生田原駅
石北本線


 遠軽町・生田原地区 (旧・生田原町) の中心駅である。特急「オホーツク」「大雪」が全て停車する駅だが無人駅である。駅ナンバリングはA53である。

生田原駅の様子


駅看板1 駅看板2
駅の風景 (北見方面を望む) 駅の風景 (遠軽方面を望む)
ikutahara_map.jpg
駅前の様子 周辺マップ (クリックで拡大)

駅情報

 2面2線のホームがあり、構内踏切で連絡している。当駅はオホーツク文学館(図書館・展示館)が併設した複合建物となっているが、「オホーツク文学館」のほうが「生田原駅」よりも大きく表示されており、駅舎としてはやや控えめの印象をもつ。なお、当駅には身障者対応のトイレが設置されているが、ゴミ箱は設置されていない。

 駅周辺は生田原の市街地で、駅のすぐそばには温泉のあるホテルがある。また、駅を降りて国道242号線に出ると、左手(北見方面)にAコープ、セイコーマートがある。

 駅前には生田原バス停があり、北海道北見バス清里線(遠軽と生田原・清里を結ぶ)が1日3往復(土曜・休日は1日2往復)である。
[2009/03/03,村山 弘]

隣接駅


生野  ←  生田原  →  金華(廃)  



Copyright c 1997-2009 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)