※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ28】赤ペン先生

このページのタグ: 医療・福祉・教育


926 :おさかなくわえた名無しさん:2007/10/01(月) 22:26:19 ID:mfhtf+hC
   自分じゃないけど、赤ペン先生の体験談聞いたことがある。
   大学生の人だったかな。
   
   ●待遇だけ見るととてもよさげなバイトなので、先輩の制止を
   振り切って毎年何人かが地獄を見る。
   ●見本を見ながら、解答を書いてゆく。もちろん丁寧に
   書かなきゃいけない。一枚二時間くらいかかる。
   時給150円くらいにしかならないことも。
   ●昔は大学の先生みたいな、立派なおじさんがやってるんだと
   思っていたが、実態は自分のような学生か、主婦が多い。
   実質内職である。
   ●自分が一番嫌だったのが、お便り欄に返事を書くこと。
   「知るか」と思うような文章にも引きつった笑顔で返事を書かねば
   ならない。
   ●友達はお便り欄で親の離婚について人生相談をされて困ったそうだ。
   ●自分はというと、あまりにひどい内容だったのででっかく「バカ」と
   書いたことがある。(もちろんホワイトで消して書き直した)
   ●やるな。
   
   元が漫画なので箇条書きにしてみたけど、こんな感じ。


927 :おさかなくわえた名無しさん:2007/10/01(月) 22:50:50 ID:SdYxycur
   >>926
   >●友達はお便り欄で親の離婚について人生相談をされて困ったそうだ。
   
   どんな返事をしたのか気になる。


928 :おさかなくわえた名無しさん:2007/10/01(月) 22:57:40 ID:RC7vZxjs
   >>926
   赤ペン先生へのお便りスペースに何も書かないのも失礼と思い、
   「いつも採点、お疲れ様です」と上から目線の一言を書いていたことを思い出した。
   「いえいえ、労ってくれてどうもありがとうございます」と丁寧な大人の対応をしてくれてたけど
   本当にあの頃の自分市ね。市ねじゃなくて死ね。


929 :おさかなくわえた名無しさん:2007/10/01(月) 23:03:58 ID:ggZuE9kp
   >>928
   「お疲れ様」ならまだ良くない?
   「ご苦労様」と書くよりは