※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM : 皆さんは綾部総合のグラウンドを出てどこへ向かうか相談中です
高瀬・洋恵 : マネージャーがかわいいんだったわね。
GM : 行き先候補はGMメモを。このうち時間的には2つしか回れなそう
七瀬・北斗 : お下げががチャームポイント
GM : おさげがかわいい。メアドとかきいといかなくてよかった?
七瀬・北斗 : まあメアドはまた縁があった時にでも♪//一応河川敷が近かったんだっけ?
高瀬・洋恵 : 特に聞く人おらんなら調査といこう。 優先するとしたらどれかな。近いのは河川敷ね。
GM : そだね
那岐田・京 : せっかく近いとこなんだし河川敷がいいかなって私は思うよ
久郷・景 : 情報源として優秀なのですが、難しいでしょうしね。しかしその手があったかと思った時点でやはり恋愛には疎いのだと実感する訳です。
立風・翔 : この前は近い所からって話になってた様な気もするし、河川敷で良いと思うぞ。
七瀬・北斗 : 花より団子♪前情報が無い以上どこ選んでも一緒だろうし近い河川敷から出良いと思うぜい♪
GM : 決定かな?
久郷・景 : そうですね、目撃出来る可能性も高そうですし、河川敷でよいかと
GM : では、吉井さんから聞いた河川敷の高架下まで来ると…ゾンハンいないよね?神秘チェックお願いします。
高瀬・洋恵 : ああ、手札引いてなかったわね。引いて良い?
GM : あ、わすれてた
GM : OKです
高瀬・洋恵 : えーと……4枚だっけ?
GM : 4枚です
七瀬・北斗 : んでは手札引きやす♪
GM : さぁ、絶望の叫びを聞かせてくれ
高瀬・洋恵 : わぁ、緑がないよ!   真っ青。
那岐田・京 : 一応偏りはあるけど普通ー
立風・翔 : いや、まあ、それなりには。
七瀬・北斗 : なんじゃこりゃ~
久郷・景 : ちなみに数値はお幾つですか?
GM : チェックなんで出せればOK
七瀬・北斗 : す、すげえっ合計して4無いっ(笑)
立風・翔 : 全員か? それとも一人出れば?
那岐田・京 : それはすごい>合計4無い
久郷・景 : 緑と赤のみ…ですね
GM : 一人でいいよ
那岐田・京 : 私も緑と赤。ヒュプノで使うから、できれば温存したいかな?
七瀬・北斗 : とっとと使おう(笑)ああ、こんな所で良く遊んでたよなと【思い出】で。
【P】神秘1 (No.57)
GM : うん、では思い出にふけろうとしたところで…異質な気配を感じるね。高架の裏のほうからだ
七瀬・北斗 : ん?皆に「なんかこっちから変な気配しねえか?」と伝えて走って向かってみるぜ。
那岐田・京 : え、何っ?どしたのっ?(突然走り出した北斗に怪訝な表情を浮かべながらも追いかける)
高瀬・洋恵 : ……いきなり本命登場だと手っ取り早いけどね(とっとこついて走っていく
久郷・景 : ふむ、いきなりアタリを引けましたかね(ゆっくりついていきながら
GM : そこには、最近まで使われていたマスコットバットとともに、数人の、不良っぽい風体のやからがたむろしてる。そのいずれも腐敗しかかってるけどね
立風・翔 : 変な…って言うか、嫌な気配だな。さて、何が出るか…(警戒しつつついて行き
GM : 残念ながら写真とかで見たようなユニフォームを着た奴はいないようだ
GM : ってことで戦闘割り込みます。北斗は手札の補充を

七瀬・北斗 : 了解っ!



高瀬・洋恵 : 物騒だったらないわね。 ……ちなみにマスコットバットって、あのちっこくて丸っこいプラスチック製っぽいやつ?

立風・翔 : ただの不良なら…良くはないんだが、まだマシだったんだがな。こうなっちまったら戦るしかないか。
GM : ちゃうちゃう、素振り用の普通より重いバット。戦闘終わったら手にとって見るといいよ
七瀬・北斗 : どのみち放っておけねえしな。何か関連があるかはぶっ倒してから考えようぜ。
立風・翔 : ちなみに、1kg越えも普通にあるぞ。<マスコットバット
七瀬・北斗 : マスコットバットは中に鉛の入っている重いバットのこと~
那岐田・京 : イグニッションした親分はきっと「え、軽」とか言うんだよね
GM : ってぇことで数多いけどザコなんでさっくりよろしく。イグニッションどうぞ~
高瀬・洋恵 : そんなのあるんだ……長剣扱いならいいのに。 ま、ひとまずは目の前のこれを片付けましょうか。
久郷・景 : おやおや、これはまた…。この様な事で時間を浪費したくないのですがね
那岐田・京 : しっかりきっかり引導渡してあげるっ(イグニッションカードを高く掲げ)イグニッション!


