Emerald@ ウィキ

ループ命令


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フラグレジスタとジャンプ命令を使えば、繰り返し処理を実現することはできるが
これもまた繰り返し処理専用の命令が用意されている。

「loop」 命令はフラグレジスタではなく、CXレジスタの値でジャンプを判断します。
まずCXレジスタをデクリメントし、CXレジスタが0以外ならば指定したアドレスに飛びます。


つまりAXレジスタに5,4,3,2,1と加算されていって、 F(15) となるわけです。
添付ファイル
取得中です。