メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


アグスタウェストランド EH101

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




アグスタウェストランド EH101(現在は会社統合によりAH101)は、イギリスのウエストランド社とイタリアのアグスタ社が共同開発した汎用ヘリコプターである。
大量の機材と長大な航続距離を求めた結果、3発のエンジンと巨大な床下燃料タンクを搭載する大型機となったが、オプションのテール及びローター折り畳み機構によって艦載機としての運用を可能としている
巨大な機内空間は左舷にステップ付きドア、右舷にスライド式のカーゴドア、後部にランプ・ドアを備え、30人(密運用時40人)を乗せる事ができる。
5枚のメインローターはウエストランド社がリンクスで取り組んだBERPブレードを採用し、特徴的な外見を備えている。
エンジンはロールスロイス製の2200馬力を3機(6600馬力)搭載
このヘリコプターはエンジン点火から最長でも5分で離陸が可能であり、1秒が急される医療用に、重要人物輸送用に、等転用が可能であり、正に特殊部隊にとって最適なヘリコプターであるといえる。

操縦には3人が必要(パイロット、コーパイロット、)であるが2人いれば操縦が不可能なわけではない。

兵装
20mmガトリング砲1門
ミサイル妨害フレア
12.7mmクラス防弾
警察型サーチライト




医療隊では3機保有。これを衛生兵、負傷者輸送などに使用している。
スライド式カーゴドアからのロープ降下、ロープでのベット搬入ができるようにカーゴドア周辺は改造されている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|