高瀬・洋恵 : ほいじゃ、まずは肩慣らしといきましょうか? (高々とカードを掲げて)……イグニッション!
久郷・景 : まぁ、やるからには楽しませてもらいますよ。(控えめにカードを掲げ)イグニッション!
GM : っとそれからゴメン、ポジションも話し合ってくださいです

立風・翔 : 見つけちまったんじゃ、放っとく訳にはいかないしな。さくっと片付けるとするか。(カードを構え)イグニッションッ!
七瀬・北斗 : 歯ぁ食いしばりなゴースト。きっちり送ってやるぜ!(カードを指で宙に弾いてそれを拳で打ち抜き)イグニッション!
那岐田・京 : んと、CD A B E Fあたりで分担する?前から順にあたりやすい感じー
高瀬・洋恵 : 前回は決めてなかったんだっけ? そしたらCD受け持とうか。

那岐田・京 : ん、じゃあ私はAを受け持とうかなっ
七瀬・北斗 : んじゃB貰うかねっと♪
立風・翔 : ん? GとHはどうなるんだ?
那岐田・京 : しまったー
七瀬・北斗 : ほんとだ(笑)
那岐田・京 : CD EF GH A Bでした
高瀬・洋恵 : おぅ、素で気づかなかった(笑 んじゃそのままCDで。
那岐田・京 : ではEFでー
七瀬・北斗 : んじゃGHいこうか
立風・翔 : ならAを貰っとこう。
GM : 決めてなかったっぽい…
久郷・景 : では、残ったBという事で
GM : では、OKかな?何を隠そう犠牲者のが早いんだよねって事で…
立風・翔 : げ、本当だ。29もあるのか。
那岐田・京 : よっし、気を取り直していくよーっ
久郷・景 : こちらはゆっくり優雅にいきましょう
高瀬・洋恵 : なに、足より一撃の重さよ。来るが良いわ。
GM : Aの攻撃!1.引き裂き、気魄5の40ダメ
【リ】(No.10)
七瀬・北斗 : 基本ですな(笑)
GM
【リ】(No.12)
GM : Cの洋恵に!


高瀬・洋恵 : 来いやー! 今変換が「恋やー」って出て死にたい。

GM : 死ぬがよい
那岐田・京 : さすが一弥好き好き女子高生
七瀬・北斗 : それがデフォなんだ(笑)
立風・翔 : ラブラブだったからな。(笑<変換
七瀬・北斗 : ほほう。立川センパイログ取ってる?(ぼそぼそ)
久郷・景 : なんというか洋恵さんらしいというか(笑
高瀬・洋恵 : おのれ、一枚しかない気魄カードと顔が火を噴くぜ。5って固定?
立風・翔 : 残念ながらログは無いんだな、これが。今年は空気を読む事にしたんでな。(ぼそぼそ
GM : 中ボスですらないんで固定。相変わらず山か海かかw
高瀬・洋恵 : あたしは自然に優しいのよ。ということで後悔はせぬ!華麗に回避!
【P】気魄1 (No.44)
GM : では彼の爪は空を切ります。でももう一人Go
GM : 1.引き裂き、気魄5の40ダメ…またかよ
GM
【リ】(No.15)
GM : またCの洋恵狙い…
GM
【リ】(No.4)
七瀬・北斗 : むう残念。一弥に聞くのはちょっと怖いんで止めとくか(笑)>ログ
那岐田・京 : 緑化運動に厳しいGM-!
久郷・景 : 先制を取ったにしては控えめな方達ですね(苦笑
GM : いやいや恋やーとかいうから腐った男どもが…さぁ糸を使っちまいなぁ!
高瀬・洋恵 : おのれ、そんなにあたしのラブが妬ましいと申すか。カードないよ(笑 40くらいならくらってもいいか……?
七瀬・北斗 : 防具HP削られるだけなら食らっても問題ないと思う~
高瀬・洋恵 : HP240あるし、旋剣もあるし、いいか。さあ来いや!
GM : 「シネェーー」っと甲高い叫び声を上げて振るわれた爪は洋恵の体を掠め、裂く!その爪についた血肉をリビングデッドはうまそうに啜った…40ダメどうぞ
高瀬・洋恵 : 乙女の柔肌が傷ついた。代償は推して知ると良いわ。

GM : では、代償お願いします洋恵のターン
高瀬・洋恵 : うむ、アビの確認してた。とりあえず旋剣かますわね。この真っ青な海をどうにかしたい。
GM : どうぞー
高瀬・洋恵 : モテなかった自分たちを顧みて往生なさい(据わった眼で睨みながら掲げたカグツチを旋回させ
【P】術式1 (No.51)

GM : 洋恵サン残酷…
久郷・景 : 回復と強化の筈なのに攻撃効果もありそうですね
那岐田・京 : リビングデッド…傷ついてないかな…
GM : ちなみに結社効果の流麗と守勢もよろしく
高瀬・洋恵 : おほほほほ。 手札は補充して良いのかしら?

