しているためである。前述の通りF-15はハードポイントに追加装備を行ってもそれとは関係無くミサイルを搭載できる設計にはなっているが、爆弾と増槽(増加燃料タンク)だけは両立できない。しかしながらこのコンフォーマルタンクによって、ハードポイントを減らすことなく燃料搭載量の増加が可能となり、戦闘爆撃機の中では最長となる航続距離を実現した[6]。コンフォーマルタンク自体はF-15A開発当時からマクダネル・ダグラス側より「FASTパック」として空軍に提案されていたが要撃戦闘においては棚上げされていたものである。
運用重量増加に伴い主脚の強化とホイールの大型化、アメリカ製の軍用機で初めてラジアルタイヤを採用している。
兵装システムを扱うクルー(WSO:Weapon System Officer)が乗るため乗員は2名となっている。
前席にパイロットが、後席にWSOが搭乗する。

エンジン

AFEプログラムにより、F100-PW-229およびF110-GE-129に対応したエンジンベイを持つ。ともにエンジン制御のデジタルリソース化が行われた事によって整備性や耐久性も向上している。

アビオニクス

LANTIRNポッド(暗視装置、レーザー照射装置、地形追従レーダー)を常時搭載している。対地・対空レーダーに合成開口能力を備えたAN/APG-70を採用しており、LANTIRN(航法用ポッドAN/AAQ-13と照準ポッドAN/AAQ-14のセット)と組み合わせて目標の地図を瞬時に作成する。これらにより、夜間での山間部飛行も可能としている。さらに、ヒューズAN/AXQ-14またはこれを改良して開発されたAN/ZSW-1を機体下部に搭載する事で、GBU-15及びAGM-130の誘導も可能となっている。
A-D型はアナログ計器を多数搭載しているのに対して、E型では3つのモニターと中央部にあるコマンド入力装置からなるグラスコクピットとなった。また、JTIDS(Joint Tactical Information Distribution System:統合戦術情報分配システム)を装備し、AWACS等を中心に共有する戦闘情報をモニター表示することで戦術状況をリアルタイムに把握できるようになった。
F-15は主翼面積が極めて大きいため低空では突風の影響を受けやすいが、コンピューターの補助により低高度での地形追随飛行を実現している。LANTIRNのAN/AAQ-13航法ポッドの地形追従レーダーは自動操縦装置と連動し、また、飛行可能な経路をHUDに表示することもできる。

兵装

F-15同様の対空兵装(ただし、20mm機関砲弾は500発)に加え、空対地ミサイル、無誘導爆弾・誘導爆弾は勿論のこと、デイジーカッター、クラスター爆弾、果ては2,000ポンドクラスの爆弾、核爆弾であるB83、地中貫通爆弾(GBU-28)などアメリカ空軍で使用しているすべての対地兵装ともいえる多種多様な品目を搭載できる。搭載量も現在現役として活躍している戦闘爆撃機の中ではトップクラスである。

愛称

非公式な愛称の「ストライクイーグル」のストライク(strike)とは対地攻撃という意味。F-15の記録挑戦仕様:「ストリーク・イーグル」と名称が似ているが、無論両者に関連性はない。また、1991年に勃発した湾岸戦争でのスカッド弾道ミサイル(地対地ミサイル)への攻撃(いわゆるスカッド狩り)を行い、多数撃破したその戦果から「スカッドバスター(Scud Buster)」と呼ばれることもある。その他、「マッドヘン(Mudhen:「泥雌鶏」の意味だが、アメリカオオバン)の別名)と呼ばれることもある。

戦闘能力

制空戦闘においては最新のステルス戦闘機・F-22 ラプターやF-35 ライトニングIIに凌駕されはしたものの依然として高い水準にあり対地攻撃における搭載兵器の多様性や搭載量については優位を保っている。
なお、現在までに空対空戦闘で撃墜したことはないが、これまでに数多くの作戦に参加しているものの、全ての運用国を含め撃墜された機体は後述の湾岸戦争で対空砲火により撃墜されたアメリカ空軍所属の2機(後述)しか無く、非常に高い運用成績を誇る。

我が部隊での運用


当部隊では第七大隊ミハエル隊が10機を運用中で、第五世代戦闘機やステルス機に対抗するため、エンジンやレーダーの改修
コックピットのグラスコックピット化などの近代改修化を済ましており、部隊内では、F-22やF-35を除けば最強の機体と言っても過言ではない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|