メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


震電・紫電

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Teck5により開発された、
次世代刀剣開発プロジェクトで開発されたうちの一つ。

震電紫電は一つのセットとして扱い、二刀流で使用するのが普通である。

強度はそれなりで、刃こぼれ自体は少ないが、この剣より硬い合金を斬る事は出来ず、一部が欠落する。

最近発展形ができたため出番が少なくなったがまだ訓練用として13大隊の補欠部隊での運用がなされている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|