GM : しないと洋恵が動けないんでしてください
高瀬・洋恵 : あとはよろしく
那岐田・京 : またたそがれた!!

GM : ……この人は
立風・翔 : 相変わらずだなぁ…
七瀬・北斗 : だめっぽ(笑)
高瀬・洋恵 : 目に優しいよ!
GM : 頼りにならない姉さんに代わってこの状況を打開してあげて京さん…
那岐田・京 : むむ、では秋嗣もきっと予想済み、伝家の宝刀・初手ヒュプノ参ります
GM : わかってたよ!おきてくれますように…
七瀬・北斗 : 雑魚相手には死ぬほど効くよな・・・
GM : ラッキーがあるもん!
那岐田・京 : おやすみなさいっ。夢の中でくらいモテるといいよ!(言葉とは対称に紡がれる歌声は子守唄。ヒュプノボイス)
【P】神秘2 (No.36)
GM : とりあえずヒット…で二日モノのほうから
那岐田・京 : ちなみにアクトワードは『絶望』で。
GM : 女性陣が残酷すぎるwww
GM : まず二日モノのほう…
【リ】(No.7)
【リ】(No.18)
GM : ぐっすり~
那岐田・京 : いえーい
GM : 一日もののほうは…げふ…
【リ】(No.14)
【リ】(No.1)
【リ】(No.19)
那岐田・京 : よっし、そのうえJC3枚浪費っ
GM : ジャストが…クリティカルがこんなところで…
久郷・景 : 全員夢の中に逃避しましたか
GM : うわーん
GM : こいつらの勝ち目が完全に消えた…
立風・翔 : 一体起きたが、これはこれで良し!
高瀬・洋恵 : そんなにモテる夢が恋しかったのか……(笑
七瀬・北斗 : 夢の中でジャストアタックしているんだよ・・・
久郷・景 : おっと一人は無事でしたか
GM : おきてるのはBだけです。きっとすぐ寝るだろうけど…翔どうぞ
立風・翔 : わざわざ目を覚まさせてやる気も無いし、魔弾の射手で。まずは手堅く、『訓練』通りにってな。(魔法陣を展開しつつ、ライフルを構える
【P】気魄1 (No.7)
高瀬・洋恵 : あ、京ちゃん手札。

