タキ9900形・タキ42750形(散水車)
JR北海道

jrhsansui-01.jpg

 タキ9900はガソリン専用の35tタンク貨車であり、タキ42750は石油類専用のタンク貨車であるタキ9800を改造した貨車である。JR北海道は2000年にそれぞれ1両ずつ購入している。岩見沢運転所所属。
 2000年に購入されたタキはタキ42861とタキ39961であり、それぞれ1号散水車、2号散水車へと改造された。これはレールのゆがみを防止するために水をまく車両であり、遠隔操作によって放水が可能となっている。1999年にはキハ201による散水車が運転されたが、2000年以降はこの車両が使用されている。最高気温が32度以上と予想される時に最大67tの水を積載し、DE15の牽引によって出動する。

その他の情報


jrhsansui-02.jpg jrhsansui-03.jpg
2号散水車 運転風景

[2010/2/12]


Copyright 1997-2010 北海道大学鉄道研究会
(Hokkaido University Railway Research Group, Japan)