メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


ファイティング・エッジ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドラキュラ・ローレント・ツェペシュ3世開発の剣。

アスカロンが派生品の登場のし過ぎで迷走してしまった為に、さらに汎用性に優れ、耐久性を持つ優れた剣を目指し開発された。

特徴としては、
レイピアと通常の剣の中間であり、突き刺す事と斬る事の両方に特化している。
その為、状況に応じて戦術を使い分ける事が出来ると言う利点がある。

片手で持つことも出来ないことは無いが、両手で持つことが一番望ましいとされる。

構造が非常にシンプルな為にメンテナンスが非常に容易である。
それも、メリットの一つと言っても良い。

名前の由来として針の様な鋭利さから『エッジ』を与えられた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|