那岐田・京 : おっとありがとっ
GM : 翔、攻撃力UP。手札補充して北斗どうぞ

七瀬・北斗 : ういす♪では・・・あまりにも手札が酷いんで待機(笑)
GM : 気魄の人ってそういう運命なんだろか…全捨て4補充どうぞー
七瀬・北斗 : えーっと(遠い目)
那岐田・京 : うーん、次ターン開始時に流麗使っちゃう?
七瀬・北斗 : 赤が来ねえ(笑)次の人どぞ(笑)
高瀬・洋恵 : (北斗の肩ぽん
GM : 次は人じゃないよっと
GM : 一日ものA
【リ】(No.3)
GM : 起きませぬ…Bいっきまーす
七瀬・北斗 : 同情するなら赤をくれ(笑)
立風・翔 : まあ、こいつらは雑魚だし、流麗はボス戦まで温存したい気はするな。
高瀬・洋恵 : 若干捨てるには惜しいカードがあるのであたしはもうちょい粘りたいが……ちなみにターンの頭にしか使えないんだっけ?
GM : Bの攻撃!2.噛み付き 気魄6のジャスト!!
【リ】(No.11)
七瀬・北斗 : 流麗はボス戦がいいと思うぜ。今手持ちにイイカードばっか来ても勿体ねえ
立風・翔 : 戦闘中はターン開始時だな。>使用タイミング
GM : うん。それでOK<流麗
那岐田・京 : ん、それじゃあ流麗は温存、かなっ
久郷・景 : ですね
GM
【リ】(No.13)
GM : そんな子といってる間にDの洋恵に攻撃!
那岐田・京 : 洋恵大人気…
七瀬・北斗 : 高瀬センパイモテモテ(笑)
立風・翔 : どうやらゴーストは嫉妬深いらしいな。
GM : …さっきから狙われまくりだなぁ…目標値6であたると53ダメ!
高瀬・洋恵 : 一弥以外はノーセンキューですことよ。素通しでもいいけど、カード回すか。ガードで。
七瀬・北斗 : きっと一番幸せな人が解るんだきっと(笑)
GM : いや愛じゃなくって嫉妬だと思うよ!旋剣で回復もしてたし痛くもかゆくもないか…
高瀬・洋恵 : (嘲笑ともとれるすごい笑みを浮かべ)ふ、死してなお人の幸せを妬むなんて。あの世で行いを正す事ね!
【P】術式2 (No.18)
GM : 全部とまる?
高瀬・洋恵 : あ、エフェクトなのに間違えた(笑 どうしよう?
GM : あんどぅーしなせぇ
GM : まぁわかるしそのまんまでもいいけどw
七瀬・北斗 : 右下のundoクリック~
高瀬・洋恵 : うーん、UNDO押してるけど戻らないわ。ちなみに旋剣分加算すると全部止まる。
立風・翔 : じゃあそのままで、脳内変換するって事で?
七瀬・北斗 : なんでだろ。んじゃそのまま通したほうがいいかな~
GM : あら、こっちがひそかに引いてたりするせいかな。場にあるカードクリックで返すでもいけたけど
高瀬・洋恵 : あ、返すならできたわ。てい
【E】ガード (No.18)
GM : では、襲いくる爪を頭上で構えた剣が払い落とす!
GM : さて、Cだけど…おはよう御座います
【リ】(No.9)
GM : ってぇ事で起きて
GM : 1.引き裂き 気魄5をジャスト!
【リ】(No.2)
GM : 攻撃対象が…洋恵か!!しかも「ああうらやましい」
【リ】(No.5)
那岐田・京 : 狙ってるとしか思えない(笑
久郷・景 : 嫉妬パワーで目覚めて攻撃ですか
高瀬・洋恵 : 何なのこの空気読んでるゴースト連中は。
七瀬・北斗 : なんつーかこいつら…(笑)
GM : 当たると43ダメ…
GM : 普通の被害者のリビングデッドのつもりだったにw
高瀬・洋恵 : 何か不憫になってきたから敢えて素通しを受けてしんぜよう。
GM : だったのにだよ方言出すなよ…
立風・翔 : 今年のクリスマスは中止なんだよぉ! とか言ってたんだろうな。(笑
久郷・景 : 沢山の方が 感情:親近感 になりそうですね(笑
GM : ありゃ、じゃぁざっくり43点。再び爪が洋恵の肌を裂く!「ネタマシィネタマシィ…ソンナヤツハシネッ」
高瀬・洋恵 : このチャプターのタイトルは「ああうらやましい」かしら。
GM : そうかもしれないw
GM : さぁ頭に戻って2日モノの番…嫉妬パワーで目覚めれ!

久郷・景 : おやおや、飛ばされてしまいましたよ
立風・翔 : 待て待て、久郷の番はどうした。
GM : あ、ごめんどうぞ
高瀬・洋恵 : あー、GMが景ちゃんいじめた
七瀬・北斗 : 目覚めた嫉妬の力はiniを凌駕する…っ!
久郷・景 : 私の知らないアビを使うというのですかっ!
GM : だってぇ、そんな遅いだなんておもいませんもぉん…マジすんませんでしたどうぞ
久郷・景 : 青が全く無いので射手で強化です
GM : …みんなひょっとして今日ものすごく手札悪い?
七瀬・北斗 : 俺は言うに及ばず悪いっす
高瀬・洋恵 : 各手札が行くべき場所を間違えてるって感じね。
GM : ……翔と京はがんばって、な…
久郷・景 : いかに力量の差があったとしても逃げ腰にならないで下さいね。私が楽しめなくなってしまいますから(微笑
【P】気魄1 (No.6)
GM : 正直勝ち目ないからなぁ…逃げたくなるかもだけどそうもいかんので…

