Emerald@ ウィキ

スタックと特殊汎用レジスタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特殊汎用レジスタとはこの本(アセンブリ言語の教科書 著:愛甲健二)のみでの読み方なので注意。
これらも一般的に「汎用レジスタ」と定義されている。


データ構造 「スタック」

最後に入った物が最初に取り出せる
というデータ入出力方式を「Last In, First Out」又は「First In, Last Out」と呼ぶ。
略:「LIFO」「FILO」


特殊汎用レジスタ

BP(ベースポインタ) スタックベースのアドレス
SP(スタックポインタ) スタックトップのアドレス


新しい命令が出てきました。
「push」 命令は指定した値をスタックへ積み上げる命令。
「pop」 命令はスタックのトップから値を取り出す命令。

このプログラムの動きを見てみましょう。
取得中です。