メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


コルトM1911A1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コルトガバメントの愛称で知られる米国製45口径自動拳銃

第二次大戦やベトナム戦争でも使用されており
現在でもその威力と堅牢さが評価され、愛用する者も多い。

ロングスライドのものはハードボーラーと呼ばれており、
それにドット・サイトを付けたものをターミネーターで使用されていた。
10mm口径に改造されたデルタ・エリートや
更に競技向けのカスタムであるセンチメーター・マスターも存在する。

(尚、米海兵隊ではM1911A1が未だ現役で使用されている)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|