立風・翔 : その通り、戦力差は歴然だ。焦る事は無いさ。
GM : では今度こそ嫉妬パワーの出番ですね
GM : でもAは…「いじめないでぇぇぇ」って事でぐっすりさん
GM
【リ】(No.8)
GM
【リ】(No.8)
七瀬・北斗 : ふはは。見ろ。我が軍が圧倒的ではないか(←まだ何もしていない)
久郷・景 : モテてる夢は見られていない様ですね…。
GM : Bは…こっちもダメ。好きにしろぃ!
【リ】(No.6)
高瀬・洋恵 : てか1ターン目は京ちゃん以外は強化しかしてないのに(笑
七瀬・北斗 : ごめ。俺強化すらしてない(笑)
那岐田・京 : 皆様に安全な自己強化を!ヒュプノのことならお任せあれっ
GM : 結構洋恵に集中攻撃したりj出したりがんばってるんだけど、いかんせん雑魚か…中ボス入れてもよかったか(むぅ
GM : では、その自己強化の力とやらを見せてもらおうか
立風・翔 : JAがiniの高い方で出てたら痛かったけどな。こればっかりは運か。
高瀬・洋恵 : こっちもまだ1ダメージも与えてないのよ(笑 つうことで糸引こう、糸。3本。攻撃したいんだけど、気魄出なかったらミスってこと?
GM : 自動で失敗になりやっす
久郷・景 : こちらも手札的に運の悪さは負けていませんね
GM : いい感じに調整に場にされてる気がする・・・
高瀬・洋恵 : では皆、あたしに奇跡が再び舞い降りることを祈ってくれ。てい
GM : 糸はご随意に~
高瀬・洋恵 : シッパイシマシタヨ
那岐田・京 : あああ
七瀬・北斗 : 南無~(拝んでみた)
GM : ………何かに見てもらったほうがいいんじゃ…
久郷・景 : なんと絶妙なバランス(苦笑
立風・翔 : まあ、そんな時もあるさ。
七瀬・北斗 : おかしい。マダムによると今日のしし座はラッキーデーなのに(笑)
高瀬・洋恵 : 引いたカードのAWに「皆さん、喜んで下さい!」ってあるのが腹立たしい(笑
GM : なぜ雑魚にここまでてこずるか…京どうぞ~
那岐田・京 : ん、それじゃあ気で通常攻撃っ
GM : あいよ、どこの誰さん?
GM : <攻撃相手
那岐田・京 : では起きてる1日Bでっ
GM : あいさ、カードどうぞ
那岐田・京 : もうこれ以上好き勝手は『やらせないよっ』(布槍を引き絞って攻撃)
那岐田・京 : 達成値7のダメ-ジ36っ
那岐田・京
【E】なし (No.8)
那岐田・京
【P】気魄3 (No.8)
那岐田・京 : 色々間違え失礼しました
七瀬・北斗 : 落ち着くんだ(笑)
GM : 布槍がリビングデッドを貫く!その一撃にリビングデッドは苦痛の表情を浮かべるがまだ、攻撃の意思は消えていない

GM : まぁ、流石にそれではやられないな。翔どうぞー
那岐田・京 : 手札調整完了。うわー、緑化運動始ったー
GM : まだヒュプノの元だからいいじゃない
七瀬・北斗 : やはりTRPGでは2極型が強いなあ(笑)
GM : あー確かにそうかも…<二極
GM : ついでに極じゃない一色で強化できるとすばらしいと思う
GM : あれ、翔が黄色くなった?
七瀬・北斗 : そこまで完璧にするとなんでも出来て良いな~。まあ俺は白虎拳士にかける!
立風・翔 : ん? こっちは特に問題無いぞ?
GM : (おおう失礼、選択するとそうなるのか)
GM : つぎ、翔なんで行動よろしく
高瀬・洋恵 : クリックするとカードと同じで黄色くなるね。
立風・翔 : それじゃ改めて。確実に沈めに行くか。1日Bに術式で通常攻撃だ。
GM : あいさ、カードとダメージどうぞ
立風・翔 : モテなかった悲しさは察するに余るんだが、女性に八つ当たりする奴は嫌われるぜ?(と『嫌味』を飛ばしつつ、引き金を引き絞る)
【P】術式1 (No.24)
立風・翔 : 達成値5、当たればダメージは60だな。
立風・翔 : っと、失礼、61だ。

GM : 翔の放った弾丸はリビングデッドの頭部を吹き飛ばし肉塊へとかえる

GM : 永遠にお休みです。しかし酷い言われようだなこいつら
GM : この調子でガンガン頑張ってくれー次は北斗
七瀬・北斗 : んでは術式で通常攻撃いこうかな。目標は1日のCで。
GM : あいさどうぞ
七瀬・北斗 : 「まだまだいってやるぜ!」とAに攻撃。30ダメージっす。
【P】術式3 (No.19)

GM : え、Cでいいんだよね?
七瀬・北斗 : ふっ。しょぼい(笑)
七瀬・北斗 : あ、すんません。Cっす。
GM : うん、それではやられなーい
GM : ちっと時間短縮のため描写少なめで行きます。幸運判定ー
七瀬・北斗 : わかってらい(笑)次どんぞ
GM : Aおきたー
【リ】(No.17)
GM : 1.引き裂き 気魄5の30+13ダメ!今度は北斗に
GM
【リ】(No.20)
【リ】(No.16)
GM : 1日経過の連中頑張るなー…
久郷・景 : 何でも新鮮な方がいいんですかね
七瀬・北斗 : ふっ。なんもできんのでドンとこい(笑)
GM : …あなたらは運と戦うべきだ…43ダメどうぞ
七瀬・北斗 : 43点承っておきやす~
GM : より腐敗したほうが強くなるって思って名前付けたんだけどな…寝てばっかだ

