メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


Mi-8

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mi-8(ミル8;ロシア語:Ми-8ミー・ヴォースィェミ)は、ソビエト連邦のミル設計局で開発されたヘリコプターである。北大西洋条約機構(NATO)の使用したNATOコードネームでは「ヒップ」("Hip")と呼ばれた。

1961年にMi-4を改造した原型機が初飛行した。

単純で頑丈な構造と汎用性の高さが特徴で、軍用、民間含めて12000機以上が生産されている。現在も製造、販売が行われており、旧東側諸国、アフリカ諸国だけでなくドイツの警察、アメリカの航空会社でも使用され、コミューター機としての使用や個人、企業の所有機も存在する。

軍用型は特に旧共産圏やアフリカ諸国に輸出され、第一線機として使用されている。

我が部隊では改良型のMi-8TB/TV(軍用支援型、NATOコード「ヒップE」。機首に12.7mm機銃を装備、AT-2搭載可能)が3機、第11大隊に配備されている。(ベースタイプも3機、予備兵器として保管されている。)


用途:輸送ヘリコプター
製造者:ミル設計局
初飛行:1961年7月9日
生産数:12,000機
運用開始:1967年
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|