※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ23】ヤンキー校でヤクザな同僚と働いていた公立学校教諭



540 :おさかなくわえた名無しさん:2007/04/20(金) 23:55:43 ID:jyGJF49O
   >>535
   ・今から17年ほど前にいた学校。
   完全に体育会系。一つでも年齢が上の教員に対しては絶対服従。ヤンキーばかりいた
   学校なのでヤクザのような体育教員が教員(校長、教頭含む)にも、ヤンキー生徒にも
   幅をきかす。飲み会に来ない若手の教員はヤクザ教員に人格を徹底的に否定される。
   飲み会に来ても気に入らない若手教員に対して「お前がいると酒がまずくなる」とやはり
   人格を否定する。そして過去にあったミスをねちねちといたぶる。参加するも地獄、不参
   加でも地獄。若手と言っても3歳しか年が違わないのだが・・・。ヤクザ教員が特定の
   若手教員にイジメを行うが、校長教頭及び周りの教員はヤクザ教員がへそを曲げると学校
   運営が成り立たないので見て見ぬふり。以後、その若手教員はヤクザ教員のストレス発散
   のはけ口にされ、それが4年間続く。イジメが絶対に無くならない理由を身をもって知ら
   される。しかし、居酒屋で理不尽な理由で暴力行為(未遂に終わるが)が発生したため、
   さすがにまずいと考えた校長教頭は職員室の端と端に机を移動させる。ヤクザ教員が転勤
   となり送別会で「俺が出て行って嬉しいだろ?。最後だからホントのことを言えよ。」と
   絡んで来るもホントのことを言ったら確実に袋だたきに遭うと考え、若手教員イエスとも
   ノーとも答えず。送別会終了後に別の教員が「君はミスが確かに多かったがヤクザ教員の
   君への態度はさすがに異常と思う。」と言ってくる。だったら助け船を出してくれよと
   内心考えるが、何故イジメが無くならないかの理由を再確認できたので一応よしとする。
   ここまで書けばおわかりと思いますが、若手教員とは当時の自分のことです。
   >>537
   私はレッドのような奴でないなら何人でも良いと考えています。


547 :おさかなくわえた名無しさん:2007/04/21(土) 00:46:39 ID:qn14x2pR
   >>540
   その学校も私立校だったんですか?実際の所、私立校と公立校に違いはあるんでしょうか? 


549 :540:2007/04/21(土) 01:16:57 ID:+RjbifrW
   >>547
   公立です。私立で勤務したこと無いのだけれど、私立から公立に鞍替えする
   先生を何人か見ています。
   ・今から10年ほど前にいた学校
   県内でも有数なワルの学校だと聞いていたが、前にいた学校がさらにワルだった
   ためとても授業や生徒指導が楽に感じた。前任のヤクザ教員から「お前の専門分野
   の教員は、俺がかわいく見えるほど厳しい人達の集まりだ。」と脅されていたので
   気合いを入れて臨んだら、みんなとてもフレンドリーに接してくれて、わからない
   ことを聞きに行くと、とても詳しく親切に教えてくれた。やはりイジメが何故無くなら
   ないかの理由が再確認できた気分になった。ただ、分野が違う先生達での目に見えない
   争いがあった。A分野の先生達は5時になると誰一人いなくなる。そのことをB分野の
   先生達は「何かあったときのために少しくらい残っていようと考えないのか!!」
   と憤慨するも「勤務時間は5時までなんだから5時に帰って何が悪い!!」と憤慨返しを
   される。また、A分野の先生のクラスと自分が担任のクラス生徒が暴力沙汰でトラブルが
   あったときも「お宅の生徒がうちの生徒にけがをさせたのだから両方の親への対応はお宅が
   するべきだ」というような趣旨の発言をしてB分野の先生達を激怒させることもあった。
   ともかくサラリーマン的な教員と「教員は生徒のためにがんばるべきだ」と考える教員
   との間には見えない溝があった。あと、女子生徒に手を出そうとした教員ははっきり言って
   教員内での信用はゼロに近かった。なんでこんな奴を採用したんだ県教委は・・・。
   ちなみにその教員は仕事を堂々と拒否する(例としては自分の顧問の部活の大会出場拒否
   や出張命令を拒否して他の教員に仕事を増やす)ような人物でした。
   あと、この学校で今から思い出すとすごかったのは、有給休暇を取らされて北朝鮮シンパの
   大学教授の講演に行かされたことでした。ちなみにこのときは拉致問題は被害者の捏造とされ
   ていた時代でした。講演内容は「北朝鮮はとてもオープンな国。日本やアメリカはそれがわかって
   いない!!!!!!!!」という感じでした。