server*: [error]山札にカードが残っていません

server*: [error]山札にカードが残っていません

GM : どぞ、でもってC

server*: リードカードがシャッフルされました

GM : 1.引き裂き 気魄5の30ダメ、また北斗。妬まれるようなことしたのか?
GM
【リ】(No.4)
【リ】(No.8)
高瀬・洋恵 : 北斗も(こいつらから見て)幸せな人だからじゃない?
久郷・景 : 1日の方は連携攻撃が光りますね(笑
立風・翔 : 雑魚らしからぬ連携の良さだな。
七瀬・北斗 : む。これ以上は自前のHPに入るな。糸2点使って引いてみやす。
GM : 頑張れ…しかし一日目は知能が残ってるとしか思えん狙い方…
七瀬・北斗 : うし、出た♪「負けるかよ!」と腕ぶん殴って回避~
【P】気魄2 (No.3)
GM : こっちはうまくいったか、GMほっとしたよ…
GM : 爪は空を切り。景どうぞ
久郷・景 : では、残ってもアレなので炎の魔弾で1日Cを攻撃しますね
GM : あい、カードとダメージどうぞ
久郷・景 : 取り敢えずこれで落ちて貰えますか?(と冷静に弱った相手を狙い撃つ)
【P】術式2 (No.21)
久郷・景 : 射手分合わせて73+魔炎です
GM : 弓から放たれた魔弾を受けてリビングデッドは炎の中で崩れ落ちる…

立風・翔 : っと、悩んでるだけかもしれないんだが、七瀬は手札調整を忘れずにな。
GM : これで頑張った一日もあと一体かーターン頭行きます
久郷・景 : ガードですから、次のターンまで持ち越しでしょうか
七瀬・北斗 : 今オーバーしてるのは防御した時に糸引いた分なんで、自分の手番終わったら調節しやす♪
立風・翔 : ありゃ? そうだったっけか? なら俺の思い違いか。
GM : A、B起きない…二日目使えねぇ…
【リ】(No.15)
【リ】(No.19)
GM : 洋恵さんどうぞ…
高瀬・洋恵 : 困ったなぁ……糸余ってるし、気魄狙いでもう一回3本引くか。ダメなら次から考える(笑
GM : どうぞ…グッドラック、北斗はちゃんと引いてたよー
那岐田・京 : さぁどうだっ
七瀬・北斗 : この山には赤いのが一杯眠っていると信じたい…っ
高瀬・洋恵 : 出たよ! 1が一枚だけ!
七瀬・北斗 : おひ(笑)
那岐田・京 : 当たるから良し!
GM : …まだ流麗もあるしね!さぁこい
高瀬・洋恵 : ふはははは、そんなにあたしが嫌いかぁー!起きてる一日Aに攻撃!
【P】気魄1 (No.13)
GM : そんなに気合入れんでもあたるあたるw ダメどうぞー
GM : 旋剣忘れずにね
高瀬・洋恵 : もう面倒だからこれも回そう。どうせいくつか捨てるんだから
【E】《気魄》ジャストアタック (No.17)
GM : おおう、一撃の臭いがしてきた…
GM : ってか回すので正解と思うよ
高瀬・洋恵 : うぃ、97点ね。
那岐田・京 : つよー!
GM : 死ぬわw どぅーん
GM : 振りかぶって一刀両断、リビングデッドが二つに分かれて地に伏せる

GM : よく頑張ったよ、お前ら…
七瀬・北斗 : 久しぶりに大きいダメージ見た(笑)

GM : ちまちまやってたからねぇ…手札が悪かったりで
GM : では洋恵手札調整、京どうぞ
那岐田・京 : ん、それじゃあ起きちゃうけど気にせず2日Aに気で通常攻撃っ
GM : どうぞー
GM : 多分回ってくる前に永遠の眠りだろうし
那岐田・京 : そんなモテないからって『怒』られても困るんですけどーっ!(布槍ツッコミどーん)
【P】気魄3 (No.11)
GM : 当たるんでダメージおくれ~
那岐田・京 : さっきと同じく36でっ
GM : 完全にもてないキャラだなぁ…こいつらはこれくらいじゃ落ちません!

GM : 翔どうぞ
那岐田・京 : (そして私用で10分ほど席外します。ごめんなさい。気にせず続けてもらえれば)
GM : (了解、ターンは飛ばしてもいいかな?)
久郷・景 : (行ってらっしゃいです京さん)
那岐田・京 : (いいよー)
立風・翔 : 色々了解っと。勘違いの分は戦闘で挽回だ! ってな訳で、2日Aに術式で通常攻撃だ。
GM : はいな、カードとダメどうぞ
七瀬・北斗 : (いってらー)
立風・翔 : それじゃ『ご都合』よろしく、動き出す前にもう一度眠って貰おうか。続けて行くぜ!
【P】術式1 (No.15)
立風・翔 : さっきと同じく達成値5、ダメージは61だ。

