メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


ベル412

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベル 412 (Bell 412) はベル・ヘリコプター・テキストロン (Bell Helicopter Textron) 社が開発したヘリコプター。ベル・エアクラフト社のUH-1およびその双発型ベル 212の発展型である。

UH-1(ベル 205)を双発エンジンにしたモデル・ベル 212は1968年に初飛行している。このベル 212の改良計画は1978年から本格開始された。改良された箇所は主ローターの枚数であり、2枚から4枚に変更された。他の部分は212とほぼ同等である。これにより巡航速度を約40km/h増加させている。初飛行は1979年8月3日、FAAの型式取得は1981年1月である。

型式取得した当月に納入が開始されている。その後、燃料搭載量と離陸重量を高めるなどの改良を加えたベル 412SP (Special Performance) が開発された。1991年には、変速機を改善した412HP (High Performance) も開発された。現在はデュアル・デジタル自動飛行制御システムを備えた412EP (Enhanced Performance) が、最新モデルとして生産されている。



要目(412EP)
主ローター直径:14.0m
全長:17.1m(胴体長 12.9m)
全高:4.6m
自重:3.1t
エンジン:P&Wカナダ PT6T-3D ターボシャフトエンジン(出力 1,800軸馬力)2基(ツインパック)
航続距離:約660km
最大速度:約260km/h
乗員:2名
乗客:最大15名

シノハラビッチ少佐が発注した3機が導入予定。
配備先は未定。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|