GM : 丁度当たって…ボロボロ…だけどなんとか立ってる。一日目とは違うのだよ
GM : 北斗どうぞ~
七瀬・北斗 : んじゃそいつに止めを♪
GM : 当たれば止めだと思う…
七瀬・北斗 : 「このチャンスは逃せねえ!」と術式で通常攻撃。達成値は3だけど
【P】術式1 (No.27)
GM : 3だとアシストないとまずいよー
七瀬・北斗 : 「そっちにかわすのはお見通しってな!」で達成値を+3でダメージ30点。
【E】後の先 (No.25)
GM : あ、問題なく命中、Aはほぼ何もできずに撃沈です

GM : 最後は景だけど、どうする?
久郷・景 : 手札が見事な緑ですし、一撃で落とすのも難しそうなので待機しましょうかね
GM : はいはい、では全捨て補充してください
七瀬・北斗 : そして真っ赤な紅葉に(笑)
GM : 幸運を祈るb
GM : Bのお目覚め判定してますね
久郷・景 : 3色バランス良く来ましたよ
GM : ……すぴー
【リ】(No.11)
久郷・景 : 相変わらずサボタージュですか
GM : おお流石!ターン頭のBは動かず。だめだなぁ
GM : 洋恵どうぞ…
高瀬・洋恵 : んむ、糸引くよ!ケチって2本。
GM : できれば行動も一緒によろしく
七瀬・北斗 : 高瀬センパイだけで糸が景気よく周ってる(笑)
高瀬・洋恵 : もちろん気魄で殴る。当たるも八卦、当たらぬもホッケ! てい
高瀬・洋恵 : おお、出た。
GM : 多分気魄斬撃だろうけど… 結構稼いでるけどプラマイ0くらい?<糸
GM : っし、出せば当たります
高瀬・洋恵 : もっと早くこうだったら良かったものを……死ぬがよい。……いや死んでるから眠るがよい。
【P】気魄1 (No.2)
GM : ダメージを拝聴
高瀬・洋恵 : 今6本。 ダメージは素なんで75。

GM : …まだまだ平気だけど…後二人回ったら死ぬなぁ
GM : 京は飛ばさせてもらって翔、どうぞ
立風・翔 : それじゃ、とどめと行くか。術式で通常攻撃だ。
七瀬・北斗 : ふぁいとっす♪
GM : どうぞ
GM : 多分とどめ、かな
立風・翔 : 最初から最後まで寝たまんま、どうにも『詐欺』くさいな。まあ、こっちは楽だから良いんだけどな。
立風・翔
【P】術式3 (No.22)
立風・翔 : っと、出し忘れ悪い。達成値7、ダメージは61だ。
GM : では、眠った敵の頭が弾け、一瞬の覚醒の後永遠の眠りに落ちる…戦闘終了です
GM : 決め台詞でいとどぞー

server*: [ 七瀬・北斗 ]がオフラインになりました

那岐田・京 : (戻りましたー)
GM : (お帰りー決めゼリフどうぞw)
高瀬・洋恵 : 嫉妬に悶える男は見苦しかったわね……あの世で良いことあると良いわね(服の埃を払い
久郷・景 : 思いの他手間取ってしまいましたが、まぁ敵ではありませんでしたね。お疲れ様です(微笑
那岐田・京 : あれっ、もう終わっちゃったのっ?手ごたえ無いねっ(ガッツポーズ)
久郷・景 : (そしてお帰りなさいです)
立風・翔 : (銃口を下ろし)悪いな、迷わず成仏してくれよ。
GM : まぁいまのうちに糸稼いでおくがいいさ…
高瀬・洋恵 : (京ちゃんと北斗はおかえり
那岐田・京 : (北斗おかえりー、なんだか入れ違いだったね(笑))
七瀬・北斗 : 何事っ
立風・翔 : (どうにも不安定っぽいなぁ)
高瀬・洋恵 : 大丈夫? 回線とか不安定なのかしら

server*: [error]操作を元に戻すことができませんでした

七瀬・北斗 : この選りすぐった手札だけはっ手札だけはっっっ(笑)
七瀬・北斗 : ま、ゆっくり眠りな。おやすみさん(決め台詞)
GM : ありがとですー糸をもらって…戦闘終わって…
GM : リビングデッドの死体が溶けていき、あたりにはマスコットバットとボールが転がってる…
高瀬・洋恵 : こいつらって、霊査で言ってた助っ人チームとイコールなのかしら?
那岐田・京 : そういえば今回の相手は勝負が目当てだったみたいだけど、これって何かに使えるかな?
GM : バット調べる?

七瀬・北斗 : このマスコットバットいちお拾っていっとくか?
GM : そこはノーコメントw<助っ人チーム
高瀬・洋恵 : 調べられそうなら調べましょう。
立風・翔 : そうだな、ついでに持って行けるなら持って行くか。
GM : …んじゃ手に取った人は誰かな?
久郷・景 : そうですね、少しでも情報は欲しいですしね
高瀬・洋恵 : 一本しかないの?

GM : 一本しかないねここには
高瀬・洋恵 : じゃ、拾いましょうか。
七瀬・北斗 : 多分何も考えず拾ってる(笑)
GM : じゃぁ、洋恵や北斗はわかるよ。赤黒いと思ったマスコットバットだが…それは汚れだとわかる。
七瀬・北斗 : うあーい。血かな?
GM : 術式判定5でもちっと詳しいことわかるかも
GM : 一般判定でよろしくね
那岐田・京 : 青は残念ながら一枚も…
高瀬・洋恵 : 一般判定でもエフェクト使える?それならいけるけど。
久郷・景 : 翔さん以外はサポートが無いと到達出来ませんね…
七瀬・北斗 : 同じく青無いな・・・
GM : 判定でエフェクトは無理かな
立風・翔 : 拾ったのは七瀬や高瀬なんだが、俺が判定していいのか?
那岐田・京 : 詠唱変化とかなら使えるんじゃない?
GM : あ、大丈夫問題ない
七瀬・北斗 : タイミングいつでもならいいような気も~
GM : >翔
GM : いつでもならいいのかな
立風・翔 : とりあえず、俺は単独で行ける。アシストは出来ない札なんだが、それで良いなら出すぞ。
高瀬・洋恵 : いつでもだけど。でも翔ちゃんがいけるなら任せた方が早いかしら。
GM : んじゃいつでもならOKで。どっちでもいいですよ
七瀬・北斗 : 行動順とかだと難しいと思ったり。立風センパイゴーっす♪
立風・翔 : それじゃさくっと。その汚れ、何か変じゃないか? と『突っ込み』つつ、詳しく見てみよう。
【P】術式3 (No.23)
GM : 翔がみたとこバットについてるのは血だね。先端に行くほど新しく、凶器として使ったのがわかる。だが、根元についてる血は一番古く、泥と一緒になってるね
GM : そして、よく見ると何かにぶつかって転がったような傷がついてる…事故にあったんじゃないかと思えるね。そしてグリップエンドには道沢と名前が…

立風・翔 : お、本人の持ち物か。
七瀬・北斗 : とりあえずお持ち帰りやね
GM : うん、それから割と最近までここで練習してたのを示すように地面が打席の足の位置の形
GM : にえぐれてたり…
GM : ただ、ここにはいま彼はいないようだ


久郷・景 : ふむ、やはりここにはよく来ているみたいですね…。他に何か手掛かりになりそうな物はないですかね。
高瀬・洋恵 : ボールは何の変哲もないかね。
GM : うーん、少なくともここ数日の間には立ち寄ってる、位の情報が限界かな
GM : ボールはすごく使い古されてることくらいしかわからない
GM : ここから離れて他の場所を調査するならチャプターチェンジですよ
立風・翔 : 調べて何も出てこないなら、他を当たってみるか?
高瀬・洋恵 : んむ。どっちが実りありそうかね……
GM : マスコットバットは持っていくかい?
那岐田・京 : そだね、移動しちゃおっか。一応持ってく?
七瀬・北斗 : うし、んじゃ次行ってみっかな。なんか本人がいるのは自宅よりも野球のできる環境な学校な気がすっかな。あくまでカンだけど。
高瀬・洋恵 : そうね、放り出しておくのもなんだし、持って行きましょうか。
七瀬・北斗 : バットは持って行くに一票~
GM : 一応持ち歩いてもわからんが外見してる…血がつきすぎて<バット
GM : ちなみにどっち行っても時間ロスは一緒と思いねぇ
七瀬・北斗 : …余りにも怪しいんで何かで隠して持っていこう(笑)
久郷・景 : 自宅で精神集中をしている可能性もありますが、ライバルと思われる方の情報も欲しいですね。

高瀬・洋恵 : 包んで花束風にでもしましょう。 ライバル校にいるかとなると微妙だけど、情報収集には良さそうなのよね。
久郷・景 : 情報収集のし易さはライバル校に軍配が上がりますかね。
那岐田・京 : 私も学校に一票かな。情報収集しやすそうだしっ
GM : んでは宇治商業でいいのかな?
高瀬・洋恵 : あと、ピッチャーだっけバッターだっけ……ライバルと接触できれば、今日うまいこと足止めする策が見つかるかも。
立風・翔 : 反対する理由は無いな。俺もライバル校で良いと思うぞ。
久郷・景 : 私も異議なしです
GM : ピッチャーですね。では電車に乗って宇治商業グラウンドへ
GM : 翔は手札補充ね
立風・翔 : むぅ、この状況は良いのか悪いのか…